FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
頭が下がります
もう一頭のマイネイディールについて書いていきます。
有馬記念の後、中山の最終レース、ノエル賞芝1600mに出走しました。

今の中山の馬場はかなり時計の掛かる状態になっていて、この馬に向いている馬場です。
また、枠順も内枠有利のこのコースで3枠3番と文句のつけられないところです。
力を出し切れる条件は整ったな、と感じていました。

スタートはいつも通りバッチリ。
そして、迷わず逃げに出たのが最近のいいところ。
昔は折り合いに付けることに拘っていた時期もありましたが、この方があっている気がします。
引退間際になって自分のスタイルをようやく見つけられた感じです。
楽に逃がしてもらえたらと考えていたのですが、それほど引き離した逃げにはなりません。
ラップをみると決してタメ逃げではないんですけれどね。
どこかで突き放しておきたかったですが、前走のオープンでの好走で少し警戒されたかもしれません。
貯金が無い状態で直線を迎えるとちょっと厳しいですね。
直線ではこの馬なりの伸びなのでしょうが、ジリジリ下がっていくようにしか見えませんでした。
それでも5着と掲示板を確保、しっかり能力は出し切ったと思います。

キャリアを重ね、能力的な限界もある程度ハッキリしてきたところです。
このクラスを勝ち切るためには何らかの助けが必要なことも分かっていたことです。
結構条件は整ったかと思いますが、展開の助けが足りなかったですね。
とは言え、自分の力を出し切ったことがこの馬の偉いところ。
本当に頭が下がる思いです。
これで最後かもしれませんし、走ったとしても後1、2戦でしょう。
無事、繁殖に上がってもらえたらと思います。



スポンサーサイト



ウインゼーヴィントのデビュー戦
オルフェーヴルの圧勝で有馬記念も幕を閉じ、今年の競馬も終わり・・・じゃないんですよね。
有馬の後にまだ競馬が続くって何か違和感があります。
それにしても桁違いの強さでしたねぇ。
いい種牡馬になると思いますので、いつかは子どもに出資してみたいですね。

さて、その有馬記念の当日、私の出資馬は2頭出走しました。
G1当日は物凄く込み合うので、自分の出資馬がG1に出ない限り応援にはいかないと決めています。
テレビ等で見た感想をそれぞれについて語っていきたいと思います。
まずは中山4R新馬戦芝2000mに出走したウインゼーヴィントからいきます。

パドックでの歩きはこの馬の特徴である直飛が目立ちます。
また、繋ぎが緩くて坂路が走れないと言われ続けましたが、確かに繋ぎが緩いことも分かります。
正直馬選びで馬体をみるとき、繋ぎは見てなかったです。
何にせよ特徴が際立つ馬体です。

レースです。
スタートは悪いと聞いていましたので、後方からの競馬になると思っていました。
ただスタートは良く見えなくて、気が付くと先行集団を走っていたのでビックリしました。
すみません、まだウインの勝負服に見慣れていないんです。
改めてビデオで見ると、確かに出は悪かったのですが、二の脚はしっかりしていました。
ただ、あとは余りいいところは見られませんでした。
道中は逆に勢いがついてしまった感じで、折り合いがあまりついていないように見えました。
また、馬群の中に突っ込んでしまったこともあり、首が高く他の馬を気にしているように見えました。
何にせよ無駄が多い走りで、課題の直線の坂を迎えるころには、余力が残っていませんでした。

とりあえず予想とは全然違うレース振りでした。
のんびり後方からレースを進め直線では何頭交わせるか、というレースをするかと思っていました。
スタートが良すぎて馬込みに揉まれてしまい、力が出し切れなかった部分はあると思います。
まぁ、長距離の新馬戦というのは折り合いがついたもん勝ちのようなところがあります。
今回の結果がこの馬の力ではないと思います。
とはいえ、力を出し切れたからと言ってすぐに勝ち負けとは言えないですよね。
使いつつ力を付けていってもらいたいです。