FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルパントル入厩
私の2歳出資馬の中で先陣を切ってマイネルパントルが入厩しました。
他の出資馬の動向を考えると、次の出走はこの馬になりそうなところです。
近況によると取り敢えず大きなトラブルもなく順調に入厩できたようです。
このまま行けば、福島開催でのデビューとなる予定です。
デビュー戦は芝の1200m戦あたりを示唆されています。
開幕週のレースになるのか、ツアーの週になるのかは、仕上がり次第と言ったところでしょうか。
この時期の2歳戦には同じ条件のレースは毎週のようにあります。
何れにせよ出走するレースに困るということはなさそうです。

いろいろ情報を集めると直背で背中がとにかく良いと評判を受けているようです。
アドマイヤマックス産駒は3年連続の出資になります。
マイネイディール、マイネルアトラクト、似たタイプでそれなりに走ってくれています。
ただ、どちらも緩い緩いと言われ続けてきました。
一味違うアドマイヤマックス産駒になるのではないのでしょうか。
さらに、私自身は枝の長さとか動きの柔らかさに魅力を感じ出資したものです。
しっかりとした軸と柔軟性を兼ね備えた馬になてくれることと思います。

まずはゲート試験に合格し、それからビシビシと仕上げに入るという流れになるのでしょうね。
どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。
期待したいと思います。


スポンサーサイト



明和の2歳馬の坂路時計
最近の2歳馬の近況を見ていると坂路の具体的な時計が載っています。
明和の馬限定なのですが、数字がでると実感できますよね。
折角なので、まとめてみました。

56秒を切る
マイネルクロップ(5/1)

57秒
マイネルエウロス(5/1)
マイネルストラーノ(5/1,5/15)
マイネルパントル(5/15)
(マイネルエテルネル)

58秒
マイネルムーン(5/1)

59秒
マイネルヴォル(5/1)
マイネシャッツ(5/1)
マイネロア(5/1)
マイネルインペリオ(5/15)

60秒を切る
マイネノンノ(5/1余力)
マイネルイロンデル(5/1)
マイネルガーラ(5/1)
マイネルハイネス(5/1)
マイネグロリアーナ(5/1)
マイネルゴスホーク(5/15)
マイネルヴェルディ(5/15やっと)

60秒
マイネジュリエッタ(5/15楽に)
マイネルイグナイト(5/15楽に)
マイネルワーグナー(5/1)
マイネラヴァリーノ(5/1)
マイネルマエストロ(5/15手応え劣る)
マイネサクラ(5/15手応え劣る)

62秒
マイネルピルグリム
マイネルルフレ

63秒
マイネルミラノ(5/15楽に)
マイネルカミカゼ(5/15)
マイネルイルミナル(5/15手応え劣る)

64秒
マイネリッカ(5/15良い反応)
マイネアラベスク(5/15余力)

60秒前半
マイネアクアマリン(5/15)

基本的に近況で出た数字をそのまま使い、参考になりそうなコメントも載せてみました。
当然のことながら、真歌の馬はいません。
複数の数字が出ている馬はいい方の時計を選びました。
マイネルエテルネルは近況では無いのですが、噂では57秒ということなので括弧付きで載せてます。
また、「~秒を切る」は少し余裕がある感じなので別枠にしてみました。
もちろん、この数字通りの能力というわけではありません。
それでも、速い時計を出していれば期待は高まりますね。
私の出資馬も順調そうです。
デビューが楽しみです。


2歳馬について書いてみます
マイネルアトラクトは放牧へ、マイネイディールはヒヅメを痛めたようで少し時間がかかりそう。
暫く出資馬の出走はなさそうです。
そこで今日は2歳馬について、書いてみようかと思います。
POG本とかも出揃ってきまして、その辺も見ながら(立ち読みも多いのですが)書きたいと思います。

出資馬の中でPOG本で一番取り上げられているのはマイネグロリアーナ
大体牝馬ではトップクラスという評価を獲ているようです。
順調ではありますが抜けていいかというと、現時点ではそんなこともないと思っています。
まだ、馬体のメリハリに欠けますし、これからのタイプです。
POG本での高評価は、多分に値段による補正もある感じです。
夏の新潟あたりでデビューする話もあるようですが、もう少し長い目で見たほうがいい気もしています。
どんどん良くなってくると思いますよ。

