FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
また、賞金を稼いでしまいました
本日の東京10R1600万下条件芝1,600mにマイネルメリエンダが出走しました。
実績的に、いつこのクラスを卒業しても不思議はないところです。
ただ、条件は整っていないとは感じていました。
直線の長い東京コース。背負わされるハンデ戦。
それでも、安定して走ってはくれるんだろうな、と思っていました。
一方でどの馬かには交わされてしまいそうだな、とも思っていました。

さて、今日もレースはホームページの動画を見ながらの振り返りです。
スタートは相変わらず上手です。
先頭を伺う様子を見せますが、逃げようとする馬がいたので行かします。
さらに外から交わしていく馬がいて、3番手でレースを進めます。
ペースは平均ペースといったところ。
手応え十分で4角あたりから、先頭を伺います。
ただ、内をすくってきた馬も手応えが良くて、捉えきれません。
さらに外から2頭差してきて、4着に敗れました。

また、賞金を稼いでしまいました、という感じです。
今日のような条件だとオープンだとあっという間に着外に落ちますからね。
去年の東京新聞杯なんかもいい競馬だな、と思っていたのに、あの着順ですから。
着賞金を稼げるのはありがたいといえばありがたいです。
まぁ、勝ちを大きく意識せずに気楽に見ていこうと思います。
無事に長く使い続けてもらいたいと思います。



スポンサーサイト



応援に行きたい
本日の東京4R未勝利戦芝2,400mにウインヴォラーレが出走しました。
予定より2週遅れての出走になりますが、状態は良さそうです。
今回も残念ながら応援に行けませんでした。
今の仕事は隔週で土日出勤なのですが、どうもローテーションが合いません。
先週出走なら応援に行けたんですけどねぇ。
まだ、競馬場では見ていないので、チャンスがあれば行ってみたいです。

さて、レースはホームページの動画を見ながらの振り返りです。
スタートは上々。さらに仕掛けてハナを奪います。
この条件での長距離戦ですから、ゆったりした流れに。
基本的にはマイペースでレースを進めます。
絶好の展開と言っていいでしょう。
ただ、3角あたりで早めに競りかけられたのが唯一の誤算といいでしょう。
そこは譲らずハナを保ち、直線での競り合いになります。
残り200m辺りで一瞬突き放したときは勝ったかと思いました。
ただ、競りかけられた分、最後は少しだけ止まってしまいました。
ちょっとだけ交わされ、結局3着でのゴールとなりました。

6番人気で3着なら、上々の結果と言わなければならないのかもしれません。
ただ、絶好の展開だっただけに、取りこぼしたという印象が強いです。
まぁ、こういう競馬ができるのであれば、いつかは順番が回ってくるでしょう。
これくらいの距離の方が紛れがなくて、チャンスは多そうです。
さて、レース後の近況では次走は明言していませんでした。
中1週で同条件のレースがありますので、そのレースを使えれば使いたいのでしょうか。
普通に考えれば、中3週で中山芝2,200m戦がありますね。
どちらにしろ、私は仕事です。
応援に行ける機会があるといいですね。



ウインカートゥーン、上々のデビュー
本日の中京5R新馬戦芝2,000mでウインカートゥーンがデビューしました。
これで3歳の出資馬が全馬デビューしたことになります。
直前の調教では大きく遅れてしまいましたが、相手は昨日の新馬を圧勝してます。
相手が悪かっただけで、時計としては悪くないと感じていました。
ただ、フルゲート16頭と多頭数なのは厳しい条件です。
また、相手関係も裏開催の新馬戦にしてはメンバーが揃ったという印象を持ちました。
掲示板に乗って目処を立ててくれたら嬉しいな、くらいに考えていました。

さて、レースです。
スタート直後少しフラついたのですが、二の脚は普通。
上手く中段くらいまでは行き脚が付きました。
折り合いはシッカリついて、インコース沿いをピッタリ周ります。
道中は手応えは十分という感じで徐々に位置取りを上げていきます。
内ラチ沿いだったので、包まれることを懸念していました。
それも直線に入るところで上手く外に出すことができました。
ただ、目の前の馬の脚色が十分なのも分かってしまいました。
直線に入ってからはシッカリと末脚を伸ばします。
しかし、先頭との差は詰まりません。
最後は2着かとも思ったのですが、僅かに及ばず3着でのゴールとなりました。

