FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
さらなるパワーアップを
今週の小倉2頭出しのもう一頭ウインティアラについて書きます。
滞在競馬で体重が増えてくるかもと思ったのですが、プラス2kg。
相変わらず小さいのですが、現状の体はこんなものなのかもしれません。

レースですが、スタートでやらかしてしまいました。
できれば、先行したいと思っていたのが、痛恨の出遅れ。
道中は後方でレースを進めます。
3コーナーあたりから手は動きだし、これは厳しいかな、と思っていました。
しかし、鞍上のアクションに、反応良く、ではないですがジワジワと応えます。
距離ロスが多い外を回りながら位置取りを上げていきます。
早めに仕掛けたにしては直線もシッカリ伸びます。
最終的に5着まで位置取りを上げてゴールしました。

出遅れたにしては良く頑張った、というのが素直な感想です。
まともな競馬をすれば、さらに見せ場はあったと思います。
やはりなかなかいいところがあるな、と感じました。

権利を取りましたが、ここでいったん放牧との話です。
今回は相手関係に恵まれた部分もあったと思います。
やはりもう一回り二回り成長してもらいたいですからね。
未勝利前に休養を取るならこの当たりがラストチャンスです。
きっといい方向に向かってくれるのではないかと期待したいです。
復帰後はパワーアップしたウインティアラを見せてもらいたいものです。


スポンサーサイト



ウインニルヴァーナ、お疲れ様
今週は小倉で2頭出しでした。
色々と忙しくてなかなか時間が取れないのですが、それぞれWINSでレースは見ました。
まずは昨日出走したウインニルヴァーナについて書きます。

スタートは良かったです。
切れる脚が無いので前々で進めたいとのことでしたが、その通りのレースができました。
ペースも平均よりややスローで、理想的と言ってもいい展開でしょう。
しかし、3コーナーあたりで手応えが怪しくなります。
あとはズルズル下がるだけ。
結局13着に敗れました。

今回は稽古もまずまず動いていたので、変わってくれないかな、と期待していました。
レースもほぼ理想的に進めることができたと思います。
ただ、結果は残念としかいいようがありません。
今回の結果を踏まえ、登録抹消の方向で話を進めるとのこと。
客観的に見ても、妥当な判断なのかもしれません。

丈夫な馬ではありました。
稽古を積み重ねる中で変わってもらえないか、と期待をしていました。
ただ、ここまでのレース振りでは変わり身らしいところは見られなかったです。
力を出し切れずに引退に追い込まれる馬が多いことは周知のことと思います。
そんな中で、この馬なりに能力は出し切れたのが救いです。

まぁ、繁殖ってレベルではないですよね。
丈夫ですから、地方で走り続けるのでしょう。
今後のウインニルヴァーナに幸有らんことを祈ります。



今日は仕方ないです
本日の東京メインレース東京新聞杯にマイネルメリエンダが出走しました。
このレースだけはテレビで見ることができました。

レース前に考えていたことです。
稽古を見る限り、調子自体は悪くはなさそうだな、とは思っていました。
ただ、東京コース自体はそれほどこの馬には向くとは思えませんでした。
それでも、相手関係的に先手は楽に取れそうなメンバーです。
逃げちゃったほうが面白いと思うのですが、可能性は少ないと考えていました。
馬場が少し緩くなってきたこともこの馬にプラスになると思っていました。
なんとか、一発やってもらえないかと期待してレースを迎えました。

レースです。
スタートが上手いのはいつものことです。
逃げようと思えば逃げれたとは思いますが、まぁ逃げませんね。
ペースはスローで、道中は3番手でレースを進めます。
直線に入り逃げ馬を交わし先頭に立ちます。
馬場が良さそうな外を回しますが、ジリジリとしか伸びません。
最後はバタバタっと交わされてしまい7着に終わりました。

東京コースが向くとは最初から考えていませんでした。
スローな流れでしたが、それでも差し馬の競馬になってしまいました。
どうも今の馬場は前が残りづらい感じですね。
残念な結果ですが、着順ほどは負けていないので、悲観はしていません。
馬場や展開次第では十分重賞でも勝ち負けできるという思いは揺らがないです。
次は適正があるところでのレースを期待したいです。



ウインティアラ、変わらず
本日の小倉4R未勝利戦芝1800mに出走したウインティアラは7着でした。
こちらも、いろいろと忙しくてレースは見れず、結果だけ見て書いています。
もっと積極的に行くかと思っていたのですが、余り前に行けず中団に付けたようです。
で、結局そのままという結果でした。
競馬場速報をみると直線で多少不利はあったようです。
まぁ、もう少し前との差は詰まったというレベルのようではあります。
大勢には影響が無かったのでしょう。

当初は放牧の予定でしたが、平坦での変わり身に期待しての続戦となりました。
残念ながら、期待していた変わり身は見られなかった、という結果になりますかね。
惨敗する訳では無いのですが、真ん中あたりの着順から抜けられない状況です。
なかなか厳しいですね。
次走は引き続き滞在競馬で使っていくようです。
小さい馬で今日も体を減らしていましたから、悪いことはないでしょう。
何とか変わり身を期待したいです。



展開のアヤに泣くその2
本日の東京8R500万下条件芝1800mに出走したウインオリアートは3着でした。
いろいろと忙しくてレースは見れず、結果だけ見て書いています。
ラップやコーナー通過順位を見る限り、またしても展開に泣いたようです。
こんな結果でストイトルも使いまわしになってしまいますよね。
スローペースの方が外を回った方が不利になる、何てことは前走でも書いたことです。
一番強い競馬はしていると思うのですが・・・ツキがないです。

今後ですが、予定通り放牧で一息いれるとのこと。
中山をパスして、5月の東京から復帰というプランらしいです。
これってどうなんでしょうね。
東京の開幕週とかって差しが決まらないイメージがあります。
中山開催の最終週とか馬場が荒れて地力勝負のイメージもあるのですが。
まぁ、妙に早い馬場になったりするときもありますし、何とも言えませんかね。
いずれにせよ、中山の開幕週を使っていくよりはいい気がします。
降級前に是非勝ってもらいたいと思います。