マイネルパントルもかなりPOG本で取り上げられています。
こちらの方が値段的な注目度がないことを考えると実質的な高評価だと思っています。
公式のムービーでは軽い感じでキビキビと動いていました。
POG本で見る馬体のバランスはまだまだ物足りないものはあります。
ただ、走り自体の完成度が高い感じで、堅実に走ってくれるのではないでしょうか。
6月の福島でデビューするプランもあるようで、もう間もなく入厩の話も聞けるでしょう。
順調に行ってもらいたいですね。

マイネルイロンデルは全くと言っていいほどPOG本では取り上げられていません。
せいぜいラフィアンの馬一覧に名前が出ている程度です。
ただ、現実的に坂路で60秒を切るような調教を始めてます。
短距離馬ではないのに、現時点でこれだけ走れるところに魅力があります。
公式のムービーも軽めのようでしたが、首をグッと下げていいフォームで走っていました。
多分出資馬の中ではデビューは1番遅くなりそうですが、伸びしろは大きそうです。
これからグングン力をつけてくれるタイプだと思います。

ちなみに出資馬ではない馬でPOGでの個人的なお勧めを書いておきます。
まずは真歌組からマイネルランスタン。
ツアーで印象に残った馬で、狙っていた分注目していました。
迷っているうちに満口になってしまったんですよね。
ステイゴールド産駒ならトップの評価を得ています。
非出資馬の中ではイチオシです。
マイネルゼータはPOG本でも大体トップの扱いです。
実際もう入厩していますからね。
兄に出資していて全然走らなかったのですが、この馬は評判がいいですね。
この時期の兄は評判からしてダメダメでした。
出資馬の下というとマイネシェリーの1つ下のコスモオオゾラも走ってます。
母はいつかいい子を出すと思って狙っていたのですが、また1年間違えたかもしれません。
明和組からはマイネルクロップ。
正直なんでこの馬がPOG本で取り上げられないのかが分かりません。
現状、坂路で滅茶苦茶動いているようです。
距離適性は微妙ですが、この馬が走らないということはないと思います。

これらの馬なぜか、ツアー時の記事に書いた馬ですね。
全体的に目を付けた馬は順調な馬が多い気がします。
デビューが楽しみです。


マイネルアトラクト、北へ
先日、お疲れ様と題した記事を書きました。
本日の近況によるとマイネルアトラクトは北海道へのリフレッシュ放牧となるようです。
別に放牧ということが分かっていたわけではありません。
使おうと思えばいくつかの候補は直ぐに思いつきます。
ユニコーンSでダート適性を試す。
小回りなら1800mでもこなせるのではということで、鉾田を挟んでラジオNIKKEI賞などなど。
ただ、誰しもがタイミングだと思ったのでしょうね。
昨年の秋から、小休止を挟みはしましたが、ずっと使い続けてきました。
今回の結果を踏まえると、ここらで一休みしてもいいのかな、という感じです。

とにかく余りの惨敗でしたので、今日の更新で何らかの故障が伝えられることだけが怖かったです。
とりあえず何事も無かったようなのでホッとしました。
無事であればまだまだ未来はあります。
試してもらいたい事は一杯残っていますから。
まずはゆっくり休んでいただいて、英気を養ってもらいたいと思います。


お疲れ様でした
本日のプリンシパルSに出走したマイネルアトラクトは15着に敗れました。
とりあえず言いたいのは表題の「お疲れ様」ということです。
続戦になるのか、放牧になるのか分かりません。
ただ、先の記事に書きましたが、この馬の目標はG1出走です。
とりあえず春のG1出走は無くなったかなと。
なんか自分の中で一区切り付いた感じはあります。

マイネルアトラクト、パドック

パドックでの気配自体は悪くなかったと思います。
前走よりも落ち着いて見えたし、ゆったりと外目を回る姿は好感が持てました。

マイネルアトラクト、直線

レースもスタートはうまかったと思います。
難所と言われる2コーナーをスムーズに通り抜け好位のインに付けます。
前にいこうとする馬が意外と多くて包まれた感じになったのは嫌な感じでした。
そのために仕掛けが遅くなったのは個人的な理想とは違いました。
もっと早めに先頭に立つような競馬を期待していましたので。
それでもかなり理想的な展開に近い競馬は出来たと思います。
直線でも上手くインが空くのが見えましたし。
ただ、余りにも伸びなかったです。

