FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネグロリアーナ、デビュー戦2着
本日の新潟5Rの芝1600m新馬戦でデビューしたマイネグロリアーナは2着でした。
予想以上に頑張ってくれて、ホッとしているところです。
以下、感想です。

パドックでの映像を見た印象です。
「あれ?こんなに硬かったっけ?」
踏み込みは力強いのですが、飛節が伸びない感じ。
改めて募集時の動画を見てみたのですが、まぁそんな感じなんですね。
忘れていたのですが、柔らかさというよりもバネのようなトモの動きに惹かれたようです。
ということはこれでいいのか、と改めて確認しました。

レースです。
スタートは悪かったのですが、押して押して2番手に付けます。
ペースはスローに流れますがしっかりと折り合いがつきます。
4コーナーでは早めに先頭に立って粘り込みを図ります。
よく頑張りましたが、インを狙った馬に上手く乗られてしまいました。
惜しくも2着という結果でした。

レース後の印象としてはセンスがいい馬だな、と。
出遅れて押して押して前に行って、そこから折り合いを付けたのはなかなか凄いなと。
普通あれだけ押していったら引っかかるでしょう。
そうならずに上手く競馬をしたことにセンスの良さを感じました。

次走ですが、やはり距離が長いほうがいいでしょう。
ダートも向いているとは思いますが、現状のダート戦は短距離ばかりです。
○混戦で芝の長距離ということ調べると候補は二つ。
新潟競馬場で中2週で芝1600m戦、中3週で芝1800m戦があたりでしょう。

今回は馬場が渋ったこともプラスに働いたと思います。
レースレベル的なものも若干疑問符は付くところです。
いろいろと恵まれたところもあり、次走は確勝かと問われると微妙なところです。
ただ、このセンスの良さは大きな武器となります。
チャンスが回ってきたときにしっかりと掴むことができるものだと思います。
期待したいと思います。



スポンサーサイト



マイネグロリアーナがデビューします。
明日の新潟5R芝1600m戦でマイネグロリアーナがデビューします。
色々と話題にはなっているようで、ちらほら記事も見かけます。
人気も上位と想定されるところです。

ただ、やはり仕上がりは気になります。
本数自体はそれなりにこなしていることは分かります。
ただ、本当にビシッと追い切ったことはないんですよね。
牧場時代も含めて、余力がある、乗り味がいいと評されることはありました。
ただ、実際にいい時計を出したことはありません。
今週の最終追切もなんかフラフラしていました。
レースでもしっかり走れない懸念はあります。
正直に言いますと人気サイドということも含めて馬券的には絶対買わないタイプです。

取り敢えず11頭と手頃な頭数になったのはプラスでしょう。
相手関係はわかりませんが。
距離が長いこともプラスには働くでしょう。
条件的には悪いレース選択ではないと思います。
あとはやっぱり能力次第ですね。

まぁ、厩舎の大先輩アパパネもデビュー戦では負けています。
これが国枝スタイルなんでしょう。
何とか格好を付けてもらいたいな、とそう願っています。



ゴールドフォイルの11
もう1頭、ゴールドフォイルの11について語らせていただきます。

ゴールドフォイルの11

カタログの写真を見ただけで、いかにも皮膚が薄くて品がある馬だな、と思っていました。
ただ見るからにヨロが寂しく、筋肉量が足りていないところは不安でした。
父譲りかもしれませんが、けしてプラスではないでしょう。
それでも、筋肉の質でカバーしてくれるのではないか、と期待させる品の良さを感じました。
ただ、最終的に出資を決めたのは牧場で会ったからですね。
いやぁ、とにかく可愛らしい馬なんですよ、本当に。

厩舎に近づくと寄ってきてくれて鼻面を近づけてくれて可愛いところのある馬です。
腕を噛み付いてもいいよとばかりに差し出しても、そんな粗暴なことはしません。
しばらく戯れていたのですが、性格の良さが本当に感じられました。
正直お父さんを考えると信じられません。
血統的なものをいうと母は3勝を挙げてまずまずの実績です。
もちろん父のステイゴールドは文句の付けられないところです。
トモ高なのは、前かがみで走れそうで走るメカニズム的にいいことと思います。
父の産駒には硬い馬も多いのですが、この馬はほどほどの柔軟性はあります。
発表された馬体重は大きくはありませんが、この父にしては標準クラスはある感じです。
脚長と感じていましたが、実際に体高が高いのも好みで、将来的な成長が見込めるでしょう。
どうも満口にはなっていないようですので、状況によっては追加も考えています。
その決断ができるよう、調子を上げてもらいたいです。


