FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
完勝その2
本日のもう1頭はウインヴォラーレです。
東京9Rの陣馬特別1,000万下条件芝2,400mに出走しました。
前走で逃げなくても好走したのは大きな収穫です。
序盤に無理しないことが最後の粘りに繋がっているように見えました。
今回も馬の状態は上々のようです。
安定した競馬をしてくれるだろうなと期待していました。

スタートは良かったですが、今回も無理はしません。
逃げる馬を行かせ3,4番手の外目につけます。
前の馬は大逃げでしたが、それほどペースが早いわけではありません。
どちらかというと前残りの方を心配する流れです。
4コーナーで射程に捉えたときはホッとしました。
直線では少し外に出して、追い出しにかかります。
追い出してからも、切れるという感じではありませんが伸びはシッカリ。
逃げ馬を捉え、後続の追撃を抑え、見事1着でゴールしました!

こちらも完勝で、本日の2勝目になります。
安定して走ってくれるとは思いましたが、ここまでとは思いませんでした。
今日は出来すぎな感じでちょっと怖いくらいです。
こちらも4歳馬ですので、降級の恩恵が受けられるのも大きいです。
今後は未定ということですが、目黒記念という可能性もありますかね。
調子に乗りすぎでしょうか。
また1,000万下条件を使えますので、まだまだ走ってくれる馬です。
今後も頑張ってほしいと思います。



スポンサーサイト



完勝その1
本日も2頭出しです。
今月の出資馬の出走数は12回で、3歳以上の出資馬8頭でこの数字は凄いです。
皆丈夫で本当に有難いですね。
まずは京都7R500万下条件芝2,400mに出走したウインカートゥーンから書いていきます。
今回はメンバー弱しと判断し、連闘で使ってきました。
鞍上はルメール騎手を抑え、オッズは1番人気になりました。
押し出されるような人気なのは嫌ではありますね。
まぁ、それだけ手薄なメンバーではあります。
今回もシッカリ稼いでくれるだろうと期待していました。

スタートは態勢が少し乱れた感じはありましたが、二の脚はつきました。
逃げる馬を行かせて、内の3番手につけます。
距離ロスはなく絶好位ですね。
ペースはほどよく落ち着いた流れで、マイペースで進みます。
直線でちょっとだけ外に出して、追い出しにかかります。
しっかり伸びて安心して見ていられるレースでした。
前の馬を交わすと後続の追撃もなく見事1着でゴールしました!

さすが一流ジョッキーと言いますか、本当にロスのない競馬でしたね。
なんかに負けるのかな、とも思っていたのですが、完勝でした。
やはりステイゴールド産駒ですし、このくらいの距離の方がいいみたいです。
メンバーにも恵まれたし、本当にいいレース選択をしてくれたと思います。
それにしても、まさか、この馬が降級前に勝ちあがれるとは思っていませんでした。
自分が考えているよりも強い馬なのかもしれません。
500万下条件をまた使えますから、この時期に勝てたということは本当に大きいです。
今後ですが、連闘したこともあり、ここで少しお休みをとるようです。
しっかり英気を養ってもらい、また稼いでもらいたいと思います。



スタートだけ
本日の2頭目は東京7R500万下条件ダート1,600mに出走したブロッシェです。
こちらもレースから書きます。

スタートは良かったです。
ただ、ガンガン主張している馬がいて行かせます。
そして、さらに外の馬も主張してきて位置取りを中段くらいに下げます。
特に無理せずに、距離ロスなくレースを進めます。
ただ、4コーナー辺りで鞍上の手が動きますが反応できません。
直線でもずるずる後退。
ブービーの15着に敗れました。

スタートだけですかね、いいところは。
揉まれて嫌気を差したのかもしれません。
レース後の近況によると距離が長いという意見でした。
ただ、やはり楽に逃げれるかの方が問題だと思うんですけれど。
むしろ距離を伸ばして楽にハナにいけるような競馬の方がいいと思います。
どんなレース選択をしてくるのか、次のレースを見守りたいと思います。