ここで好走したアルキメデスやローレルブレットは馴染みの馬たちです。
能力的にここまで差があるとは思わないのですが・・・敗因は距離なんですかねぇ。
そうならいいんですが、故障とかを疑うような敗戦でもあります。
とにかく無事であればなんでもいいです。
まだまだダートとかスプリントとか試してもらいたい事は色々あります。
秋に向けて飛躍してもらいたいと思います。


切り替えて
明日はマイネルアトラクトがプリンシパルSに出走します。
まだ、NHKマイルCの残像が残っているところですが、切り替えて分析したいと思います。

まずは、天気ですが、当日は晴れでレースを迎えることができそうです。
ただ、今日もそれなりに雨量があり、パンパンの良馬場とはいかないようです。
いずれにせよ、マイネルアトラクトにとっては問題無いところでしょう。
他馬が苦にするようなら、より悪い馬場の方が面白いかもしれません。

相手関係ですが、スピルバーグが人気を集めているようで、確かにこの馬強いと思います。
ただ、明らかにマイネルアトラクトとタイプが違います。
前目でレースをするアトラクトに対し、やや反応が鈍く後方からレースをするスピルバーグ。
馬場や展開によってどうなるのかは分からないと思います。
逆にスピルバーグが来るような展開になると厳しいかもしれません。

きさらぎ賞だけみて距離の適性がないとは思っていません。
レースの展開次第と考えています。
すんなりと先行できればチャンスはあると思っています。
そのために重要なのが枠順です。
東京2,000mはスタートしてすぐカーブのため、枠順の有利不利が大きいです。
すんなり先行するためには外枠は避けたいところと考えています。
決まった枠順は2枠3番。
これならスンナリと先行できるのではないでしょうか。

ただ、これを勝ってダービーへ、という感じにはまだなれないですね。
切り替えて、と題しましたが、まだまだ切り替えられない思いはあります。
そもそも目標レースがダービーだった訳ではないですし、適性もなんとも言えないところです。
次というよりも、今の競馬を大事にしてもらいたいという感じです。
前走のニュージーランドTが差しに回って消化不良の競馬でした。
今回は果敢に先行して、粘り強い走りをするこの馬の特徴を見たいところです。
思い切った競馬をして、この馬らしいところを見せてもらいたいと思います。


あと1頭でした
NHKマイルCの出走を目指したマイネルアトラクト
残念ながらあと1頭届きませんでした。
可能性に賭けて橘Sを回避したわけですが、そこで結果を残したガンジスと芝に目処をつけたメジャーアスリートに出走権を攫われた格好となりました。
それでも出ていれば、というのは結果論でしかないです。

今年の年初に立てたマイネルアトラクトの目標は「G1出走」でした。
惜しいと言えば惜しいのですが、まだ早い、と言われているようにも感じました。
さらに実績積み重ねてG1出走の目標を達成してもらえたらと思います。
まずは、プリンシパルSでダービーに挑戦、ですね。
切り替えて応援したいと思います。


明日、決まる
今週出走予定のマイネルアトラクト
しかし、どのレースに出走するかについてはまだ決まっていません。
NHKマイルC出走まで、あと1頭で宙ぶらりんの状態のままです。
このままプリンシパルSということになってしまうのでしょうか。
モンストールは凄くいい追い切りしてましたので、このまま出走になりそうです。
どうなるかはハナズゴール次第というところでしょうか。

とにかく最終追い切りは終えました。

53.2-39.1-25.4-12.6

上記の時計となりますが、まぁこの馬としては平凡ですね。
強い追い切りは必要ないとのことだったので、馬なりで軽く流しただけでしょう。
どちらかというとビシッとやってレースを迎える馬でした。
この調教方針がどうなるのかは見ものです。

明日にはどのレースに出るか決まります。
どちらに出走するにせよベストを尽くしてもらいたいと思います。