FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今年1年の出資馬たちを振り返る2016
2016年も残すところ後1日となりました。
皆様、お元気にお過ごしでしょうか。
私はまぁぼちぼちです。
やはり昔よりはものを書くことが億劫になってきたな、とは感じているところです。
もう少し記事を書けたらと思うのですが、なかなか筆が進まないです。
さて、今年も例年通り、今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
そして、今年の当初に掲げたそれぞれの馬たちへの目標も再掲しておきます。
「・」の後に斜体で書かれているのがそれです。
それでは、年上の方から順に書いていきます。

○マイネルメリエンダ・・・(0,1,0,1)
・8戦出走
今年一番誤算だったのはこの馬ですかね。
まさか2戦しか走れないとは想像できませんでした。
走ったレースは安定してくれました。
目標達成してくれれば、それなりに走れたとは思うのですけどね。
無事に走り続けることの大切さを感じます。

○ウインオリアート・・・(1,1,0,5)
・9戦出走
目標にちょっと足りなかったですね。
1勝上げて準オープン入りしましたし、頑張ってくれたとは思います。
ただ準オープンに入ってからは結果が出せていません。
大きな能力差は感じなかったので、もう少しやれるとは思っています。
だから満足というには、やはりもうちょっとという感じはありました。

○ウインティアラ・・・(0,0,1,8)
・9戦出走
目標は達成しました。
一方で掲示板に載ったのは1回だけというのは物足りないです。
数を走ってくれればそのうちに成長してくれると期待していました。
ただ、相変わらず小さいですし、大きな成長は見込めないのですかね。
まぁ、安定して走り続けてもらえたらと思います。

○マイネルサングリア・・・(0,0,0,2)
○ウインカートゥーン・・・(1,1,1,6)
○ウインヴォラーレ・・・(2,1,1,5)
・勝ちあがること
昨年は誤算と書いた3歳勢ですが、今年は頑張ってくれました。
全部で20戦3勝は立派だと思いますよ。
ウインヴォラーレは9戦2勝と本当に頑張ってくれました。
1000万条件まであがり、そこでも目処をつけています。
年末のレースもなかなか良かったです。
これからの成長も期待できそうで楽しみです。
ウインカートゥーンもとにかく勝ちあがれたのは大きいです。
勝ち上がれるかどうかギリギリのラインでしたが頑張ってくれました。
成長力に定評のあるステイゴールド産駒です。
こちらも今後の成長に期待したいですね。
マイネルサングリアは残念でした。
ノド鳴りになってしまうと、ほんと何ともならないですね。
いい馬体をしていると思っていたのですが、本当に馬見は難しいです。

○ブロッシェ・・・(0,0,0,2)
○ウインイクシード・・・(0,0,1,1)
○ウインクリムゾン・・・(0,0,0,0)
・全馬デビュー
・2勝

昨年の2歳勢は誤算と書きましたが、同程度の成績ですね。
まずウインクリムゾンがデビューできず、全馬デビューの目標が達成できませんでした。
2勝の目標については遥か彼方でした。
ウインイクシードについてはそこそこの走りを見せています。
成長も見込めそうですし、このままいけばチャンスはあると思います。
ブロッシェはサッパリなレースぶりで、その後骨折休養に入りました。
いい動きをしていたはずなので、復帰後に期待したいです。
ウインクリムゾンはまもなくデビューできそうです。
ゲートで時間が掛かりましたが、いいところはあると思っています。
なんとか頑張ってもらいたいです。
とまぁ、実はこれはかなりの割合で去年のコピペです。
昨年の2歳勢は今年に入ってから頑張ってくれました。
来年も同様に頑張ってくれることを期待したいと思います。

○全馬・・・(4,4,4,30)
・40戦
・5勝
・G1出走

まず、レース数ですが、42戦と見事に目標達成。
概ね順調に、そして安定して走ってくれたのが理由でしょう。
引退馬も1頭だけだったのが一番大きかったと思います。
勝ち鞍は4勝と目標達成できなかったですが、かなり高いハードルでした。
頑張ってくれたという思いの方が強いです。
あとはG1出走もなりませんでした。
当初の期待はマイネルメリエンダ、ウインオリアートでした。
ただ、実はウインヴォラーレが一番近かったのかもしれません。
4着だった九十九里特別を勝っていれば菊出走はあったでしょう。
現に2着のコスモジャーベが出走していたわけで・・・。
目標達成は少なかったですが、結構頑張ってくれたと感じています。
来年もこの調子で行ってもらいたいですね。
それでは皆さん、良いお年を!



