FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインヴォラーレがデビュー
本日の東京5R新馬戦芝1800m戦でウインヴォラーレがデビューしました。
私の今年の2歳勢はデビューが遅く、今回が全体でも初出走になります。
まぁ、ステイゴールド産駒で固めたのが原因ですかね。
そして、近場の府中なのに仕事で応援に行けず。
今回も、JRAのHPで結果を確認するということになりました。
最近多いです。

レース前は期待半分不安半分というところでした。
いや、どちらかというと不安の方が大きかったかもしれません。
あまりいい話は聞いてきませんでしたからね。
ただ、9頭と少頭数に収まったのは好材料です。
なんとか、今後の目処を立ててもらえたらと思っていました。

レースですが、スタートは上々。
ただ、折り合いに専念するということで、徐々に後ろに下げます。
道中は真ん中あたりにいました。
ペースは超スローで手応えは十分。
引っ張りきれない感じで3コーナー辺りから位置取りを上げます。
外から先頭を見る位置で直線を迎えます。
そして、直線の追い比べ。
この馬も余力十分でしたが、相手も余力があります。
こうなってしまうと位置取りがものをいいます。
結局前を行く馬をとらえられず、1頭交わされて4着でのゴールとなりました。

一定の能力は示したことでまずはホッとしました。
超スローで位置取りで決まってしまうレースでした。
スタートは良かったし、逃げてしまった方が結果は良かったかもしれません。
あと、ああいう展開では外を周るのは大きな不利です。
今回はまぁ仕方ないと言っていいでしょう。

ただ、次こそが試金石の一戦になると思います。
超スローの特殊なレースでの結果を鵜呑みにはできないです。
もっと多頭数で早い流れになったときにどんな能力を示せるのか、が問題です。
まぁ、ステイゴールド産駒ですからね。
今回のようなレースよりもゴチャゴチャしたレースの方が向くはずです。
まだまだ線が細い感じで、今後の成長も見込めると思います。
次走を楽しみにしたいと思います。



スポンサーサイト



ホッとしました
本日の福島9R500万下条件牝馬限定戦芝2000mにウインティアラが出走しました。
未勝利を勝ち上がって、ご褒美の休養。
今回は復帰戦であると同時に新しいクラスへの初挑戦となります。
競走馬にとっての第一の壁が、未勝利を勝ち上がることです。
そして、それを超えた馬たちに、その次に立ち上がる壁があります。
それが500万条件で上位に来れるようになること。
これを達成したとき、息の長い競走生活を送れるようになります。
そういう意味でここは試金石の一戦です。
ここで掲示板に載れるかが一つの目安になると考えていました。

さて、レースですが、スタートはイマイチ。
逃げて勝ちましたが、あんまり安定したスタートは切れていません。
無理に先行せず、中段よりやや後ろといった位置取り。
枠順が外だったこともあり、ずっと外側を走ることとなります。
不利を受けずに3角当たりからいい感じで上がっていきます。
直線に入ってからもジワジワと伸びますが、ちょっと先頭は遠い感じ。
結局先頭争いに加わることが出来ず、3着でのゴールとなりました。

やっぱり切れ味という点ではちょっと物足りないですね。
勝ち負けという観点からは、やはりもっと積極的な競馬が必要になります。
逃げれるなら逃げた方がいいですが、今回はそのチャンスはなかったです。
それでも、まぁ、上出来でしょう。
これなら息の長い競走生活を送ることが出来そうだとホッとしました。

今回のプラス2㎏は、休んだにしては依然物足りない印象があります。
まだまだ上積みは見込めると思います。
レースを積み重ねながら力を付けていってもらいたいですね。




こんなもんかと
本日の東京10Rの紅葉Sにマイネルメリエンダが出走しました。
今回はハンデ戦ということでトップハンデを背負わされました。
ハンディキャッパーに実績最上位と判断されたということで、感慨深いものがあります。
とはいえ、ただでさえ切れ味が不安なところにトップハンデ。
さらに直線の長い東京コースは不向きです。
いかにも何かに差されそうで、条件は揃ってない、とは思いました。
地力でどこまで着順を上げることができるか、というようなことを考えていました。

レースです。
スタートはこの馬としては良くない方だったと思います。
外の馬が主張したので、無理に競りかけることははせず。
4番手くらいの内目のポケットに入ります。
ペースはそんなに早くはなかったです。
スムーズに折り合って、直線入り口では射程圏へ。
直線での追い比べになります。
逃げ馬も楽をしていて、一度は突き放される形に。
内から勝ち馬に交わされ、外からも交わされます。
それでもズルズル下がることはなく、最終的には逃げ馬は交わし3着という結果でした。

まぁ、こんなもんですかね。
条件は合わないとは思っていましたが、ペースは向きました。
今回の条件では目一杯の結果のような気がします。
着実に着賞金を稼いだということで、良しとしたいと思います。
次走は12月6日の市川Sですかね。
中山開幕週で前残り馬場を期待したいところ。
今回、トップハンデだったので、定量戦も魅力です。
条件は合っている気がしますが、あとは枠順とペース次第です。
そろそろ勝ちあがってもらいたいですね。