FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
気持ちのいいレースぶり
今年最後の出資馬の出走はウインヴォラーレです。
今年2勝と一番頑張ってくれた馬ですので、最後を飾るのに相応しいですかね。
中山7Rグッドラックハンデキャップ1000万下条件芝2,500mに出走しました。

今日は中山競馬場まで応援に行ってきました。
G1の日は混雑するので競馬場に行きたくないんですよね。
正直一度でも応援に行けてたら行かなかったと思います。
ところが本当に巡り合わせが悪くて、応援に行けていませんでした。
今回のチャンスを逃すと、次にいつ応援の機会があるのかは分かりません。
そう思いまして、人込みの中を掻き分け応援に行ってきました。

まずは、レース前に考えていたことです、
相手関係ですが、展開ひとつで紙一重のメンバーだと思っていました。
6番枠は好枠と言っていいでしょう。
軽ハンデでもあり、人気はありませんでしたが、好走も十分あると考えていました。
今回は逃げに拘らず番手のレースも考えているとのこと。
どんなレースをしてくれるのか楽しみにしていました。

さて、初めてパドックでの様子を伺うことになります。

ウインヴォラーレ、パドック

少しチャカチャカするところはありましたが、それほど酷いものではありません。
柔らかな動きを見せ、いかにも私好みの馬だな、と感じました。
背が高い割には細いな、とも思いました。
まだまだ成長途上ということが伺えるところです。

そして、返し馬の様子ですが・・・

ウインヴォラーレ、返し馬

え、そっちいっちゃうの?という感じです。
てっきり直線の前を通って2,500mのスタートの方に行くと思い込んでいました。
先に馬場入りした方なのですが、結構他の馬も向こう正面を通ってスタートに向かいます。
そういうもんなんですね・・・、知らなかったです。

さて、レースですが、スタートは絶好、ガンガン仕掛けていきます。
あれれ?番手という作戦だったのではないの?と戸惑いました。
私の戸惑いを他所に、馬はどんどん先行します。
2番手を引き離し、大逃げ気味の態勢になります。

ウインヴォラーレ、1周目

ペースは若干早いかな、と思いましたが、馬は凄く気分良さそうに走っているように見えました。
外連味のない逃げに、スタンドから歓声があがります。
向こう正面に入るとペースを落としますが、他馬との差が詰まってきます。
ペースを落としても差が変わらなければ絶好なのですが、あまり幻惑されてはいないようです。
結局は直線での真向勝負の追い比べとなります。

ウインヴォラーレ、直線

全体的には早いペースでスタミナ比べに持ち込みますが、早めに捉えられては厳しいです。
それでもよく粘り腰を見せました。
大きくバテることはなく4着でのゴールとなりました。

番手のレースを近況では示唆されていましたが、好枠だったので思い切ったレースをしましたね。
気持ちのいいレースぶりで、見ていて清々しい思いになりました。
後の有馬記念よりも早いラップを刻んだということは自信になると思います。
結果はともかく、いいレースだったことは間違いないところです。
血統的にも、まだまだこれからの馬で、もう一つ二つ伸びしろがある馬と考えていました。
初めて競馬場で見て、改めてそのことが確信させられました。
そのことが感じられただけでも、今回競馬場にいった価値があると思いました。
この馬には息の長い活躍をしてもらいたいです。
そして、徐々にその才能を開花させてもらえたらと思います。



スポンサーサイト