スポンサーサイト



気持ちのいいレースぶり
今年最後の出資馬の出走はウインヴォラーレです。
今年2勝と一番頑張ってくれた馬ですので、最後を飾るのに相応しいですかね。
中山7Rグッドラックハンデキャップ1000万下条件芝2,500mに出走しました。

今日は中山競馬場まで応援に行ってきました。
G1の日は混雑するので競馬場に行きたくないんですよね。
正直一度でも応援に行けてたら行かなかったと思います。
ところが本当に巡り合わせが悪くて、応援に行けていませんでした。
今回のチャンスを逃すと、次にいつ応援の機会があるのかは分かりません。
そう思いまして、人込みの中を掻き分け応援に行ってきました。

まずは、レース前に考えていたことです、
相手関係ですが、展開ひとつで紙一重のメンバーだと思っていました。
6番枠は好枠と言っていいでしょう。
軽ハンデでもあり、人気はありませんでしたが、好走も十分あると考えていました。
今回は逃げに拘らず番手のレースも考えているとのこと。
どんなレースをしてくれるのか楽しみにしていました。

さて、初めてパドックでの様子を伺うことになります。

ウインヴォラーレ、パドック

少しチャカチャカするところはありましたが、それほど酷いものではありません。
柔らかな動きを見せ、いかにも私好みの馬だな、と感じました。
背が高い割には細いな、とも思いました。
まだまだ成長途上ということが伺えるところです。

そして、返し馬の様子ですが・・・

ウインヴォラーレ、返し馬

え、そっちいっちゃうの?という感じです。
てっきり直線の前を通って2,500mのスタートの方に行くと思い込んでいました。
先に馬場入りした方なのですが、結構他の馬も向こう正面を通ってスタートに向かいます。
そういうもんなんですね・・・、知らなかったです。

さて、レースですが、スタートは絶好、ガンガン仕掛けていきます。
あれれ?番手という作戦だったのではないの?と戸惑いました。
私の戸惑いを他所に、馬はどんどん先行します。
2番手を引き離し、大逃げ気味の態勢になります。

ウインヴォラーレ、1周目

ペースは若干早いかな、と思いましたが、馬は凄く気分良さそうに走っているように見えました。
外連味のない逃げに、スタンドから歓声があがります。
向こう正面に入るとペースを落としますが、他馬との差が詰まってきます。
ペースを落としても差が変わらなければ絶好なのですが、あまり幻惑されてはいないようです。
結局は直線での真向勝負の追い比べとなります。

ウインヴォラーレ、直線

全体的には早いペースでスタミナ比べに持ち込みますが、早めに捉えられては厳しいです。
それでもよく粘り腰を見せました。
大きくバテることはなく4着でのゴールとなりました。

番手のレースを近況では示唆されていましたが、好枠だったので思い切ったレースをしましたね。
気持ちのいいレースぶりで、見ていて清々しい思いになりました。
後の有馬記念よりも早いラップを刻んだということは自信になると思います。
結果はともかく、いいレースだったことは間違いないところです。
血統的にも、まだまだこれからの馬で、もう一つ二つ伸びしろがある馬と考えていました。
初めて競馬場で見て、改めてそのことが確信させられました。
そのことが感じられただけでも、今回競馬場にいった価値があると思いました。
この馬には息の長い活躍をしてもらいたいです。
そして、徐々にその才能を開花させてもらえたらと思います。



もう1年やらせてもらいたい
本日の中山メインレースグレイトフルS1600万下条件芝2,500mにウインオリアートが出走しました。
準オープン入りしてからは掲示板に乗れないレースが続いています。
それほど大きな差がついているわけではありませんが、結果は出ていないところです。
今回は8頭と少頭数のレースとなりました。
そして何より待ちに待った長距離戦でもあります。
相手関係はけして楽とは思えません。
それでも、そろそろ結果を出せるのではと期待しつつレースを迎えました。

レースですが、スタートは良かったと思います。
そのままハナを奪うかと思いましたが、他の馬が競りかけてきて2番手に付けます。
ペースはグッと落ちて掛かり気味になるような展開。
このままいけば楽な展開なのですが、そうは上手くいきません。
1頭外から捲っていきますが、ここは無視していかせます。
結果的にゴチャゴチャしたところに閉じ込められる感じになりましたかね。
直線に入ってからの追い比べになりますが、バテてる感じではなかったです。
ただ、他の馬より斬れる感じがなかったです。
結局7着でのゴールとなりました。