パシフィークの11
本日は、新しく出資が決まった馬たちについて、書きます。
まずは、パシフィークの11について、語らせていただきます。

パシフィークの11

第一印象はそれほど目立つものではありませんでした。
血統的なものはアピールが少なく、母系重視で見る方ですが、極々平凡です。
父のハーツクライというのはこのクラブではの過剰な人気を得る要素としてマイナスでした。
写真を見ても悪いとは思わなかったですが、特に目立つようなものでも無かったです。
初めて、この馬に目が惹かれたのはDVDを見たときからですね。
とにかく、柔らかい動きをするな、と。

飛節が本当に真っ直ぐになるまで伸びる馬で、体を目一杯使った歩きをします。
そして体高や馬体重が発表されて、実は一番大きな馬であるということ知って驚きました。
カタログ写真で見たときは全体のバランスが良かったので、大きさが目立つ馬ではありませんでした。
大きな馬に柔らかな馬体ということは理想的なメカニズムしているなと思いました。
あとはそのメカニズムを活かすエンジンがあるかということ。
その辺を見極めることを自分の馬見の課題としているところで、自信がないところです。
少しフニャフニャし過ぎているという話も聞きました。
ただ、柔らかいだけの馬に見られるモッサリとした感じは受けませんでした。
今後の成長次第で何とかなるのではないかと判断しました。
期待したいと思います。



ウインの2頭は出資確定。
昨日、出資計算書が届きました。
パシフィークの11とゴールドフォイルの11、無事2頭出資確定のお知らせでした。
特にパシフィークの11については微妙でしたが、ギリギリ間に合ったようです。
本日、口座振替の申し込みと馬代金の振込も終えました。
ご一緒の方よろしくお願いします。

取り敢えず出資口数は2口だけ。
ラフィアンの感覚で言えば当然4口な訳ですが、控えめにしています。
何て言いますか、締め切り間際の出資の味を覚えてしまいまして。
ラフィアンの募集馬を含めて検討していきたいと考えています。
パシフィークの11については当然追加は無理です。
ただ、ゴールドフォイルの11については、状況によって前向きに追加出資を検討したいと思います。
出資した馬たちについては、別途書きたいと思います。


今日は仕方ないと
本日の中京9R御在所特別に出走したマイネイディールは9着という結果でした。
スタートはまずまずで積極的な競馬をしましたが、直線半ばで一杯となってしまいました。
典型的な前崩れの流れで仕方ない結果かな、と考えています。
とりあえず自分より前に居た馬は全部交わしましたので、良しとしなければならないでしょう。

レース前から分かっていたことですが、いろいろとアテが外れてしまった感じです。
今回の結果でどうこう言うよりもとりあえずもう1戦見てみたいという思いです。
調子もまだまだ上積みが見込めると思います。
楽に先行できるような相手関係になれば穴を開ける可能性は十分あるでしょう。
次に繋げてもらいたいと思います。



マイネイディール復帰戦
さあ、今週はマイネイディールが出走します。
明日の中京9R御在所特別芝1600mに出走予定です。

先週の中京開催を見て思ったことは馬場が予想以上に高速化しているなぁということ。
マイネイディール向きの時計の掛かる芝と思っていたのですが、アレレという感じです。
まあこの辺は今週は雨降り馬場のようですので、その辺でなんとかなりそうですが。
相手関係もマイネルゴラッソを始め、結構強敵が揃っている印象です。
なんか他に選択肢があった気もしなくもないです。
さらには枠順も7枠13番と外目になってしまいました。
スタート直後にカーブがあるこのコースとしては厳しいところです。
軽快に先行する姿を取り戻してもらいたいと考えていただけに、厳しいですね。
正直なところ、条件としては色々とアテが外れたところはあります。

ただ、大分調教時計も戻ってきているようですので、状態自体は上がっていると思います。
少なくとも、この年明け2戦よりはいい状態にあると考えています。
もともと能力的にはこのクラスにいる馬じゃないと思っています。
結果よりも、戻ってきたな、と感じさせる競馬を期待したいと思います。


出資馬たちの動向の整理
まだ、ウインの出資申し込みの結果が着ません。
事務処理の都合上、発送が遅れているとのことが公式HPに告知されているところ。
結果は気になりますが、来ないものは仕方ありません。
とりあえず、本日は出資馬たちの動向を整理しておきたいと思います。

