FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
運が無いねぇ
本日の東京5R未勝利戦芝1800mに出走したマイネグロリアーナは4着という結果でした。
いい感じでレースを進めていたのですが、想定外のアクシデントに巻き込まれてしまいました。

レース前に考えていた事としては、まぁ堅実に走ってくれるだろうな、と思っていました。
一方で勝ち切るには一歩足りないんだろうな、とも感じていました。
特に今までのレースと大きく変わった点はありません。
違う点といえば鞍上が変わったことくらいでしょうか。
柴田大知騎手で新しい味を引き出すことができないものかなと考えていました。

マイネグロリアーナ、パドック

パドックでの様子は相変わらずチャカチャカした感じです。
派手に暴れまわる感じではありませんが、常に小走りしているといったところ。
やはり、体力を無駄遣いしているのでは、と思ってしまいます。
もう少し落ち着いてもらいたいのですが、まぁいつもどおりですかね。
あるいは大分マシになったくらいかもしれません。

マイネグロリアーナ、返し馬

そんなわけで返し馬も直ぐにキャンターに入ります。
スムーズといえばスムーズ、せっかちといえばせっかちな感じです。

レースですが、スタートが悪いのはいつものこと。
ただ、普段はここから二の足を使って先行集団取り付くのですが、今回は出来ません。
結構早いラップになっているようで、道中は中団と言ったところです。
それでも外目を通って早め早めに先行集団に近づき、3コーナーでは既に2番手へ。
4コーナーでは逃げ馬の外に出して直線で目一杯追える態勢になったかに見えました。
ところが想定外のアクシデントがここで発生。
直線半ばで前を走る馬が故障し、外にヨレて進路を塞ぐ形に。
ブレーキをかけて一回サイドステップをするような形になり、一気に先行した貯金を使い果たしてしまいました。
立て直して、必死に粘ってくれましたが、差し替えすような脚はありませんでした。

マイネグロリアーナ、直線

思うに私が選ぶようなタイプの馬はインコースで脚を貯めていてもいいことはないように思えます。
バテないけれど切れ味もないので結局脚を余して差し返せない感じになってしまいます。
距離ロスしてでも、早めに先頭に立つようなレースの方が結果が出ている感じです。
そういう面で今回のレースぶりは良かったです。
ただただ、アクシデントが痛かったですね。
無ければ勝ってたとまでは思いませんが、違う結果になったと思います。
何より力を出し切れなかったのが、口惜しいですね。
まぁ、これについては誰も責めることはできません。
運がなかったと諦めて、次の競馬に期待したいと思います。

勝ち上がる能力については、異論はないところです。
体調を崩さないようにして、しっかりとチャンスを掴んでもらいたいと思います。

スポンサーサイト