そこまで都合よくはいかなかったです
本日は2頭です。
まずは東京6R500万下条件芝2,400mに出走したウインカートゥーンです。
今日もレースから。

スタートはそれほど良くはなかったですが、二の脚は付きます。
ただ、主張する馬がいたので2番手に控えます。
前の馬が飛ばし、それほど緩んだペースにはなりません。
1頭上がってきて、勝負どころでは2頭で先頭に伺う位置へ。
直線では逃げた馬と追いついてきた馬に突き放されてしまいますが粘ります。
後ろから追い込んできた馬との争いになりますが、3着争いは制しました。

いやー、楽には行かせてもらえませんでした。
そこまで都合よくはいかなかったですね。
ただ、いいレース選択をしたと思います。
3着の賞金でも大きいですよ。
今後もこういうレース選択をしていければと思います。



まずまずいい走り
本日の3頭目は東京10R府中S1600万下条件芝2,000mに出走するウインオリアートです。
もちろん、この馬もレースからです。

スタートは良好。押して押して先行集団を伺います。
結局5番手の位置で折り合いをつけます。
前を飛ばす馬がいてペースは平均ペースといったところ。
3コーナーから4コーナーで持ったままの手応えで先頭近くまで位置取りをあげます。
そのまま馬込みを割る手応えで直線に向かいます。
ただ、後ろの馬の方が楽な展開でしたか。
前の馬は大体交わしますが、後ろの馬に次々抜かれます。
結局真ん中の6着でゴールでした。

なんとか掲示板を確保してもらいたいところでしたが、惜しかったです。
ハンデ戦でもない中でまずまずいい走りだったと思います。
馬体重もプラス8㎏と戻してきましたし、鞍上も手が合う感じです。
あと、やっぱり輸送は良くないんでしょうね。
次走はハンデ戦を狙って緑風Sでしょうか。
今回よりは恵まれそうな気はします。
引き続き期待したいと思います。



この結果をもってどうこうはいえない
本日の2頭目は東京9R新緑賞500万下条件に芝2,300mに出走するウインイクシードです。
この馬もレースから書きます。

スタートは悪くなかったと思います。
ただ馬なりで無理せずに徐々に位置取りを下げます。
レースは落ち着きペースは超スローと言っていい展開。
それでも全く動かず、最後方近くまでさがります。
いつものように捲り気味には上がらず、直線に入るまで追い出しません。
直線では外を回して追い出しに掛かります。
その直線、この馬なりに伸びてはいるのでしょう。
ただ、前の馬も楽をしているので止まりません。
結局8着まで押し上げたところがゴールでした。

超スローペースの最後方で外を回して届かずですから仕方ないです。
ペースがスローなほど外を回すのが不利になるのは自明の理です。
この馬自身の上がりは33秒4と究極に近い脚を使っています。
この馬よりも早い上がりを使った馬は内をすくった馬です。
展開のアヤとしか言いようがないです。
この結果をもってどうこうはいえないでしょう。
まぁ、長い目で見ていくと決めています。
次走はこの馬向きの展開になってもらいたいものです。




ウインクリムゾン、上々のデビュー戦
本日の福島7R未勝利戦芝1,800mでウインクリムゾンがデビューしました。
今週の出走馬のレース前に考えていたことについては昨日書きました。
いきなりレースの様子から書いていきたいと思います。

さて、そのレースですが、スタートはけして良くは無かったです。
ゲート試験をギリギリで受かったというのが分かるスタートです。
ただ、二の脚はついて、前へ前へと進んでいきます。
1コーナーに入るころには先行集団と言える位置取りまで押し上げます。
ただ、大分外を回されて、距離的にはロスが大きかったです。
道中の行きっぷりは良くて、掛かり気味のようにも見えるくらいです。
3コーナー辺りから人気の馬が外から馬なりで捲ってきます。
それに併せて、鞍上が大きくアクションしますが反応は鈍いです。
ただ、加速がついていないわけではなくジリジリと位置取りを上げます。
直線でもバテずにジリジリと伸びて、先頭が見える位置へ。
ただ、僅かに届かず、半馬身差の2着でした。

