FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ブロッシェ、未勝利脱出です
本日の浦和7RJRA交流競走ツインロマン特別ダート1,400mにブロッシェが出走しました。
前走に引き続きの地方競馬に出走となります。
その前走を見る限り、能力的には勝ち負けできるものがあるということは分かりました。
一方で、レース内容としては随分とロスが多い競馬でした。
今回ポイントとしてはスタートにあると考えていました。
前走はスタートで挟まれて後方に下がったことに流れに乗れなかった原因です。
いいスタートを決めて前々で流れに乗れれば、更に前進できると期待していました。

さて、レースです。
注目のスタートは良し。スムーズに加速しハナに立ちます。
少し飛ばし気味にも見えましたが、向こう正面で上手くペースを落とします。
ここでシッカリ息を入れることが出来ました。
3コーナー辺りで2番人気の馬が競りかけてきても余裕がありましたね。
リードを保ったまま直線へ向かいます。
直線でも伸びはシッカリ。
最後は相手の方がバテましたかね。
4馬身突き放して1着でゴールしました。

ということで、初勝利です。
逃げることができた瞬間に、これはいけるな、と思いました。
同じコースですが、前走よりも走った距離はかなり短かったことでしょう。
状態も上がっていたのでしょうね。
無事未勝利脱出できたことにホッとしています。

さて、これでクラスが上がり500万下条件となります。
なかなかいい勝ちっぷりでしたが、中央ではどうなのでしょうね。
何とも言えませんが試してみてもいいのかな、とは思います。
まだまだ未知数なところはありますから、いろいろ試してもらいたいですね。
芝を使うということですらありだと思っていますよ。
1勝できて余裕ができたからこそ、こういうことも言えるのですね。
はてさて、どこを使ってくるのでしょうか。
昇級戦、楽しみにしたいと思います。



スポンサーサイト



ある意味安定
本日の中京7R500万下条件芝2,000mにウインティアラが出走しました。
復帰して以降、大きく負けてはいませんが、物足りない競馬が続いています。
実際このクラスで掲示板に載ったこともあります。
全く勝負にならないわけではないと思っています。
そろそろ切っ掛けを掴んで欲しいところです。

さて、レースですが、スタートは悪くなかったと思います。
自然流れで位置取りを下げ、真ん中あたりの位置取りに。
道中は無理をしないで折り合いはピタリついているように見えました。
凄くスムーズな感じで手応え十分で直線に向かいます。
ただ、直線での伸び脚はまぁ普通でした。
バテたわけでなく、鋭く伸びたわけでなくというところです。
結局8着でのゴールとなりました。

力を出し切れる競馬だったと思いますが、それほど伸びませんでした。
復帰以降ある意味安定して真ん中くらいの着順が続いています。
もう少し上の着順を狙いたいところですが、現状こんなものですかね。
背中の治療をしたともありましたし、絶好調時には足りないのかもしれません。
使い続けて行く中で、調子を上げていってもらえたらと思います。



馬は競馬を覚えている
本日の中山9R幕張S1600万下条件芝1,600mにマイネルメリエンダが出走しました。
疲れという理由からの休養でしたが、11か月ぶりと久しぶりの出走になります。
細菌性の膿が貯まったりとか、歩様の乱れとかで、随分時間が掛かることになりました。
先週も右前肢にフレグモーネが発生したということで、追い切りができませんでした。
今週の追い切りは終いが14秒台とバタバタとしか表現のしようがないところです。
本来ならもう少し乗り込んでからという判断が妥当に思えます。
ただ、ここを逃すとしばらく敵鞍がないとの判断で出走に踏み切りました。
発表された馬体重のプラス14㎏も重め残りを示唆しています。
万全の仕上げとはいいがたいところです。
次につながる競馬ができたらいいな、くらいに考えていました。

さて、レースです。
スタートは相変わらず上手なことにホッとします。
内に早い馬がいて、すぐに2番手に控え、隊列は決まります。
すぐに決まった割には、ペースはやや早めに流れましたかね。
それでも気持ちよさそうに自分なりの競馬をしているように見えました。
4コーナーで早めに先頭立つ姿はいつも通りの競馬だと思いました。
ただ、直線では息切れしてしまった感じです。
一度先頭奪った馬にも差し返され、ズルズル後退。
結局ビリでのゴールとなりました。

明らかに仕上がり途上で、仕方のない結果と受け止めています。
それでも、直線まではこれまでの競馬と同じと感じました。
馬は競馬を覚えているな、と思いました。
ただ、体がついていかなかったという感じです。
この辺は使いつつ稽古を積んでいって状態を上げてもらうしかないでしょう。
次は予定通り春興ステークスになるのでしょうか。
アクシデントなく稽古を積み重ねてもらえたらと思います。



