FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
サッパリでした
本日の札幌メイン2016WASJ第2戦芝2,000mにウインオリアートが出走しました。
リフレッシュ休養を挟み、久々の復帰戦となります。
規約上は来年早々には引退ということになり、恐らくラストシーズンということになります。
馬体重が20㎏以上増えているという話で、ステイゴールドの成長力を感じていました。
一味違った競馬を見せてくれそうな予感がありました。
先行してロスのない競馬をしてくれれば、それなりの結果は出せるものと考えていました。

さて、レースですが、スタートはいいとは言えませんが、ダッシュはつきました。
予定通り先行して3番手に付けます。
道中はスムーズで問題なく見えました。
ただ、3角辺りから追い始めても全く反応がありません。
後はもうだめでしたね。
直線でもズルズル後退し、追うのを止めていたようです。
結局13着でのゴールとなりました。

うーん、サッパリでした。
概ね理想的なレース内容だったと思いますが、状態自体が今一歩だったのですかね。
言われていたほど馬体重も全然増えていなかったです。
輸送の影響があり、それがレースにも響いたというのが公式HPの見解です。
まぁそうなんでしょうね。
ただ、輸送に弱いということは解消されてきたと思っていただけに残念です。
この後続戦するということですが、馬体重は維持できるのでしょうか。
それでも、引退が迫っている以上、レースで結果を出していかなければならないところです。
なんとか、変わって欲しいものです。



スポンサーサイト



ラストチャンスをしっかりつかんだ!
本日の門別競馬第8Rプレセペ特別ダート1,800mにウインカートゥーンが出走しました。
門別競馬場は行ったことがないので一度行く機会があればとは思いますが、遠いですからね。
インターネットライブ中継を見ながらの応援となりました。
相手関係はまぁこの時期の未勝利の交流戦です。
何とかしなければいけないメンバーでしょう。
一番気になったのは枠順です。2枠2番と内枠なのがどうでるのか。
上手くいけば理想的なレースが出来る可能性はあります。
一方で、出遅れて包まれてしまえば目も当てられない結果になるかもしれません。
スタートが非常に重要になると感じていました。
今回のレースは近況でも最後のチャンスと書かれているところです。
なんとか勝利をつかんで欲しいと願いながらレースを迎えました。

レースです。
スタートはちょっと怪しかったのですが、なんとかダッシュを決めて先手を奪います。
よし!
逃げになりましたが、マイペースで楽という感じにはなりません。
内と外から、中央馬2頭が迫ってきて、ペースが上がります。
結局地力で2頭を競りつぶすような流れになりました。
そういう流れですので、後ろで控えていた地元馬が迫ってきます。
4コーナーではかなり接近した感じになり、正直ヤバいと思いました。
ただ、相手も苦しかったのでしょう。直線では外にフラりと寄れます。
こちらは真っ直ぐ走り、その分リードが保てました。
必死に粘り半馬身振り切ったところがゴールでした。

いやぁ、ホッとしました。
勝てる能力を持ちながらも結局勝ち切れなかった馬たちを多数みてきました。
この馬はラストチャンスをしっかりつかむことができましたね。
これでこの馬は走り続けることができることになります。
まずは勝てる相手関係を求めて北海道まで移動したレース選択が見事でした。
レースでも心配されたスタートを決めて枠順の利を活かすことができました。
本当に見事な勝利だったと思います。

さて、今後ですが、未勝利はかなりギリギリで勝ちあがった馬です。
500万下条件では厳しい戦いが想定されます。
ただ、この馬はステイゴールド産駒です。
古馬になってからもまだまだ成長する馬だと思っています。
まずは新条件で目処を立ててもらいたいですね。
そして、丈夫に末永く走り続けてもらえたらと思います。



自分のレースが出来なかったから仕方ないです
本日の札幌メインレース札幌日刊スポーツ杯芝2,600mにウインヴォラーレが出走しました。
前走で2勝目をあげ、ここが昇級戦となります。
メインレースに出走というのは気持ちがいいものですね。
前走と同じ舞台で連勝の積み上げを狙います。
逃げ馬なので気になったのが同型の動向です。
前走は明らかに単騎逃げが想定されましたが、今回は違います。
また、今回は大外枠を引き、簡単に逃げれそうにない感じです。
無理して逃げることにはならないかな、と考えていました。
人気は前走よりもありましたが、そんなに自信は持てなかったですね。
いい勝負になってくれたらいいな、というくらいの気持ちでレースを迎えました。