上々のデビュー戦と言っていいでしょう。
メンバーは裏開催としては強力なメンバーだったと思います。
勝ったシェルブルックは皐月賞出走のプラチナヴォイスの2着だったこともある馬です。
3着のブリッツシュラークは新馬戦で京成杯勝ち馬のコマノインパルスの首差2着でした。
そのメンバー相手に2着ですから誇っていいと結果と思います。
また、今回の競馬で色々なことが分かりました。
まずスタートは下手、ですね。これは腰の甘さから来るものでしょう。
スタートから最初のコーナーまでの距離が長いコースの方がいいでしょうね。
飛びが大きな馬で、今回のように外を気分良く走らせるほうがよさそうです。
馬込みに入れるような競馬は難しいかもしれません。
そして瞬間的な反応は鈍いですが、追ってバテない脚があります。
色々と乗り難しいところがある馬ですが、井上騎手は本当に上手く乗ってくれたと思います。
また、牧場での評判がイマイチでしたが、よくここまで仕上げてくれたと思います。 
3歳馬全馬勝ち上がりが現実味を帯びてきました。
まだまだ上積みが見込めそうですし、次走も本当に楽しみです。




今週は5頭出し!
今週はなんと5頭出しです。
3歳以上の出資馬8頭中の5頭ですので、かなり高い割合いになります。
また、残り3頭も最近出走したばかりでもあります。
皆丈夫で本当にありがたいですね。
今日は久しぶりにレース前にコメントを書いておきます。

今週の初陣を切ってレースに向かうのはウインクリムゾンです。
土曜日の福島7R未勝利戦芝1,800mに出走します。
時間がかかりましたが、ようやくのデビューとなります。
牧場での評判もイマイチでしたし、入厩してからも一頓挫ありました。
これまで不安の方が大きかったことは事実です。
ただ、最終追い切りの時計は坂路で全体時計が53秒1、ラスト1ハロンが12秒3です。
十分に満足できるもので、待った甲斐があったかな、と感じています。
今年の出資3歳馬3頭の他の2頭はもう勝ち上がりました。
ここにきての上昇具合から、この馬も勝ちあがれる手応えは十分にあります。
まずはここでどんなレースをしてくれるのか、本当に楽しみです。

2頭目は土曜日の東京9R新緑賞500万下条件に芝2,300mに出走するウインイクシードです。
状態面は前走から上積みを残していると考えているところです。
ただ、馬なりにとどまっている稽古からは大きな上積みは期待できなさそうと感じています。
それでもここで上位争いは十分可能と考えており、楽しみではあります。
それよりもこのレースを使ってきたということに意図を感じました。
以前には、ダービー出走を目指せる馬ということをホームページの近況で言われていた馬です。
個人的にはダービーを目指して青葉賞を格上で使ってくる可能性もあると考えていました。
もちろん除外になる可能性は重々承知しています。
ただ、陣営からはそれを意識したコメントは全く聞かれませんでした。
稽古も馬なりで、ビッシリやっての仕上げにはいきません。
ダービーは目指さず、じっくり行くという決意表明と受けとめました。
確かに弱いところがある馬です。
長い目で見守って行けたらと思います。

3頭目は土曜日の東京10R府中ステークス1600万下条件芝2,000mに出走するウインオリアートです。
福島牝馬Sを残念ながら除外となりここを使うこととなりました。
ここまできた馬ですので、一度くらいは重賞を走る姿を見てみたかったので、残念です。
まぁ、また次の機会に期待したいと思います。
さて、ここのところ負けるときは箸にも棒にもかからないようなレースをするときがあります。
馬が手を抜くことを覚えたというか、以前の安定して走ったくれた馬に戻ってきてほしいです。
期待は石川裕紀人騎手ということになりますでしょうか。
最近で一番好走したサンシャインSの時の鞍上で、そこに期待したいです。
気分良く走らせて好走に導いてもらいたいものです。

4頭目は日曜日の東京6R500万下条件芝2,400mに出走するウインカートゥーンです。
一言でいうならいいレース選択をしたなぁ、ということです。
8頭と少頭数のレースで、長距離のレースも試してみたかったところです。
前に行く馬も少なくて、楽に逃げれたら最高ですね。
状態面もこの馬なりに良さそうです。
能力的にはこのクラスを勝つのは厳しいと考えていました。
ただ、ここはチャンスかもしれません。
楽しみです。

