FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年1頭目の出資馬
ツアー終了後、しばらく様子見していたのですが、1頭出資を決めました。
それが、この馬です。

マイネランデブーの14

そう、マイネランデブーの14です。
母子2代に渡って出資することになりました。

今年から産駒が募集されているビッグレッド期待の種牡馬アイルハヴアナザー。
子どもは総じて筋肉量があり、種牡馬としては手堅い成績を残しそうです。
ただ、体高が低く、距離に一定の限界がありそうな子どもが多い印象を受けました。
クラシックを賑わすような産駒を出すのはちょっと厳しいかな、と感じています。
とはいえ、配合次第では距離をこなす子も出てくるかもしれません。
ステイゴールド亡き今、ビッグレッドを支える種牡馬になってほしいものです。

期待を込めて、アイルハヴアナザー産駒は注目して見ていました。
そんな中で、良く見せたのはこの馬とフェアナタリーの14です。
フェアナタリーの14は値段的なことや50口募集ということもあり、ハードルが高いです。
母に出資していたこともあり、やはりこの馬かな、と思いました。
この馬の特徴としては他のアイルハヴアナザー産駒同様に筋肉量があります。
そして、アイルハヴアナザー産駒としては体高が高いことがこの馬ならではの特徴です。
脚長の方がやはり歩幅も稼ぎますし、大きなメリットと考えています。
脚が短い馬が走る種牡馬というのもあろうかと思います。
ただ、種牡馬の特徴が分からない以上、常識的に判断しました。

注目して見守っていたのですが、実際募集が始まると全然売れていない感じなんですよね。
見た目ゴツくて品があるとは言えない馬体です。
後ろ脚の付き方とかは気に入らない部分もなくはないです。
20万という募集価格も少し高めですよね。
しばらく様子見できるかな、とも思いました。

ただ、この馬、様子見してもメリットが少ないんですよね。
そもそも早生まれで現時点での完成度は、他の馬に比べて高いです。
現時点でも筋肉の張りがあって、確実性も高いと考えていました。
なんか結局最初に注目した馬に出資してしまう傾向も、自分の中であります。
それだったらマイルが貯まる今のうちに出資してしまおうと考えました。
募集価格も一定の評価がされていることの表れと見ました。
何より自分の出資馬の子が募集されること。
そして、その馬が良く見えるということ。
そんな機会は、そうそう巡り会えないでしょう。

この馬が芝や長距離で走るというイメージはありません。
その辺は兄のこともありますので、路線も悩まずにすむことでしょう。
近況で書かれているとおり、ダート中距離で頑張ってくれることでしょう。
お兄さんを超える活躍を、というのはG1ホースになる必要がありますので厳しいですね。
お母さんを超えることが目標になりますでしょうか。
お母さんはトラブルが多くてあまり数を使えませんでしたから。
レース数を使ってもらえるような馬になってもらいたいですね。
母は満足のいく競走生活は送れなかったと思います。
その分、秘めた才能を繁殖として開花しつつあるのでは、と思っています。
この馬の活躍次第ではビッグレッドを背負う名繁殖になる可能性もあります。
マイネプリテンダーやタカラカンナのようになってくれると嬉しいですね。
是非、3代目に繋ぐような活躍を期待したいです。



スポンサーサイト