FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
カルシウムが足りなかった
マイネルパントルの引退のお知らせが入りました。
右ヒザに2度目の剥離骨折が見つかったとのこと。
今後も繰り返す可能性が高く、これまでの成績も踏まえて引退が決まったとのことです。

復帰してから2戦、ヤバいなとしか言いようがない内容でした。
スタートだけは上手かったですが、それ以外は何も見どころが無い内容。
思うに足元が痛くて、途中から全力で走るのを止めていたような節があります。
復帰前のレース振りもそういうところがありましたので、慢性的なものになってしまった感じです。

振り返ってみて、まともに走ったのは新馬戦だけでした。
その新馬戦では、後にオープン特別を勝つヴァンフレーシュを破りました。
それを考えると、少なくとも500万条件で惨敗を繰り返すような馬では無かったはずです。
脚元さえ無事であれば、もう少しいいところがあったと思います。
ただ、やはりそれも含めて能力ということはこれまでも言ってきた事です。
表題は冗談ではありますが、脚元が丈夫なことは競走馬にとって重要なことであるかを痛感させられます。

今後ですが、地方で走ることになりますよね?
ダートが向くとは思いませんが脚元の負担は軽いでしょう。
骨が丈夫になってくれることを待つことができたらいいなと思います。
今後のマイネルパントル幸有らんことを祈っております。

マイネルパントル


スポンサーサイト