FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインイクシード、上々のデビュー
本日の東京5R新馬戦芝1,800mでウインイクシードがデビューしました。
競馬場でライブでの観戦は久々になります。
なんと今年初めての競馬場になるんですよね。
なかなか運悪く応援に行けない馬もいるのですが、巡り合わせの良さに感謝します。
さて、ウインイクシードですが、今年の夏にはデビュー間近までいきました。
ただ、どうも本調子にないということで一度仕切り直しということになりました。
ところが、仕切り直した後もあまり景気のいい話は出てきません。
最終追い切りではまずまずの時計を出し、取りあえず整ったかな、とは感じました。
それでも、春先にPOG本に取り上げられていたころと比べるとトーンダウンした感じは否めません。
新聞の印もなんか薄い感じでどこまでやれるのか、と少し不安な気分で競馬場に向かいました。

ウインイクシード、パドック

パドックの写真です。
印象は・・・なんか目立たない感じの馬だな、と思ってしまいました。
基本的に大人しくて、厩務員さんに負担をかける馬ではないようです。
歩き方も、他の馬がパッカパッカと元気よく歩いているのと比較すると静かです。
480㎏と立派な馬体のわりには小さく見える感じがありました。
正直自信は持てなかったです。

ウインイクシード、返し馬

返し馬での様子です。
本馬場入りしてしばらくは誘導馬の後ろをついていきました。
他の馬が走りだしたときに、付いていこうとグッと力を入れる姿勢をみせました。
それでも鞍上が抑えるとジッと我慢しました。
これを見て、走るぞ、という気持ちをシッカリ持っているということが分かりました。
そして鞍上の指示にもきちんと従うという素直さも持っていることが分かりました。
パドックでは少し気持ちが落ち込んでいたところです。
でも、この返し馬の様子を見て、悪くないと思えるようになりました。

さて、レースです。
スタートはまずまずでしたが、もっといい馬はいました。
控えめな感じでいったら、続々と前に馬が入ってきて結局真ん中あたりの位置取りになります。
ペースはスローに流れましたが、インコースでじっと我慢。
距離ロスは少なくレースを進めることができました。
ただ、どうしても直線での仕掛けは遅れ気味になった感じです。
それでもいい感じで伸びようとしたのですが、ここで前の馬がフラフラ。
内から交わそうとしたら内にもたれて、外に切りかえしたらまた外にフラフラ。
最終的にまた内に寄ったところで、外から交わしますが、結構なロスです。
完全に遅れましたが、そのあとはシッカリと伸びます。

ウインイクシード、直線

4着まで押し上げたところがゴールでした。

デビュー戦はどのくらい走るか、本当に検討がつかないんですよね。
このくらい走ってくれればホッとします。
大きな不利があって、この着順なら上々でしょう。
状態面の上積みも見込めそうですし、勝ちあがるのは時間の問題じゃないでしょうか。
次走に期待したいと思います。


スポンサーサイト