上々のデビューと言っていいでしょう。
相手関係が厳しいと思っていた中で、この好走は自信になります。
勝てそうな目処が立ってホッとしました。
課題はやはり瞬発力でしょうか。
今の中京の馬場はかなり時計が掛かる特殊な馬場のようです。
早い馬場への対応が未知数ではあります。
まぁ、その辺は使い方次第ですね。
あと、もう少しスタートが上手くなると、安定感が増しそうです。
レースぶりからは、さらに距離を伸ばしても良さそうです。
末永く楽しませてくれるような馬になってくれそうと感じました。
次走、できればスパッと勝ちあがってもらいたいですね。
期待したいと思います。


駆け込み出資の2頭目はダイイチビビットの14
駆け込み出資のもう1頭はこの馬になります。

ダイイチビビットの14

ダイイチビビットの14です。
この馬もツアーの時から気になっていた馬です。
ならマイルももらえるし、サッサと出資しておけって話ですよね。
特徴はハッキリしています。
背が高くて枝が長くてそして柔らかく、ものすごくダイナミックな動きをします。
「伸びのあるフットワーク」「ストライドを使った大きな走り」と近況でも言われています。
欠点もハッキリしていて、筋肉量が少なくて非力なところです。
「筋力の弱さも抱えていて」「トモの力不足」と近況でも指摘されています。
牧場で実際に見たときも、フラフラするところがありました。
私は今までこういう馬を好んで出資してきたという自覚があります。
そして、まぁ、失敗したな、ということも自覚しています。
この馬はそれらの馬たちと比較しても非力という以外の部分が際立っています。
厩舎もマイネイディールでお世話になった高木先生で文句なしです。
今までの馬選びの総決算のつもりで出資します。
この馬が走らないなら非力と感じた馬は、他がどんなに良くても出資しないという思いでいます。
いずれにせよ、非力な馬には要注意ということは変わらないのですけれどね。
しっかり鍛錬を積んで、力を付けてもらいたいと思います。



駆け込み出資の1頭目はエクスキューズの14
年始の挨拶に書いていた通り2頭駆け込みで出資をしました。
それらの馬について、書いていきたいと思います。
まず1頭目はこの馬から。

イクスキューズの14

エクスキューズの14です。
まぁ、ツアーのときから気になっていた馬です。
その時点から比較して、特に評価が高くも低くもなってはいないところです。
以前書いた通り、姉が見せた俊敏性に馬格があれば物凄い馬になるのでは、と考えていました。
最後の近況での馬体重は487kg。体高は159cm。
馬格についてはツアー後もしっかり成長し、文句のないところです。
後は俊敏性がどうなるのか、でしょう。
ただ、こればっかりはもうちょっとしてみないと何とも言えないですね。
近況で一貫して言われているのが、「良いスピードを持った馬」ということです。
ただ、抜群というほどの印象は受けませんでした。
大口の出資も検討したいと考えていたのですが、そこまでは至らなかったです。
それでも、いいところはあるのかな、と感じてはいます。
大口出資しなかったことを後悔させるような走りを期待したいものです。




やっぱり長い距離!
本日の中山最終レース1000万下条件芝2,200mにウインオリアートが出走しました。
先週除外されてのスライド出走になります。
実は先週除外されたとき、良しっ!と思ってしまいました。
予定通りのレースに出走できなかったわけで、普通に考えれば、マイナスです。
ただスライドの選択肢として、この距離を使ってくるのは予想していました。
距離を伸ばしてほしいと主張してきたので嬉しいですね。
今回の結果によっては、さらに長い距離も使ってくれるかもしれません。
そういう意味で今回の走りに大きな期待をしていました。
さて、今日も仕事でレースは見れず。
仕事終わってからの動画を楽しみにしていました。

