FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネイディール、安定してきた?
本日中京9R500万下条件芝1600mに出走したマイネイディールは2着でした。
地方交流の前走に続いて、今度はJRAのレースでの掲示板。
いい感じで安定してきているな、と感じています。

今回のレース、状態面が大幅に上向いているとは思いませんですが、悪い出来ではないとも思っていました。
比較的相手関係が軽いメンバーで上位人気になるかもと考えていました。
ところが、蓋を開けてビックリ。
2桁人気をうろちょろしており、最終的には11番人気というところになっていました。
そこまで差はないだろうと思いつつ、確実に馬券になるとまでは確信を持てませんでした。
それでも、馬連を少額ですが、当てさせていただきました。
おかげで今年はトントンくらいに持っていける感じです。

レースですが、相変わらずスタートは上手いです。
コーナリングの利もあり、ハナにたって逃げる展開となります。
ペースがスローで絶好の展開といえば展開です。
ただ、ちゃんと脚が溜まっているか、不安はありました。
馬の後ろに入れて脚を溜めて―――と言われ続けてきましたからね。
が、直線に入ってもしっかり伸びます。
瞬発力の差で前に出られてしまいますが、バテてはいません。
最後は差し返すか、という脚色で2着でゴールしました。

まぁ、中京の馬場は合いますよね。
それほど早い上がりになりませんから。
高速馬場に適性がないことはハッキリしています。
最近は本当に馬場が高速化していて本当に合う条件が少なくなっているのが辛いですね。
ただ、中京に坂ができたのは、この馬にとって凄く助かっています。

また、今回逃げる競馬で結果を出したというのが大きいです。
ずっと馬の後ろで溜めなければ、というところがありました。
それだとどうしても、もっとも有利な展開には持っていけないです。
スローで逃げられるなら逃げる方が有利ですからね。
今回で逃げるということに対する禁忌を取り払うことをできたことは大きいです。
逃げることも常に選択肢として持てることは、今後の競走生活にとって大いにプラスに働くでしょう。

さて、次走はどうしますかね。
本来でしたら、次の中京開催を狙いたいところです。
ただ、来年の中京開催は1月19日からなんですよね。
折角の優先出走権を活かすには節が空きすぎています。
中央開催のレースはダートばかり適鞍はありません。
となると―――連闘か?と思っていたら、来週の鳳来寺山特別に登録がありました。
状態次第ということになると思いますが「あり」でしょう。
68頭と物凄い登録数で、どの馬が出てくるか分かりません。
ただ、今回よりは厳しいメンバーが想定されます。
それでも出走してくるようなら期待したいです。



スポンサーサイト