FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
今年度の初出資はコスモプラチナの12
今年度初の出資確定のお知らせが今日届きました。
ツアー直後に出資候補として挙げたのはウインの4頭。
先週、早くもその中の2頭に満口警報が鳴ってしまい、早急に検討しなければならない状況となりました。
結局、出資を申し込んだのはコスモプラチナの12です。

コスモプラチナの12

先に述べたようにカタログ写真では目立たない馬です。
2月産まれにしてはボリューム感に物足りないものはあります。
また、若干体高が低いというか、もう少し脚の長さがある方がスケール面でいいと思います。
正直、どう変わってくるのか、もう少し様子みたいなぁ、というのはありました。
ただ、待っていられない状況の中、この馬は他の馬には代えがたい物があると感じて出資を決めました。

ツアーで実馬を見て、DVDを何度も見直しました。
この馬、とにかく、後駆の動きに惹かれるものがあります。
飛節が真っ直ぐ伸びるというところですが、この馬の場合一味違うんですよね。
なんていいますか、ちゃんと作用して伸びる、っていう感じですかね。
これだけ直飛なのにも関わらず、飛節が伸びるときにバネを感じます。
こういう動き見たことがない、と感じました。

まぁ、長距離馬ですよね。
BRFグループお得意の夏からガンガン走るタイプではないでしょう。
今のご時世に合うタイプとも思えませんが、こういう馬好きなんですよ。
オークスとかエリザベス女王杯とかに滑り込みで出走して大仕事をしてくれる。
そんな馬になってもらいたいと思います。


もう1頭、イクスキューズの12は決断ができませんでした。
出資しなかった馬についてあれこれ書くのはどうかと思うので、理由を一言だけ。
フリーヴァケイションの12がまだ残っている、ということですね。
同父の2頭を比較する中でフリーヴァケイションの12の方が良くね?と感じる部分も多かったからです。

残りの2頭、ダイイチビビットの12とフリーヴァケイションの12はまだ満口にはならないですよね?
引き続き注視していきたいと思います。


スポンサーサイト