うーん、結構今回は期待していたのですが、結果は出せませんでした。
ちょっとゴチャゴチャした展開になりましたかね。
メンバー的にはすんなりした流れになりそうかと思っていたのですが、上手くいかないものです。
規約によるともう間もなく引退が迫っております。
結果を見ると厳しいようですが、そんなに差はないとも思うのです。
クラブHPの競馬場速報で、まだ成長を遂げている印象すら受ける、と言われたのは救いです。
出来れば、もう1年やらせてもらいたいというのが、正直な気持ちです。
なんとか、頑張る機会を与えてもらえたらと思います。



力は出し切れた
本日の中山4R未勝利戦芝2,000mにウインイクシードが出走しました。
デビュー戦は不利を受けながらも4着と頑張りました。
ある程度やれるということは分かりましたが、力は出し切れませんでした。
全力を出し切ってどの程度の競馬ができるのかを見たいと思っていました。
今回は枠順も外目となりました。
多少距離ロスがあっても、不利を受けることがないようなレースを期待していました。

さて、そのレースですが、スタートはけして良くなかったと思います。
ただ、二の脚がついて、好位につけることができました。
道中は3番手の外目といったところ。
レース前に考えていたとおり、いやそれ以上のレース振りです。
行きっぷりも良くて、掛かっているかとも思えるくらいです。
4コーナーで先頭に並びかけたときは勝ってしまうのではと思ったほどです。
ただ、直線での追い比べは物足りなかったです。
前へ行く馬を捉えきれず、逆に突き放されます。
外から勝ち馬が来たときは手応えが違いました。
それでも、よく頑張って3着でゴールしました。

レース前に期待していた通りの競馬でした。
負けたのは力通りということですね。
現時点では力不足ということは否定はしません。
一方でいい競馬をしてくれたとも思っています。
あの二の脚があれば、安定したレースをしてくれると感じました。
クラシックどうこうを言うのは厳しいと思いますが、今後も楽しめると思いました。
まずは一つ勝つことですね。
十分その力はあると思います。
そして長く競馬を使い続ける中で力をつけてもらえたらと思います。



着順ほどは悪くない
昨日の中山最終レース1000万下条件芝2,500mにウインヴォラーレが出走しました。
レース後の感想はなるべく当日にアップしようと思ってはいます。
ただ、昨日は仕事の後いろいろと用もあって、ちょっと無理でした。
当然応援にも行けていません。
ウインヴォラーレの応援にはいつになったらいけるのでしょうか。

さて、まずはレース前に考えていたことを書きます。
まず枠順をみてガッカリ。
逃げたい馬にとってこの枠はちょっと辛いです。
状態面は正直なんともいえないと思いました。
少なくとも明らかに状態がいいと感じるほどではなかったです。
まぁ、自信を持ってレースを迎えるというわけにはいかなかったです。

レースです。
スタートは悪くなかったと思いますが、枠順がやはり響きます。
結構押して押してハナに立ちます。
ただ、ハナに立ってからは上手くペースを落としました。
同グループの馬が2番手ですから、ペースの上がりようがありません。
団子の展開でどの馬も余力残しです。、
直線に入ってからもハナに行った利を活かし、良く粘ります。
いけるか、と思ったのですが、最後の最後で止まってしまいました。
団子だったこともあり、どっと最後に交わされて7着でのゴールとなります。

着順ほどは悪くない、と思いました。
スローで流れましたが、ペースアップのタイミングちょっと早かったですかね。
結果的には後ろで待機していた馬同士の決着になりました。
単純にラップだけでスローとは判断できないものがあったと思います。
着差はほとんどなかったですから、展開一つだったと思います。
この条件が良かったのか、状態が上がってきたのか。
いずれにせよ、今後に期待できると感じました。

次走ですが近況によると今年の最終週のグッドラックハンデ芝2500mに向かう予定とのこと。
今回の敗戦でハンデが軽くなりそうなのはいいですね。
条件は合うと思いますし、期待は今回よりもしていいかな、と感じています。
後は応援にいけるかなのですが、ようやく休みの日の出走となります。
ただ、有馬記念の日でもあるんですよね。
混雑する競馬場にいくのはちょっとどうなんでしょう。
写真も取りづらいですし、個人的には好きではないのですが。
でも、ようやく巡ってきた機会ですし、ここで行っといた方がいいかもしれないです。
ちょっと考えたいと思います。