FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
2014ツアー報告その2 ステイゴールド産駒の研究ラフィアン編、総括
ラフィアン編にいきます。
こちらの方がコメントが少ないのは、ウイン、ラフィアンの順で見学しますので
やっぱ疲れちゃうからですかね。

タイノーブルレディの13

タイノーブルレディの13です。
以前3月産まれと書きましたが、勘違いで4月産まれでした。
ちょっとミスジョーカーの13とごっちゃになってました。
カタログ写真よりは大分垢抜けた印象があります。
ただ、地味ですよね。
中肉中背で、お尻の極端な斜尻でも平尻でもなく、という感じです。

マイネテレジアの13

マイネテレジアの13です。
1月産まれということもあり、大きな馬です。
と言ってもゴツイとかそういうタイプではありません。
首とか手足とか長くてとってもスタイリッシュな感じの馬です。
少し硬めですかね。
お尻のボリューム感は少し物足りない感じはします。
ただ、意外と体重はあるので、これで十分なのかもしれません。

マイネミモーゼの13

マイネミモーゼの13です。
とりあえず目立つのが飛節の腫れですが、まぁ気にしなくていいとのことです。
重そうなところがありそうな馬体にも見えたので、その辺を注意して見ていました。
見た限り、全然そんなところは無く、柔らかい中に力強い動きを見せてくれました。
牧場でも評判の一頭のようで、離れた場所からでも目立つ馬、とのこと。
もう少し胸の深さは欲しいと思いますが、お尻のボリューム感は素晴らしく力強く見えます。
ただ、形的には平尻に近く、今回の馬選びのコンセプトからは外れますかね。
今までの選び方からすると、この馬かな、と感じています。

ミスジョーカーの13

ミスジョーカーの13です。
先程タイノーブルレディの13と勘違いしていました。
この馬も目立った特徴はないな、と感じています。
マイネミモーゼの13と似たようなタイミングで来るのであちらに注目してしまうんですよね。

コスモスカイラインの13

コスモスカイラインの13です。
首が長めで、カタログ写真を見たときはもっと大きな馬かと思っていました。
実馬は意外というか、かなり小さくて、体高も低い馬です。
お尻は最初の印象よりは斜尻ですが、幅が物足りない印象があります。
胴が長く見えるのは良いのか悪いのか。

コスモスプラッシュの13

コスモスプラッシュの13です。
厩舎的に注目を集める部分はあるかと思います。
遅生まれなこともあり、小さな馬ですが、斜尻は目立ちます。
動きは柔らかい中にも敏捷性がありそうな印象を受けます。
ただ、50分の1口は手を出しづらいですね。
ちょっと高めですし。

まとめます。
今回の馬の見方のポイントにしたいと思っているのが斜尻です。
その辺が、目立つ馬はカートゥーンの13、マチカネレダの13、コスモスプラッシュの13。
ボリューム感があるのが、マイネミモーゼの13、ハナノメガミの13。
スラッとした脚の長さがあるのが、マイネテレジアの13、コスモチェーロの13となります。
その辺分かりやすくするため、敢えて点数をつけて記録に残しておきます。

A 2点 B 1点 C 0点で。

          斜 ボ 長 計
カートゥーン    A B B 4
コスモチェーロ   B C A 3
ハナノメガミ    C A C 2
マチカネレダ    A C C 2
タイノーブルレディ C C C 0
マイネテレジア   C C A 2
マイネミモーゼ   C特A B 4
ミスジョーカー   C C C 0
コスモスカイライン B C C 1
コスモスプラッシュ A C C 2

マイネミモーゼのボリューム感は特A3点をつけたくなるところです。

こんなこと書いちゃっていいのだろうかとも考えたのですが、晒し者になるのを覚悟で書きました。
後で反省できるようにするためには、記録に残しておかないと、ですからね。
まぁ、私の馬選びの以前の結果を踏まえると、
タイノーブルレディの13、ミスジョーカーの13、コスモスカイラインの13がお勧めですw



スポンサーサイト



2014ツアー報告その1 ステイゴールド産駒の研究ウイン編
今年もツアーに行ってきました。
今回はカタログが届いてから例年よりツアーまでに時間がありました。
そのため、十分な準備を整えて、ツアーに参加することができました。
とは言え、それが選馬にあたり役立ったかについては何とも言えないところですがw
それでは、ツアーの報告を順次書いていきたいと思います。

まずは募集馬の方から、次いで出資馬の順に書いていきたいと思います。
なんか、ログを見ていると募集馬の方が需要が高そうですからね。
今日は先日も書いたステイゴールド産駒の牡馬について、書いていきます。

カートゥーンの13

まずはカートゥーンの13です。
今回はお尻の形、特に斜尻の馬に注目しつつ選馬をしています。
そういう意味でこの馬の斜尻は目を惹きました。
実馬で見ると、さらに幅も出てきたような気がします。
3月生まれで馬格もかなりあります。
義広社長の話しっぷりを聞いていると、期待が一番大きい馬という印象を受けました。
凄くヤンチャな馬で展示中はズッと暴れていた印象があります。
ただ、最後に馬房に行ったら自分の方に寄って来てくれました。
そして、反対の方に人がいたら、そちらにも寄って行きました。
ただの暴れん坊かと思いきや意外と律儀な馬なのかな、と感じたりもしました。

コスモチェーロの13

コスモチェーロの13です。
個人的に注目していて、写真もウインで一番撮っていた馬です。
遅生まれですが、背が高く、脚が長い馬です。
お尻も斜尻の割に幅があっていい感じと思っていました。
スタッフの話でも、評判は上々のようです。
ただ、実馬を見ても正直何か物足りなさを感じました。
なんか迫力が足りないんですよね。
まぁ肉付きが物足りないのは遅生まれですから仕方ないのかもしれません。
でも、敏捷性もなんか微妙に足りない印象を受けたのが気になっています。
後で振り返るとカートゥーンの13の方が何かと印象に残ってしまっています。
本当はこの馬で即決したかったのですが・・・悩んでいます。
上は乗り出してから良くなってくるタイプだったが、この馬は早くから動けそう、とのことです。
成長力が無いと見るか、更に上があると見るか。
血統的には成長力はあるのですけれどね。

ハナノメガミの13

ハナノメガミの13です。
話を聞いているとこの馬は別格という人が多かったですね。
まぁ、値段的に別格ということもあります。
全体のバランスで見ると胸が深く、お尻が大きいです。
ただ、必ずしも大きい馬では無く、コロンとした馬という感じもあります。
脚も短めでしょうか。
兄のフルブルームはスラッとした馬だっただけにどう出るのか。
コスモチェーロの13とは対称的ですね。
性格もこの血統にしては凄く大人しいようで、大勢の人に囲まれても平然としていました。
いい馬だと思いますが、やはり別格のお値段な気はします。

マチカネレダの13

マチカネレダの13です。
生まれが遅いこともあるのでしょうが、ちょっと小さ目な馬。
斜尻で幅が無いお尻をしています。
全体的なバランスは悪くないので、これからの成長次第といったところでしょうか。

ラフィアン編に続きます。