FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
2012ツアー報告 その3 ウイン募集馬
今年のツアーからウインとの合同ツアーになりました。
セゾンと合同のときもありましたが、そのときは正直見ないようにしていました。
提携がいつまで続くのか、疑問に思っていましたからね。
欲しくなると嫌なので、展示の時も少し離れたところにいた記憶があります。
その選択は現在の状況を考えると正解だったかなと思います。
ただ、その時とは状況が違うと考えています。
代表も変更となり、提携が無くなることが考えづらいこと。
入会金も一般会費も免除となり、金銭的なデメリットもないこと。
まぁ、少なくともラフィアン募集馬と同様の基準で出資を検討しようと考えています。

そんな中でウイン募集馬を眺めてきました。
正直なところラフィアン募集馬よりも魅力を感じる馬が多かったです。
何頭か狙っている馬を紹介したいと思います。

コスモフォーチュンの11

コスモフォーチュンの11です。
えーと、かなり人気のようで、多分縁がないと思うのですが、いい馬ですので取り上げます。
父のコンデュイットというよりも、結構母の父のマイネルラヴが強く出ていますかね。
とは言っても飛節の感じとか、お父さんっぽいところも受け継いでいます。
バリバリのスプリントというよりもマイルくらいの馬かなと感じています。
結構たくましいのですが、ちょっとヨロが寂しい感じはあります。
ヨロが少し寂しいといってもコンデュイット産駒のなかではたくましいほうです。
柔軟性もあって、本当にいい馬です。
まぁ、いかにもウインの会員を増やすための目玉馬だと思います。

パシフィークの11

パシフィークの11です。
まずは馬格がある馬で、今回の募集馬の中では一番大きい馬です。
カタログ写真で見たときは大きさを感じさせないほど、全体のバランスも良好です
何より、柔軟性が素晴らしいです。
とにかく歩く姿を見ていて、本当に直飛なんですよね。
あとは本当にそのメカニズムを活かすパワーがあるかということ。
少しフニャフニャし過ぎているという話もありますが、今後の成長次第ですね。
血統的なアピールは少ないのですが、面白い馬だと思います。

ゴールドフォイルの11

ゴールドフォイルの11です。
ステイゴールド産駒の牝馬で、いかにも皮膚が薄くて品がある馬です。
父の産駒にしてはほどほどの柔軟性もあります。
触れ合ってみてもなかなか可愛いところのある馬で、気性的な問題は無さそうです。
トモ高なのは、前かがみで走れそうで、走るメカニズム的にいいことと思います。
幅はそれほどないのですが、脚長で背が高いので将来的な成長も見込めるでしょう。
ヨロが寂しいところとかは本来欠点なのでしょうが、それさえも父譲りと感じてしまいます。
これは本当に魅力的な馬です。

キャッチザドリームの11

キャッチザドリームの11です。
募集総額800万の安い馬です。
血統的なものは値段的なことから仕方ないですよね。
バランスの取れた品のいい馬体をしています。
実馬を見ているとクビの使い方がいい感じでした。
斎藤厩舎というのもポイント高いです。
実はツアー前から目を付けていまして、隠し球と思っていました。
ただツアーのパーティーやら、移動のバスの中でもお勧めで紹介されてしまいました。
意外と人気になっているようです。

うーん、狙っているところは、ほとんど人気になってそうです。
申し込み状況を見極めてとか考えていたのですが、基本的に先着順なんですね。
ずっと抽選だと思っていたので、焦る部分もあります。
ただ、正直迷っている部分もありまして、バタバタ決めるのはやはり良くないかなと。
週末には決めると思いますが、それまでに満口になったら縁がなかったものとしたいと思います。


スポンサーサイト