FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年1年の出資馬たちを振り返る2014
2014年も残すところ後1日。
皆様、お元気にお過ごしでしょうか。
私は全然元気ありません。
いろいろと忙しくてね・・・。
さて、今年も例年通り、今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
そして、今年の当初に掲げたそれぞれの馬たちへの目標も再掲しておきます。
「・」の後に斜体で書かれているのがそれです。
それでは、年上の方から順に書いていきます。

○マイネイディール・・・(0,0,0,2)
・無事、繁殖にあがること
とりあえず2戦しましたが、特段目立つ結果は残せず。
まぁ、無事、繁殖にあがり目標を達成したということで良しでしょう。
そう言えば、何をつけたかとか知りません。
ツアーの時とかにでも聞いておけば良かったですね。
いい仔を産んでくれることを期待したいです。

○マイネルメリエンダ・・・(3,3,0,2)
・G1出走
今年の私の出資馬の中で間違いなく1番頑張ってくれました。
全8戦ですべて掲示板と抜群の安定感を誇ります。
目標が達成できなかったことは意外と言えば意外です。
まぁ、結構慎重に無理なく使われてきましたからね。
来年は更なる飛躍の年になってくれることを期待します。

○マイネルセントラム・・・(0,0,0,1)
・勝ち上がること
何とかデビューまでこぎつけました、といったところです。
とにかく状態が不安定で結局まともに仕上がりませんでした。
いいものがあったかどうかも分からないままの引退となりました。
馬にとって丈夫さが一番肝要であることを思い知らされました。

○ウインゼーヴィント・・・(0,0,0,2)
・勝ち上がること
今年の2戦は共に離されたシンガリと、まともなレースはできず引退となりました。
何か疾患があったのではないか、と考えざるを得ないレース振りです。
柔軟性は見るものがあったのですが、とにかく芯が無い感じでした。
柔らかい馬は好きなんですが、それだけだと駄目なんですよね。
もっと芯を感じられるような馬選びをしなければいけないと感じました。

○ウインオリアート・・・(1,1,4,3)
・勝ち上がること
未勝利馬3頭の中では1番期待が大きかったわけですが、見事期待に応えてくれました。
年末には500万条件でも目処を立て、さらなら飛躍が見込めるところです。
細くて頼りなかった馬体も、年末には大分しっかりしてきた印象です。
奥手のステイゴールドの血がいい方向に向かっていると感じました。
来年は今年以上の成績を上げてくれることと思います。

○ウインティアラ・・・(0,0,0,2)
○ウインニルヴァーナ・・・(0,0,0,4)
・全馬デビュー
・1勝

目標の1つ全馬デビューは果たしました。
一方で1勝を上げることはできませんでしたので、やはり物足りないですね。
ウインティアラはなかなかいいところはあると感じさせました。
競馬に対して真面目だし、センスもなかなかあります。
ただ、まだまだ小さい馬で、これからの馬という印象を強く持ちました。
焦らずじっくり見ていく必要があると思いました。
ウインニルヴァーナは4戦しましたが、見せ場はありませんでした。
丈夫な馬であることは確認できましたが、能力的には厳しいですね。
正直見切られても仕方ない部分もあるのですが、意外と評価してくれているようです。
期待に沿えるよう頑張って欲しいと思います。

○合計・・・(4,4,4,16)
・3勝
・30戦

レース数は28戦と惜しかったですが、勝ち数の目標を見事達成しました。
概ね目標達成と言っていいのではないでしょうか。
ひとえにマイネルメリエンダのおかげであることは言うまでもありません。
1頭だけでなく、ウインオリアートも伸びしろが期待できるのもいいですね。
もう1頭くらいいれば文句なしだったのですが、贅沢は言えないですね。
頭数が少ない中、本当に頑張ってくれた1年だったと思います。

出資馬以外の話題と言えばディアドムスの活躍が一番の衝撃でした。
全日本2歳優駿を勝ちG1馬になりましたが、母は元出資馬のマイネランデブーです。
ビッグレッドファーム生産で、募集されれば悩んだことは間違いないところ。
なんで売っちゃったのかなぁ。
この馬に出資できたら大満足の1年だったでしょう。
ただ、セリのときの写真を見ても全然良く見えませんでしたw
募集されたとして出資できたかは分からないのですけれどね。
マイネヴィータの初子も結局出資しなかったし。
影ながら応援していきたいと思います。
来年はアイルハヴアナザー産駒の妹が流石に募集されると思います。
これも楽しみですね。

それでは!皆様よいお年を!