まずは、マイネルアトラクト
まぁ、特に書く事はないですね。
乗り始めたばかりで特に復帰の目処も立っていません。
無理に目標を設定して焦る必要もないですからね。
しっかり調子を上げてから復帰を目指してもらいたいと思います。

次に、マイネルイロンデル
4日に入厩しましたが、熱発してしまったようです。
大したことはなさそうで体調が安定次第調教を開始するとのことです。
公式コメントでは軽い症状であることを強調していますが、油断はならないところ。
とにかく無事に回復してもらいたいです。
デビューを迎えることができるよう頑張ってもらいたいと思います。

そして、マイネルパントルです。
新潟のダリア賞には間に合う予定との話でしたが、両前肢のソエが想定より悪かったようです。
いったん北海道へ戻して一息入れることになりました。
しっかり勝ち上がったということが、こういう場面では大きいです。
無理をせずに回復に専念することがきますからね。
まずはリフレッシュしてもらいたいと思います。

最後にマイネグロリアーナです。
2度目のゲート試験で合格し、本格的にデビューに向けての調整に入ったところ。
7月15日(日)の新潟開幕週の芝1600m戦が目標となっています。
まだ早いところはやっていないので、手応えについてはなんとも言えません。
そろそろビシッと早い時計を出してもいいと思うのですが、ゆっくりしてますね。
牧場での評判を信じれば、いいところはあると思います。
会ったことがない馬ですので、できれば応援に駆けつけたいです。

今週出走予定のマイネイディールは別に書きたいと思います。


マイネルイロンデルも入厩です
公式HPによりますと、マイネルイロンデルは本日美浦に出発したとのこと。
私の今年の2歳馬はこれで全部入厩となります。
いやぁ、本当に順調ですね。
募集締め切りまで粘って状態が良さそうな馬を選んだかいがありました。

とはいえ、マイネルイロンデルはそれほど出資時点で調子が上がっていたわけではありません。
まぁ悪くはないな、というレベルだったと認識しています。
馬体の良さとか動きの柔らかさとかから、将来性を込みで出資を決めたようなものです。
それでも、ここに来てグングン調子を上げていることが近況から伺えます。
いい状態で入厩できたな、という手応えを感じています。

デビュー戦ですが、個人的には8月4日の新潟芝1400m戦がいいかな。
ただ、マイネルパントルが出走を予定しているダリア賞と同じ日というだけです(^^;
応援に行く決意が固まるかなというだけなのですが。
まぁ、個人的な都合はさておいて、タイミングとしてはこの週くらいかと思います。
長距離適性があれば、翌日の芝1800m戦ということになりましょうか。
まずはゲート試験からですね。
順調にデビューを迎えてもらいたいと思います。


パシフィークの11、満口
表題のとおり、申し込んでいたパシフィークの11が本日満口になりました。
私が出資できたかどうかですが・・・微妙なところです。
投函日から考えるとおそらく本日届いているとは思うのですが。

まぁ、運試しと思って申し込んだ思いもあり、いい感じでワクワクしています。
どうなったんでしょうかね、結果を待ちたいと思います。


元出資馬の子どもたち

ツアー関連で書いておきたかったこと思い出しました。
私の元出資馬の中で繁殖に上がっている馬の子どもたちの情報です。
具体的にはマイネヴィータとマイネランデブーに関するものです。
今回のツアーで情報が入ったので、報告しておきます。

マイネヴィータは重賞2着2回の実績があり、かなり前に繁殖に上がっています。
ただ、07年産のコスモイノベーターの後しらばく産駒が居ないようなので心配していました。
12年産としてコンデュイットの牝馬がいるとの情報がありました。
これで3頭目の子になりますが、なんかずっと牝馬ばかりですね。
募集馬に入ってくることを期待したいです。

マイネランデブーは2勝馬ですが、足元が弱くてあまり能力を出しきれなかった印象があります。
引退後初めての子ということになりますか。
12年産はジャングルポケットの牡馬ということです。
サンデー系を配合しやすい血統と考えていたのですが、産駒自身にもサンデーは入っていません。
大成して種牡馬になれたら面白いとかは飛躍しすぎですよね。

今年の種付けはともにステイゴールドという話です。
こちらも楽しみですね。
母子2代の出資は今のところありません。
そうなるような魅力的な子に成長してくれることを期待します。