レースです。
スタートは結構気合を入れて前目に付けます。
枠順的に包まれないといいな、と心配はしていました。
随分と縦長な展開になり、その心配は杞憂でした。
前の集団と後ろの集団で別のレースをしている感じになります。
位置取りとしては前の集団の最後方といったところ。
ペースはかなり落ち着き、前の集団でなきゃレースにならない展開に。
3角辺りから手応えよく位置取りを上げて行く姿を見て勝ち負けを確信しました。
直線でも一番手応えよく、勝ったな、とちょっと思っていました。
ただ、マイネオーラムは粘り強かったです。
結局交わせず2着でのゴールとなりました。

いやぁ、惜しかったですね。
実は馬券、ここは結構自信があったんですよ。
それで勝負と思って、いつもは馬連なのに馬単にしてしまったんですよね。
そういう意味では結構悔しい負けです。
ただ、レース内容としては満足しています。
恵まれた部分もありましたが、長い距離だとこういうこともありますしね。
やっぱり長い距離がいいと改めて確信しました。
次走は普通に考えると2月13日の調布特別牝馬限定の芝1,800m戦でしょうか。
ただ、箱根特別芝2,400mとかも魅力があると考えてしまいます。
まぁ、1週早いし、牡馬との戦いにもなります。
それを差し引いても魅力に思えてしまったりするのは、流石に無理があるかもしれませんね。
次走はともかく、今回のレースで選択肢の幅が広がったことは間違いないです。
今後も期待したいですね!



大敗も内容は悪くなかったです
本年初めての出走はウインティアラです。
本日の中山最終レース500万下条件芝2,200mに出走しました。
残念ながら仕事で生で見ることが出来ません。
この後もいろいろと出資馬の出走が予定されているのですが、ちょっと難しそうです。
まぁ、自分も働かないと出資もできませんからね。

さて、昇級してから安定した成績を残してきたので、今回も期待したいところです。
ただ、今までは牝馬限定戦の裏開催のレースでした。
今回は2場開催で、牡馬とのレースになります。
正直なところ、流石に相手関係が厳しいかな、と考えていました。
何とか、健闘してくれると嬉しいな、くらいに考えていました。

さて、レースは結果ではなく、まずビデオから見ます。
少しでもドキドキしながら、生に近い環境で見たいですからね。
スタートは普通ですが、ガンガン気合をつけていきます。
外枠ですから思い切って行きたかったのでしょう。
ただ、それなりに前には行けたものの先頭には立てず。
結構前に行く馬も多く、3番手グループの外目といったところ。
不利は受けないものも、結構距離ロスが大きい位置取りです。
道中もそのまま外で、目一杯長い距離を走ります。
それでもコーナリングでは手応えよく上がっていくのに驚きました。
このまま、勝ったら上のクラスでも通用するんじゃね、なんてことを考えてしまいました。
ただ、そんなに甘くはありません。
直線ではこれまでの大きなロスのツケが出てしまいました。
また、坂も厳しかったようです。
結局14着でのゴールとなりました。

一見すると大敗という結果ですが、内容は悪くなかったと思います。
勝った馬は後ろでノンビリしていた馬ですので、ペースも厳しかったのでしょう。
そんな中、あれだけ距離ロスがあっては最後まで持たなくても仕方ないです。
見せ場を作れたところに力があることを感じました。
展開と相手関係次第では十分にやれると思います。
近況を見ると小倉や福島の牝馬限定を狙っていくようです。
ここなら安定して走れるでしょうし、展開次第では勝ち負けもあるでしょう。
次、期待したいと思います。



あけましておめでとう!今年の出資馬たちへの期待2016
あけましておめでとうございます。
今年が皆様にとって、そして出資馬たちにとって良い1年でありますように。
まずは例年通り、今年の顔を決める正月記念の写真から。

2016新年

今年はウインティアラにしてみました。
一昨年はマイネルメリエンダ、昨年はウインオリアートを正月の顔としました。
そして、期待に違わぬ安定したいい成績を残してくれました。
続いて欲しいな、という思いと、縁起担ぎの意味を込めて、今年の顔としてみました。
まだ、実績は十分ではありませんが、成長が見込める馬です。
上記2頭とも合わせて期待してみたいと思います。

