FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
馬は競馬を覚えている
本日の中山9R幕張S1600万下条件芝1,600mにマイネルメリエンダが出走しました。
疲れという理由からの休養でしたが、11か月ぶりと久しぶりの出走になります。
細菌性の膿が貯まったりとか、歩様の乱れとかで、随分時間が掛かることになりました。
先週も右前肢にフレグモーネが発生したということで、追い切りができませんでした。
今週の追い切りは終いが14秒台とバタバタとしか表現のしようがないところです。
本来ならもう少し乗り込んでからという判断が妥当に思えます。
ただ、ここを逃すとしばらく敵鞍がないとの判断で出走に踏み切りました。
発表された馬体重のプラス14㎏も重め残りを示唆しています。
万全の仕上げとはいいがたいところです。
次につながる競馬ができたらいいな、くらいに考えていました。

さて、レースです。
スタートは相変わらず上手なことにホッとします。
内に早い馬がいて、すぐに2番手に控え、隊列は決まります。
すぐに決まった割には、ペースはやや早めに流れましたかね。
それでも気持ちよさそうに自分なりの競馬をしているように見えました。
4コーナーで早めに先頭立つ姿はいつも通りの競馬だと思いました。
ただ、直線では息切れしてしまった感じです。
一度先頭奪った馬にも差し返され、ズルズル後退。
結局ビリでのゴールとなりました。

明らかに仕上がり途上で、仕方のない結果と受け止めています。
それでも、直線まではこれまでの競馬と同じと感じました。
馬は競馬を覚えているな、と思いました。
ただ、体がついていかなかったという感じです。
この辺は使いつつ稽古を積んでいって状態を上げてもらうしかないでしょう。
次は予定通り春興ステークスになるのでしょうか。
アクシデントなく稽古を積み重ねてもらえたらと思います。



スポンサーサイト