スタートは悪くなかったと思います。
案の定、内枠の馬が主張し、逃げることが出来ません。
それでも逃げ馬の斜め後方、外側の2番手につけます。
微妙にコースロスがある位置取りですが悪くは無かったと思います。
出入りがあったわけでなく、この馬のペースで運んでいるようにも見えました。
ただ、結果的には余裕がある流れではなかったのでしょうね。
勝ち馬が捲ってきたときに抵抗することが出来ませんでした。
直線でも思うように粘れず7着に敗れました。

まぁ逃げ馬ですからこういう結果がある時もあります。
枠順見たときにあまりいい感じはしていませんでした。
いい結果とは流石に言えないとは思います。
それでもこのクラスでやれなくはないと思いました。
自分のレースが出来なかったにも関わらず、なんとか真ん中くらいには収まりました。
逃げ馬は恵まれる機会も多いですからね。
その辺に期待したいと思います。
この後は一旦放牧に出るようですが、すぐに入厩するプランもあるみたいです。
セントライト記念という話はちょっと厳しいのかなぁ。
今回の結果を受けても、やはり出てくれると嬉しいですね。
どこを選んでくるのか、楽しみにしたいと思います。


ここまで負けるとは
本日の新潟9R糸魚川特別500万下条件芝2,000mにウインティアラが出走しました。
中1週で使ってきましたが、前走とはあまり変わらない条件を使ってきました。
前走が好走なら納得なのですが、イマイチな結果でした。
ちょっとアレっという感じです。
牝馬限定戦やもっと長い距離を使っていきたいところです。
無理して使うようなレースでも無いように感じていました。

さて、レースですが、スタートは抜群でした。
おそらく差しの指示が出ているとは思います。
全く無理をしないで、4番手に付けます。
道中は本当に自分のペースで走れたと思います。
距離ロスもインベタほどではないですが、それほどなく進めることができました。
これなら直線でも力を出せるのではないか、と思っていました。
ところが、その直線ではピリッとしません。
切れるというようなところはなく、結局ズルズル下がり始めます。
最終的には12着、殿に敗れました。

うーん、酷い結果でした。
レース自体は上手く運べていたように思います。
ここまで負けるような内容では無いはずなんですけどねぇ。
精神的な部分なんでしょうか。
とりあえず1回放牧してリセットするようです。
その方がいいでしょうね。
復帰の時には自分の走りを取り戻してもらいたいと思います。



夢が広がる1勝です!
本日の札幌9R500万下条件芝2,600mにウインヴォラーレが出走しました。
勝ち上がってから休養に入り、5か月ぶりの復帰戦になります。
この間、休養で体を増やし、そして格上相手に鍛えて貰っていました。
新聞を見るかぎり人気はありませんでしたが、未知数な部分は多いです。
どこまでやれるのか楽しみにしていました。
相手関係を見ると結構楽に逃げられる可能性が高いメンバーです。
力は出し切れるのではないかと期待していました。

さて、レースですが、スタートは良かったです。
これなら楽に逃げられるかと思ったら、ウインレーベンが競りかけてきます。
まさかの同馬主での競り合いになり、ちょっと唖然としました。
枠順の利もあり最終的にはハナを切りますが、ちょっとロス。
ただ、隊列が決まってからは、ウインレーベンが丁度抑えになるような形になります。
おかげで、道中は楽にレースを進めることができました。
3コーナー辺りからペースを上げる自分の形に持ち込めます。
直線向いた時の後続馬の手応えを見て、あ、これはイケたな、と思いました。
見えないところから飛んでくる馬がいないかと注意を払いましたが、特にいないようです。
1馬身半、差をつけて楽に逃げ切りました。

馬体重はプラス24㎏でしたが、想定どおりで成長分が多いかと思います。
休養がいい方向に出たようで嬉しいですね。
展開的に恵まれた部分があったことは確かです。
それでもこの1勝は大きく夢が広がる勝利ですね。
今後ですが、中1週で札幌日刊スポーツ杯に向かう予定とのこと。
1000万下条件で、札幌芝2,600mはそこしかないです。
中1週でも滞在競馬ですから何とかなると思います。
そして、その次はセントライト記念で菊を目指すということになるでしょう。
いやぁ、本当にワクワクしてきますね!
楽しみです。