それでは、今年の各馬の目標を書いていきたいと思います。

○マイネルメリエンダ
昨年は堅実でしたが、結局勝てませんでした。
今年は勝ちたい、と言いたいところではあります。
ただ、安定して走り続けてくれることの方が、より大事かなと思います。
目標は「8戦出走」としたいと思います。
去年と同じ、ですね。
無理なく走り続けてくれれば、いずれ結果は出せると思っています。
無事走り続けてくれることが一番の望みです。

○ウインオリアート
今年も安定した走りが期待できるところです。
ただ、実質的に今年がラストイヤーになるのですよね。
なんか、早いなぁと感じてしまいます。
また、もう少し長い距離を試してもらえないものかな、とも感じています。
エリザベス女王杯が最終目標になるのでは、ということは去年も言ってきたことです。
目標ですが、「9戦出走」としたいと思います。
これも去年と同じです。
この馬も走り続けてくれれば、それなりに結果を出してくれると思いますよ。

○ウインティアラ
昨年500万下条件に目処を立てたウインティアラ。
まだまだ小さい馬で更なる成長を期待したいところです。
目標は「9戦出走」としたいと思います。
去年よりは2戦少なくなりますが、去年は背水の陣で連闘とかもしましたからね。
500万下条件ですから、無理なく走ってもらいたいです。
数字の根拠は去年のウインオリアートです。
昨年のウインオリアート同様に着実な成長を見せてもらいたいものです。

○マイネルサングリア
○ウインカートゥーン
○ウインヴォラーレ
うーん、多いなぁ…。
例年言っていることですが、未勝利の3歳馬の目標はただ一つ。
「勝ち上がること」ですね。
マイネルサングリアは休養に入り、立て直りを図ります。
判断は妥当だと思いますし、有難いこととも思います。
高馬ですので、アッサリ引退されても困りますのでね。
ベストを尽くしてもらいたいと思います、
ウインカートゥーンは間もなくデビューです。
鉾田では古馬相手に頑張っていたし、そこそこやれるのではと期待します。
こちらはダート向きでしょうか。
頑張ってもらいたいですね。
ウインヴォラーレは、3歳馬の中で現状一番期待できそうです。
とはいえ、ハイレベルのレースではまだまだ厳しい気がします。
上手く相手関係を見極めてしっかり勝ち上がってもらいたいところです。
3頭ともステイゴールド産駒ですので、成長力はあると思います。
それを活かすためにも、1勝上げることが大切です。
1頭でも多く勝ちあがってもらえたらと思います。

○2歳馬
今年の2歳出資馬は今のところマイネランデブーの14の1頭だけ。
まぁ、実際のところほとんど心の中で出資を決めている馬が2頭います。
年末に申し込もうかと思ったのですが、ここまで待ちましたからね。
満口になりそうにないし、1月の近況更新まで待ってもいいのかなと考えなおしました。
ただ、近況でよほどのアクシデントでもない限り変わらないでしょう。
おそらく2歳馬3頭体制になると考えています。
まぁ、2次募集はほとんど見ていないし、他に出資は無いかなぁ。
目標としては昨年と同様「全馬デビュー」「2勝」としたいと思います。
去年の目標と同じですが、今年こそ達成してもらえたらと思います。

○全体
全体としての目標ですが、頭数的にも昨年以上は期待したいところです。
レース数は「40戦」。勝ち鞍の目標は「5勝」としておきましょうか。
結構厳しめだと思いますが、無事に走り続けてくれば可能な目標だと思います。
あとは、もう一つ、「G1出走」を目標としたいです。
ちょっと最近遠ざかってますからね。
一番近いのはマイネルメリエンダですが、ウインオリアートも結構近いところにいます。
ウインティアラの成長によっては、可能性がなくもありません。
適性的にも春というよりは秋の方に期待したいですね。

それでは、今年1年よろしくお願いします!