スポンサーサイト



出資馬の今年最後のレース
昨日の中京4R未勝利戦芝2000mにウインニルヴァーナが出走しました。
なかなか忙しくてレースも見れず、ようやく今になってから書きます。
来週は出走が無さそうなので、これが今年の出資馬の最後のレースになりますかね。
使いたいレースを使えずスライド出走になりますが、あまり気にしていませんでした。
実際に好走したことは無いわけで、適正も多分そうだろうというぐらいです。
新しい試みですので、歓迎すべきことと考えています。
稽古も終いが一杯で、手応えらしきものは掴めていません。
いずれにせよ、厳しい戦いになるのではと想定していました。

レースですが、結果を見ての感想になります。
大逃げする馬の後ろで集団の先頭で競馬を進めたようです。
そして4コーナーまでは2番手で頑張っていたみたいです。
ただ、直線ではギアが入らなかったのでしょう。
結局14着に敗れました。

まぁ、意外と適正は悪くないのではないか、と感じました。
結果として逃げ馬が勝ったレースになります。
ただ、ラップから見ると楽な展開では無かった感じです。
もっと前残りになるような展開になれば何とかなるかもしれないと思いました。
まぁ、かなり希望的観測ですけれどね。
一応更新されたレース速報でも同じようなことを書いていますね。
ベストをつくしてもらえるのかな、と感じました。
厳しい戦いが続くと思いますが、頑張ってもらいたいです。



相手が完璧でした
本日の中山最終R500万下条件芝1800mにウインオリアートが出走しました。
ここ2戦でこのクラスで十分通用する力があることは分かりました。
時計が掛かり気味の新しい中山芝コースも合っているでしょう。
ただ、最近はどうもスタートが今一歩なのが気になっていました。
なんだかんだで先行有利の馬場です。
ここ2戦のような競馬では、また差し届かない可能性が大きいです。
枠順が内なこともあり、なんとか先行できないかな、と考えていました。

レースですが、今日はスタートがバッチリでした。
無理することなく、5番手の内に付けられたのは理想的な位置取りです。
道中はロスなくレースを進め、後は前が空くかどうかという感じです。
出来ればコーナーで位置取りを上げたかったところですが、内は開かないですね。
直線に入ってから馬群を縫うように追い上げていきます。
ただ、そのとき勝った馬ははるか前方を走っていました。
2着に押し上げたところがゴールでした。

今回はスタートも良かったし、この馬としてはなかなかいい競馬はできたと思います。
ただ、勝った馬は完璧でしたね。
スローで前が止まらない展開で、強い逃げ馬に楽に引き離されては手も足もでません。
さすが今日6勝の乗れている騎手というところでしょうか。
力負けというよりも完全に展開負けで、力量差すら測れなかったという感じです。
鞍上は完璧に乗ってくれましたが、馬として展開が向きませんでした。
中山1800mですと、どうしてもこういうことがありますよね。
ある程度長い距離を主戦場にした方がいいんじゃないかなぁ、と感じた1戦でした。

さて次走ですが、調べてみるとすっかり条件戦はダートレースが多い時期になります。
選択の余地は少なくて、ズバリ年明け1月12日中山最終の芝2000mでしょう。
ギリギリ優先出走権も使えますし、距離も少し伸びますしね。
馬場も荒れて楽逃げが決まる展開にもそうそうはならないと思います。
次こそ決めてもらいたいですね。




力負けです
本日の中山4R未勝利戦芝2000mにウインティアラが出走しました。
クラブ発表ではやけに強気でしたが、正直そこまで自信はもてませんでした。
いい素質はあると思いますが、本格化はまだまだ先と考えています。
オッズも最終的には8番人気と、個人的にはまぁそんなもんでしょうという感じです。
稽古を見るとまぁそれなりの出来で出走できそうには思えました。
懸念していた馬体重は増減なしで済みました。
掲示板に載って次走につなぐことができたらと思ってレースを見ました。

レースはWINSで見ました。
スタートは悪いというほどでは無かったですが、無理はしません。
道中は中団の外目に付けます。
ペースは未勝利としてはかなり早く、力を要求される戦いになります。
折り合いはピッタリというふうに見えました。
地力を信じてということなのでしょうか、3コーナーあたりから早めに仕掛けます。
ただ、思うように位置取りを上げることはできません。
直線でも一杯一杯になりながらも粘ってはいるように見えました。
後方我慢の組の何頭かに差され7着でのゴールでした。

うーん、ちょっと厳しかったですね。
かなりのハイペースですが、それでも上位の馬は積極的な競馬をしています。
外枠だった分かなり距離ロスはありましたが、力負けは否めないところです。
現状だといろいろ向かないと勝ち負けは厳しいですね。
牝馬限定の芝長距離があればいいのですが、そんな都合がいいレースはないですね。
権利も取れなかったことですし、ここは鉾田かと思ったら続戦するようです。
まぁ、休んだからって成長するとは考えていませんのでいいのですけれどね。
ただ、直ぐに勝ち負けを期待するのはちょっと厳しいかな、と感じています。
やはり小さい馬ですし、本格化はまだまだ先でしょう。
当面の目標は一つ勝つことで、それが大切なことはウインオリアートで学んでいます。
レースを使いつつ、徐々に力を付けて行ってもらいたいです。
そして、ここぞというタイミングでビシッと決めてもらえたらと思います。