FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
喜んでいい・・・んですよね?
本日の東京9Rゆりかもめ賞500万下条件芝2,400mにウインイクシードが出走しました。
会心のレース内容で未勝利戦を勝ちあがり、ここは昇級戦になります。
相手関係の比較は難しいのですが、新聞での人気はあまりないようです。
ただ、前走の勝ちっぷりを考えるとここでもやれる手ごたえはありました。
9頭と少頭数になったのも、不利を受ける可能性が少なくなり良かったです。
不安より期待の方が大きかったです。
要望があげるとしたらレースぶりですかね。
とにかく位置取りには拘らず、序盤はノンビリ。
勝負所から上がっていってどこまで伸びるか。
距離を踏まえると小細工は不要です。
前走と同じようなレースをしてくれることを期待していました。

さて、今日は競馬場での観戦です。
まずはパドックでの様子から。

ウインイクシード、パドック

特に柔らかみがあるとか、そういう感じはありません。
普通と言えば普通ですかね。
パドックでは特に目立つ馬とは感じません。
ただ、お尻が大きくなってきたかな、とは思いました。

さて、普段ですと返し馬の写真を入れますが、今回は写真無しです。
パドックが終わったら、私自身はゴール前の位置取りにいきました。
反対側に走っていくことは分かってはいました。
少しくらいはこっちに来るかなと期待しましたが、真っ直ぐ待機所の方へ。
というわけで返し馬の写真は無しです。

さて、レースです。
スタートは悪くなかったと思います。
仕掛ければ先手をとれたかも知れません。
ただ、マイペースで馬なりの位置取りになります。

ウインイクシード、スタート直後

期待していた通りのレースぶりで、ニンマリしました。
結局位置取りは後方2番手。
まぁ、少頭数なのでそんなに後ろという感じはしません。
そこでマイペースでレースを進めます。
3コーナー辺りの勝負所から、外を手応えよく上がって行きます。
直線に入り他の馬たちが仕掛ける中、しばらくは馬なりで先頭を伺います。
これは楽勝かも、と思ったのですが、追ってからは意外と伸びません。
前にいた馬とのたたき合いになります。

ウインイクシード、直線

激しいたたき合いになりますが、通ったコースの差がでたか、瞬発力の差か。
僅かに届かず2着に終わりました。

この結果をどう受け止めていいのか悩ましいところです。
このクラスでも十分やれる力があることを示したの喜ばしいことです。
一方でここまで来たら勝ってほしかったという思いもあります。
まぁ、ここで勝ってもレース選択が難しくなるというところはあります。
長い距離のレースは少ないですし、喜んでおくべきなんでしょうね。
次走ですが、中2週で中山2,200mの水仙賞があるので、それかと思っていました。
近況を見ると弥生賞とかも視野に入っているみたいですね。
流石にリップサービスかとは思いますが、期待のほどが伺えます。
ここまで来たらクラシック出走を目指して欲しいですね。
次走こそ本賞金を稼いでもらいたいと思います。
楽しみにしています。


スポンサーサイト