FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ブロッシェ入厩
本日のダービーはマカヒキが勝ちました。
本当に上位3頭の実力が拮抗していて、展開次第では着順が変わるような関係だったと思います。
そんな中で川田騎手が一番上手く乗ったということです。
見応えのあるレースでしたね。
さてダービーが終わると始まるのが2歳戦です。
来年のダービーを走る馬がどんどんデビューしてきます。
楽しみですね。

さて、私の出資2歳馬たちの中では、既にブロッシェが入厩し、デビューに備えています。
ゲート試験には既に合格済で、6月中下旬のデビューを目指しているようです。
美浦に入厩したからには府中開催を使ってくるのでしょうか。
牝馬限定戦なら再来週6月12日の芝1,600m戦となります。
これから時計を出していくという段階ですので、ちょっとキツイですかね。
翌週の6月18日には、ダート1,400m戦があります。
ダートというならこちらでしょうか。
競馬週刊誌によると函館目標という話もあるようです。
6月25日に牝馬限定の芝1,200m戦と、ダート1,000m戦があります。
ツアーの週ですし、間隔的にもいい感じですが、美浦に来ているのに、と思うのですが、どうでしょう。

どのレースに出てくるにせよ楽しみですね。
無事にデビューを迎えてくれることを望みます。




スポンサーサイト



マイネルサングリア、引退
先日は、「まぁ、そういうこと」と書きましたことです。
予想通りマイネルサングリアの引退が発表されました。

鼻出血で1ヶ月の出走停止処分が下されたこと。
デビューから芝、ダートいずれでも苦戦が強いられていること。
次走を目指すには立て直しの必要があり、出走機会も限られる可能性が高い状況であること。
以上が引退の理由です。
まぁ、状況的に納得せざるを得ないですよね。

こうなった一番の要因はノド鳴りということになるかと思います。
牧場時代からも、行きっぷりはいいけど追ってからイマイチと言われ続けてきました。
レースでも一貫して直線での伸びがありませんでした。
やはりノドが苦しくなってくるんでしょうね。
引退レースでも凄くいい感じで先行できていました。
ノドさえ無事なら、もしかしたら力があったかもしれないとも考えてしまいます。

もちろん、ノド鳴りも含めて能力ということだとは思います。
この辺を見極めることができないものかは、考えていきたいと思います。
ただ、こういう馬はノド鳴りになりやすいとかは全然聞いたことないんですよね。
知っている方がいたら教えてほしいものです。


まぁ、そういうことです
本日の新潟5R未勝利戦芝1,800mにマイネルサングリアが出走しました。
レース前から厳しいとは思っていました。
好走するパターンが全く見えません。
せめて雨でも降ってくれれば、とは考えていました。
そうすれば、もしかしたらノドにいいかも、と期待するのですが、それもありません。
とにかく、何とかなってほしいと祈るしかない、そんな状況でした。

レースです。
スタートは良し、無理をせずに好位に付けることができました。
道中も全く無理をせずに流れに乗っている様子。
4コーナーまでは全く問題ないレースぶり。
ただ、問題は直線です。
楽しているように見えて、追われてから全く伸びません。
新潟の直線は長いです。
ズルズル後退し、最後方でのゴールとなりました。

レース後に鼻出血が判明しているとのことです。
ただ、それが無かったらいい結果を残せたと思えるほど楽天的でもありません。
タイムオーバーにもなり、いずれにせよ1ヶ月の出走停止処分になるようです。
今後について関係者と協議していく、ということはまぁそういうことなんでしょうね。
どんな判断でも受け入れたいと思います。


いい競馬とは言えない
本日の京都5R未勝利戦芝2,400mにウインカートゥーンが出走しました。
新馬戦で好走したもののその後結果が出ておりません。
ただ、稽古の時計を見る限り、能力がないとは思えません。
どうも、上手くレース流れに乗れていないと感じています。
そういう意味で少頭数なのはいいことです。
今の京都の馬場は前に行った方そして内を突いた方が、圧倒的に有利な馬場です。
その辺を踏まえてレースをしてもらえれば、いい結果がでると考えていました。

レースです。
この馬としてはスタートは良かったです。
ただ外の馬が押していったので、それを行かせたら中団くらいまで下がる形に。
まぁ、それでも折り合いはついていた感じですが、内には入れず、ずっと外を周らされます。
3角4角中間の辺りで、後ろの馬が捲ってきたのに煽られて、ちょっと仕掛けが早かったです。
それでも直線では余裕があった感じですが、他の馬も余裕がありました。
前の馬とは同じような脚色に、内で我慢していた馬には伸び負けてしまいました。
ギリギリ掲示板確保の5着という結果でした。

酷い競馬ではないですが、いい競馬とは言えません。
先着した馬はすべてインを周っていた馬ですからねぇ。
内に入る機会は無かった感じですし、仕方ないですかね。
ただ、京都の馬場はどうも合わない感じはあります。
ジリッぽいところがありますし、もっと時計が掛かる馬場の方がいいと思います。
ダートを試すとかしてもいいと思うのですが、引き続き芝の長距離を使っていくみたいです。
何とか勝ちあがってほしいのですが、少しづつ未勝利戦の時間も少なくなってきました。
力量的にはノーチャンスとは思いませんが、いろいろと恵まれる必要があります。
なんとか、恵まれてもらいたいものです。



流れを取り戻しましたね
本日の新潟最終R石打特別牝馬限定戦芝2000mにウインティアラが出走しました。
あまり人気はありませんが、前走で人気の馬と差が無い競馬をしています。
乗り方一つでどうにでもなる相手関係だと考えていました。
ただ、その乗り方というのがどうも最近恵まれていません。
上手く乗ってもらいたいと思いながらレースを迎えました。

スタートは久々に上手く出た感じ。
仕掛ければ前に行けたかもしれませんが、無理はしません。
位置取りとしては真ん中ということになります。
ペースは落ち着いて、いい位置取りという感じではありません。
ただ、道中は折り合って、気分良く走っているように見えました。
コーナリングから直線に入ってスムーズに前が空いたわけではありません。
それでも新潟は直線が長いです。
馬場が内が荒れてきたのもあり、横に大きく広がったのも幸いしました。
ジリジリ最後まで伸び切ってくれました。
直線での瞬発力比べは得意とするところではありません。
より切れる馬に負け3着でのゴールとなりました。

ラスト3ハロンは33.6と随分速い上がりを使ってくれました。
今日のところはこれが限界って感じですかね。
人気は無かったですが、これくらいは走ってくれる馬ですよ。
けして恵まれたわけではなくて、普通に走ってくれました。
ただ、勝つには色々と恵まれる必要があると思います。
今回がその順番では無かったというだけです。
今年初めは酷い結果が続きましたが、完全に流れを取り戻した感じです。
引き続き頑張ってもらいたいと思います。