FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
マイネイディール、もう新潟は十分です。
本日の新潟最終レース500万条件芝1800mに出走したマイネイディールは11着という結果でした。

レース前に考えていたこと。
差し馬場で、速い上がりが要求される新潟競馬場はあまり向かないと考えていました。
稽古の感じからして、状態は悪くなさそうに思っていました。
メンバー的には比較的楽に先行できそうに思えました。
これなら、なんとか5着位に入って優先出走権をもらえないか。
そう考えていました。

レースは理想的に進めることができたように思えました。
スタートを決め、逃げ馬から離れた2番手を楽に追走。
ペースはけして早いというほどではありません。
直線では逃げ馬を交わし先頭へ。
正直、この展開なら行けただろうと直線に入ったときは思っていました。

しかし、直線では全く抵抗できずに11着まで沈んでしまいました。

公式HPの競馬場速報の騎手コメントを見てみます。

柴田大知騎手「スタートが良く無理せずに2番手へ。上がり3ハロンで使える脚は、上位どころと比べれば見劣ります。こちらは長く脚を使えるのが持ち味。ならば早めに動いて後続を突き放す競馬が一番結果を残せると思っていました。後ろの集団とは間隔がありましたが、ペース自体は決して早くなかったため4コーナーではギアを上げて直線で先頭に立つ競馬。しかし、それでもこちらもバテていないものの瞬発力のある馬に飲み込まれてしまいました」

自分が考えていた理想通りの競馬をしてくれたと思います。
しかし、それでも結果が残せないことにガッカリしてしまいます。

また、調教師のコメントも見てみます。

高木調教師「どうしても追い出してからも頭が高いフォームがかわりません。首をうまく使えない分、このクラス、条件では、一瞬のトップスピードで離されてしまいます。今後の予定についてはそのあたりも含めて、一番良い結果を出せるようこれから検討していきたいと思います」

確かにあのフォームは気になるところです。
ただ、マツリダゴッホとか、けして首が高いからといって走らないわけではないですけどね。
まぁ、マツリダゴッホも適正にはうるさい馬でした。
それを思うとやはり次走は9月15日中山の牝馬限定の2000mがいいのではないでしょうか。
もう平坦コースはもういいです、という感じです。
坂のあるコースならなんとかなるのでは、と希望を持ちたいと思います。

今日の結果だともしかして引退とかの話も出てきてしまうのではないかと懸念していました。
このコメントをみるとある程度期待してもらっているようでほっとしました。
まぁ、あれだけ稽古では動いているのですから、能力はないと思えないですしね。
なんとか巻き返してもらいたいと思います。


スポンサーサイト