現役続行!
本日の中山10RサンシャインS1600万下条件芝2,500mにウインオリアートが出走しました。
このレースの結果次第では引退も視野に入れた1戦であることは前々から言われてきたことです。
先週一頓挫あったときは状態面を心配しました。
ただ、追い切りではオープン馬相手に先行したとはいえ手応えで勝っていたようです。
一定以上の仕上がりにあると感じられました。
そして、10頭という少頭数は好材料です。
ただ、去年の菊花賞経験馬がぞろぞろいて、楽なメンバー構成とはいいがたいです。
と、同時に随分と相手が若返っているな、というのを感じました。
ハンデは随分と軽くしていただきました。
まぁ、実績相当といえるかもしれません。
随分と長い間頑張ってもらいましたから、どんな結果でも受け入れるつもりです。
ただ、ベストを尽くしてもらいたいとそれだけを考えていました。

さて、レースです。
スタートはまずまずでしたが、随分しごいたのですが先行できません。
先行集団の直後の5番手に付けます。
内のポケットに入る感じで、距離ロスなくレースを進めます。
途中からペースが落ちて、少し窮屈そうな感じになります。
勝負どころでもなかなか動きだせないまま有力どころが外から上がって行きます。
直線でもなかなかスムーズとはいきませんが、それでもシッカリと伸びます。
4着まで押し上げたところがゴールでした。

昇級してから1番のレース内容でした。
とはいえ、色々と有利に働いたこともまた事実です。
スローペースは軽ハンデに有利に働くというのは私の持論です。
距離ロスも大きくなくレースも進めることができました。
それでも、満足のいくレースだったといえるでしょう。

さて、この結果、現役続行か、引退か、どちらとでも取れるものです。
陣営の判断は・・・

現役続行 です。

レース後のコメントも随分と褒めていただいています。
本当に有難いですね。
厩舎サイドに好かれているな、というのは感じます。
現役続行が決まったからには、期待に応えてもらいたいですね。
結果を残し、この判断が間違いではなかったと証明してもらえたらと思います。



堅実さが大事
本日の中山9R潮来特別1000万下条件芝2,500mにウインヴォラーレが出走しました。
中山開催を2回使いたいということで、予定よりも早めの復帰となりました。
適性的に府中よりは中山なので、妥当な判断かなと思っています。
本線はハンデ戦になる次走ですが、ここでもそれなりには走ってくれるでしょう。
何より、メンバー的に楽に先手が取れそうなところが大きいです。
ここでもそれなりに走ってくれると思っていました。

レースですが、スタートは普通で、すぐ押して先手を奪いに行きます。
すると内の馬も押してきて、一瞬先手争いになるのかと心配しました。
ただ、すぐに控えてくれて、それほどロスなくハナを切ります。
道中はマイペースで、ペースをスローに落とします。
特に競りかけてくる馬もおらず、理想的な展開です。
勝負所で早めに突き放す感じではなく、しっかり貯めている感じ。
そして、直線での追い比べですが・・・ちょっと見劣りしましたかね。
バテているわけではないのですが、混戦の中から抜け出せません。
切れる馬に交わされ、結局4着でのゴールとなりました。

理想的な競馬が出来た割には勝ち切れなかったな、というところはあります。
ただ、堅実に走ってくれたことに満足しています。
降級も控えていますし、勝つに越したことはないのですが、十分でしょう。
古馬になったからには堅実に掲示板に載ってくれるようになることが一番大事です。
今日のような走りを続けてもらえたらと思います。



この馬なりの走り
本日の小倉8R500万下条件芝1,800mにウインカートゥーンが出走しました。
復帰戦となった前走は予想以上の好走を見せました。
色々と恵まれた部分はあったな、と感じています。
状態自体は休み明けだった前走よりは上がっているように思えます。
ただ、距離の短縮はマイナスと考えています。
総合的に考えて、大きな期待はしないようにと思っていました。

レースですが、スタートはまずまず。
気合を入れると一生懸命走って先行集団を伺う位置へ。
ただ枠順もあり、外で振られてしまい3番手の外という位置取りに落ち着きます。
ペースは平均ペースという感じで恵まれてるという感じではありません。
勝負所で仕掛けられると位置取りを上げようという素振りはみられました。
ただ、いい反応というほどではありませんでした。
直線での伸びも一息です。
最後は飲みこまれてしまい11着に敗れました。

まぁ、仕方ないですかね。
枠順もあり、道中外々を周らされてしまいました。
展開も楽にはなりませんでした。
距離短縮もマイナスに働きましたかね。
着順ほどは負けていないですし、この馬なりの走りだったとは思います。
能力的に色々と恵まれる必要があるとは、分かっていたことです。
逆に言えば、チャンスがあれば、上位を狙えるということも分かっています。
結果には一喜一憂せずに気楽に構えたいと思います。
どちらかというと無事に走り続けてくれることの方が大事です。
引き続きレースを使ってくれることを期待しています。