ラストは日曜日の東京7R500万下条件ダート1,600mに出走するブロッシェです。
前走で未勝利を勝ちあがりここは昇級戦となります。
客観的に見れば、地方交流での勝ちあがりですので、厳しいとは思います。
ただ、前走の走りっぷりはなかなか気持ちがいい競馬で楽しみでもあります。
距離を伸ばしたのは楽に前に行けるという意味でいいと思います。
ただ、府中コースは向いていないかな、とは思います。
何にせよ、ここは力試しの1戦となります。
いい競馬をすれば、関東オークスとかも視野に入ってくるのではないでしょうか。
積極的な競馬でどこまで粘れるか、頑張ってほしいと思います。

今週は近場の府中で多数出走にも関わらず応援にいけないのが残念です。
仕事をしながら心の奥で応援しています。


一応前進・・・なのでしょうか
本日の中山12R春興ステークス1600万下条件芝1,600mにマイネルメリエンダが出走しました。
前走は明らかに叩き台というレースでした。
途中まではいつもどおりの競馬ができましたが、息が持ちませんでした。
どこまで状態が戻っているか、ということにつきると思います。
ただ、稽古の時計を見る限りでは、それほどピリッとした様子はうかがえません。
正直不安の方が大きいですが、流石に悪くなることはないでしょう。
どのくらい前進しているかを確認するレースになると考えていました。

さて、レースですが、スタートは安心して見ていられます。
いつも通りの抜群のスタートで様子を伺います。
ハナには拘らず、2頭に行かせて、ちょっと外目の3番手につけます。
あとは持ったままで、スムーズな展開。
ただ、4コーナーで先頭に並びかける手ごたえは無かったです。
あとは直線どこまで粘れるか。
前走よりはマシ・・・なのかなぁ。
12着でのゴールとなりました。

いつも通りのレースはできました。
前走はシンガリでしたが、今回は4頭着順が後ろの馬がいました。
先頭から1秒4差が1秒差まで詰まりました。
まぁ、一応前進は前進なんですかね。
ただ、良化度はスローな感じです。
使っていくなかで状態を上げていってもらうしかないですね。
これから暖かくなってきますし、なんとか変わってもらいたいものです。




凄くいい競馬はできたけど
本日の福島12R浄土平特別500万下条件芝2,000mにウインティアラが出走しました。
最近掲示板に載れないレースが続いているところで、今回は牡馬と混合の特別戦です。
自信が持てる道理はないですね。
少しでも前の着順を目指して頑張ってほしいと思っていました。

さて、レースですが、スタートは良かったです。
馬なりで位置取りを決めますが、逃げ馬の後ろの絶好の位置を取ることができました。
無理せずにこの位置取りができるということは理想的といっていいでしょう。
そのまま距離ロスなくレースを進めます。
途中で捲りをかけてくる馬などもいましたが、この馬のレースが出来てるように見えました。
ただ、勝負所で仕掛けても反応は良くありません。
直線に入っても前の馬に並びかけるところまでは至りません。
何とか頑張りますが、最後は一杯になってしまった感じで9着でのゴールとなりました。

凄くいい競馬はできたと思います。
無理せずにロスなく乗れたのに、伸びなかったのは厳しい結果です。
まあ、ラップをみるとそんなに楽な流れではなかったようです。
ただ、勝ち馬は逃げ切りですので、今日の時点での能力不足は否定できないです。
もう少し弱い相手を狙っていかないと難しいですね。
状態は上がる余地は残っているようですし、そこも期待したいです。
なんとか頑張ってもらいたいと思います


全く競馬をしていない
本日の阪神9R御堂筋S1500万下条件芝2,400mにウインオリアートが出走しました。
今週3頭出しのトリを飾ります。
来週には中山で適距離の自己条件もあるなかでの遠征競馬となります。
もともと輸送にそれほど強い馬ではありません。
何も無理して関西遠征しなくてもと思いますが、ハンデ戦狙いなんでしょうね。
また、8頭立てというのも魅力ではあります。
現役続行が決まってからの初戦となります。
その判断が間違っていないことを示してもらいたいものです。

