FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
オルフェーヴルの凱旋門賞を考える
オルフェーヴルの凱旋門賞は惜しくも2着という結果でした。
これで、エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタに続き、3回目の日本馬2着となります。
本当に勝利とは遠いものです。

懸念されていた大外という枠順も多少は不利に働いたとは思います。
それでもオルフェーヴルの圧倒的なパフォーマンスを誇示するための舞台設定に過ぎなかった気がします。
大外から内に入ってまた大外に出して内にササってと非常にロスが大きい競馬でした。
勝った馬はロスの無く本当に上手く乗っていたのと対照的です。
結果的に阪神大賞典と同じなんですよね。
あの時ほど極端ではありませんが内容としては同じです。

同じく懸念されていた折り合いもなんとか後方で付けることができました。
フォルスストレートを過ぎて、本当の直線に入り、馬なりで大外を上がっていくその姿。
本当に圧巻もので、それこそダンシングブレーヴを超えるものでした。

結果的にはちょっと仕掛けが早かったんでしょうねぇ。
まぁ、あんなに簡単に先頭に立って突き放せるとは考えていなかったですよ。
先頭に立ったら、ソラを使ってしまった感じです。
内にササって追い辛そうにしていました。
最後はラチにぶつかっていましたしね。
もう少し先頭に立つタイミングが遅かったら最後まで真面目に走ってくれたのでしょうが。
馬の能力の高さとしては圧倒的なものを感じました。
ただ、最後にヤンチャなところを見せてしまったのがオルフェーヴルらしいというか・・・。

来年、どうするんですかねぇ。リベンジしてもらいたいですよねぇ。
ディープインパクトのときも思いましたが、あっさり引退してしまいましたからね。
あの馬は個人馬主の馬で、この馬は一口クラブ馬ですから、状況が異なります。
種牡馬としての価値との比較になりますが、ファンド的には現役を長く続けてもらいたいものですよね?!
来年こそ、この舞台でオルフェーヴルが金色の輝きを見せてくれるものと信じたいです。


スポンサーサイト