FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルイロンデル、厳しいデビュー
本日の中山5R新馬戦芝1600mでデビューしたマイネルイロンデルは離れたシンガリでした。
さすがに厳しいと言わざるを得ない結果です。
現地で見てきたので写真を交えつつ感想を書いておきます。

マイネルイロンデル、パドック

パドックでの様子ですが、動きの柔らかさは良かったですね。
凄く粘りがある歩様をしていました。
馬体の張りも他馬よりも目立つ印象はあります。
デビューを2週遅らせて乗り込んでいますからね。
ただ、気合は全然感じられません。
なんていいますか、ボーッとしている感じです。
淡々と周回していまして、競走馬らしい意欲は感じられませんでした。

マイネルイロンデル、本馬場入場

パドックの写真が正面のものでしたので、本馬場入場の写真は全体が見えるものを。
新馬らしい返し馬で皆でゾロゾロ入場してきて、スタート地点に向かっていきました。

レースです。
枠順から懸念していたスタートは良かったですね。
一瞬先頭に立つかもと思ってしまいました。
その後位置取りを下げますが、無理のない位置取りと感じました。
しっかりと脚をためることはできているように見えました。
ここまでは問題なかったんですよね・・・。
三角過ぎで仕掛けるのですが、全然反応がありません。
あとはズルズル下がるだけ。

マイネルイロンデル、直線

写真は撮りやすかったですよ・・・。
何せ最下位独走でしたから・・・。
全く見せ場無しのレースでした。

全然無理してないように見えたのですが、あまりの下がりっぷりに愕然としてしまいました。
やはりノドなのでしょうかねぇ。
馬っぷり自体は私好みの柔らかいいい馬に見えたのですが、これって長距離向きなんですよね。
それとノドの疾患との相性が最悪な感じです。
分かっていたことではあるんですけれど。
どうしましょうか、雨乞いでもするしかないでしょうか。
厳しいです。


スポンサーサイト