レースですが、スタートは良し。
馬なりで2番手に付けます。
1頭競走中止となる中、前3頭と、後ろ4頭に分かれます。
前に人気薄の馬が集まったせいか競りかけてくる馬もいません。
途中少しかぶせれたところはありましたが、それでもすごく楽なペースで流れます。
ここまではちょっと前のウインヴォラーレのレースと同じに見えました。
ところが勝負所3コーナーで鞍上の手が動きますが、全く反応できません。
直線でもズルズル下がるだけ。
完走した馬の中では最下位の7着に敗れました。

絶好の展開だったはずなんですけどね。
全くいいところがありませんでした。
遠征競馬が悪いほうにでましたかね。
あるいは気持ちの問題かもしれません。
いずれにせよ、全く競馬をしてないと言っていいでしょう。
こういう競馬が続くと現役続行の判断が間違いとなってしまいます。
なんとか、巻き返してもらいたいです。



展開としては理想に近い
本日の中山9R安房特別1000万下条件芝2,500mにウインヴォラーレが出走しました。
今週3頭出しの2頭目になります。
ここ最近は逃げる競馬をしていますが、最後で伸びを欠く競馬が続いています。
逃げに拘る競馬をする必要はないという陣営の判断はうなづけるものがあります。
ただ、今回は逃げ馬らしき馬はいないんですよね。
今回は無理をせずに、この馬なりの位置取りをしてもらえたらと考えていました。

さて、レースですが、スタートは良かったです。
ただ、今回は今までのように押すことはありません。
主張してきた馬を行かせて2番手に控えます。
こっちが絡まなかったため、ペースはスローに落ちました。
3コーナー辺りの勝負所になっても絡んでくる馬はいません。
目一杯仕掛けを遅らせることができました。
万を持しての直線での追いだしです。
この馬としては本当にいい競馬ができたと思います。
ただ、瞬発力が足りなかったですかね。
結局、3着でのゴールとなりました。

レース前に考えていた通りの競馬はできました。
相手にプレッシャーをかけなかったため、こちらも楽な競馬ができました。
展開としては理想に近いと思います。
これで勝ち切れないところにパンチ不足なところはあります。
それでも、しっかり賞金を稼げたところは立派なところです。
大きな期待をかけるのは厳しいと思います。
ただ、こういう競馬を長く続けてもらい、楽しませてもらえたらと思います。



ダービーは厳しいか
本日の中山9R山吹賞500万下条件芝2,200mにウインイクシードが出走しました。
今週は3頭出走しますが、一番楽しみにしているレースです。
ここで勝てば、ダービー出走も見えてくる大事な一戦ですので当然ですね。
前走の競馬を見る限りそれができる器だと思います。
ただ、状態面はどうなんでしょうね。
牧場から馬体重が減って戻ってきたというのも、疑問に思ってました。
最後の追い切りで、馬なりとはいえ、遅れているのも気になります。
それでも、ここで勝負になるようなら期待は膨らみます。
何とかなってほしいな、と思いながらレースを待ちました。

レースです。
スタートはそれほど良くはなかったですね。
ただ、無理をせずに後方で折り合うのは予定の行動です。
向こう正面のペースが落ちてきたところで、徐々に位置取りを上げます。
馬なりのまま前を射程圏に捉え、絶好の展開に見えました。
今回は大きくは外を回さず、馬込みを捌くような競馬になります。
そのため直線でしばらくは前が空かず追えない状態です。
ただ、内が空いて、そこに切り込めたときは勝ったかと思いました。
ところが、追ってからの伸びが案外です。
次々に外を回してきた馬たちに交わされ6着に敗れました。

残念な結果です。
これでダービー出走を目指すというのは厳しくなりました。
前走もそうですが、手応えほど追って伸びないところはあるようです。
また、レース後の近況を見るとやはり状態面も今一歩だったようです。
確かに体質的にも調整が難しいところはあるみたいですからね。
今後ですが、続戦も視野に入れているということです。
放牧すればよくなるとか短絡的には考えていません。
無理はしない厩舎ですので、適切な選択をしてくれるものと思います。
どのような進路を取るにせよ、見守りたいと思います。