FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
掛かった分
本日の東京3R未勝利戦芝1800mで復帰したマイネグロリアーナは6着でした。
2着続きでしたが、着順を下げてしまったのは残念なところです。
それでも休み明けということを考えればまずまずかと考えています。

まず、レース前、新聞を見て余りに印が薄いことにビックリしました。
確かにメンバーは揃っているとは考えてはいました。
それでも、随分と人気がないと感じてしまいました。
最終的にも6番人気ということで、連続2着の馬としては低評価と言えると思います。
原因はやっぱり稽古で新馬に遅れをとったからでしょうか。
「新馬に遅れを取ったのは、相手の後ろから行った分とテンに掛かった分。」
というのが近況のコメント。
今振り返ると何か意味深に思えてきてしまいます。

マイネグロリアーナ、パドック

上はパドックでの写真です。
ずっとこんな感じで、小走りに厩務員さんの方を向きながら歩いていました。
生でパドックを見るのは初めてなのですが、こんなにイレっぽな馬だったんですかね。
馬体重はプラス8kgと想定していたよりも控えめな馬体増。
体自体は動ける出来にあると見ましたが、気性面の方が気になりました。

さて、レースです。
スタートは目立つものではありませんが、二の脚は抜群です。
すんなり逃げ馬の直後の好位置につけます。
ペースはスローで掛かり気味に追走します。
ただ、勝負どころからは、外から被せられるような感じで上手く位置取りを上げることはできません。

マイネグロリアーナ、直線

写真は直線での様子。
かなり手前ですが、内にいたのでこれより後は外から被されてしまい見えない状態です。
直線に入ってからも若干は前は詰まり気味ではありました。
それでも、脚があれば抜けられるスペースはありました。
この馬なりに走っているのかもしれません。
ただ、際立った伸びは見られませんでした。
結局伸びてきた馬に交わされ6着でゴールとなりました。

取り敢えず思ったのが、上記の稽古の時のコメントです。
掛かった分、伸びなかった、ということ。
ただ、前2走もそんなにピッタリとは折り合っていない印象はあります。
直接的な敗因か、実際のところは分かりません。
ただ、かなりハイテンションだったのでそう感じてしまいます。

まぁ結果は今一歩でしたが、叩いての上積みは期待できそうに感じました。
稽古でシッカリした走りをしてくれれば本番にも期待できそうな気がします。
次走での巻き返しに期待したいと思います。


スポンサーサイト