FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ダービー終わって競馬はまだ続く
今年もダービーが終わりました。
グループの悲願達成はまたしても持ち越しになりました。
それにしてもえらく遅いペースになりましたね。
ある程度流れてほしいと思っていただけにそれが一番の誤算でした。
グループの馬全体に言えることですが、切れ味が求められる展開になると厳しいですね。
それにしても勝ったレイデオロの鞍上の手綱さばきは見事の一言です。
ヴィクトワールピサが勝ったドバイWCを思い出しますね。
混戦でしたが、一番上手い騎乗した馬が勝ったんだなとそう感じました。

そして競馬はまだまだ続きます。
来週には2歳馬たちが続々とデビューしていきます。
私の出資馬では牝馬のヴィオトポスがスタンバイしています。
先日併せたカスタディーヴァが未勝利戦3着と好走しました。
こちらが追いかけての併入ですし、3歳と2歳ということを考えると期待してもよさそうです。
そして出資している牡馬はマイネルファンロンです。
今のところ順調とは言えない感じで、デビューはまだまだ先のようです。
ただ、雰囲気がある馬ですし、いいところがあると期待しています。
来年のこの舞台にはマイネルファンロンが立ち、悲願を達成することを祈りたいと思います。



スポンサーサイト



出資馬2頭の走りを踏まえて
ダービーに向けて、出資馬2頭のレースを見終えて思ったことです。
内外で馬場差はそんなにないな、ということです。
結構外からの差しも決まりますね。
ダービーでのウインブライトの取るべき戦略ですがいつも通りでいいのではないでしょうか。
内狙いはマイネルスフェーンに任せていいと思いました。
ホープフルSでやってますしね。
ペースはある程度流れた方がいいと思うのですが、トラストに作ってもらいましょう。
明日は悲願達成がなることを祈りたいと思います。



まだまだこれからの馬です
次は東京6R3歳500万下条件芝1,800mに出走したウインクリムゾンについて書いていきます。
今日競馬場へ行ったのはこの馬が出走するからというのが大きいです。
初めての競馬場での様子はどんなものだったのか。
まずはパドックでの写真から。

ウインクリムゾン、パドック

初めて、競馬場のパドックで見て思ったこと。
相変わらず、ゆるゆるだな~って思いました。
凄く柔らかい馬で筋力が付いたときにはいい馬になると思って出資した馬です。
レースで走るようになって、少しはパンとしたのかと思ったのですが、そんなことは無かったです。
前の馬が歩くのが遅くて、無理にゆっくり歩かされたことも、一因としてはある感じです。
まぁ、まだまだ伸びしろは大きい馬だなと感じました。

ウインクリムゾン、返し馬

返し馬での様子です。
日本ダービーの飾りが付けられたゴール板が眩しくて、この写真にしました。
走りたいという勢いが強すぎて、誘導馬の後ろでなんかゴニョゴニョしていました。
前のウインイクシードと比較すると制御が利いていない感じでした。
レースを重ねるうちに落ち着いてきますから、今はこれくらい元気の方がいいかもしれません。

さて、レースです。
スタートですが、この馬にしてはマシな感じのスタートです。
二の脚は早いので、なぜか馬なりで先頭に立ってしまいました。
そのまま口を割るような感じで抑えるのですが、誰も来ません。
超スローペースの逃げになりました。
道中も誰も競りかけて来なくて、すんなり直線まで先頭をキープします。

ウインクリムゾン、直線

直線での挙動は微妙でした。
直線入り口で手前を変えたときのギコチなさ。
外の馬に向かっていこうとしたのか、外にヨレて鞍上は右鞭を連打します。
あとはスローでの切れ味を求められると厳しい感じです。
この馬なりに伸びていたのでしょうが4着に敗れました。

なんか不満が残るのは期待が大きいからかもしれません。
恐らく逃げというのはこの馬の理想のスタイルになるはずです。
切れ味勝負に持ち込ませないためにも、もっと飛ばしても良かったかもしれませんね。
まぁ、クラスが上がって掲示板を確保したのですから、満足しなければいけないでしょう。
伸びしろの大きい馬でもありますので、まだまだ先を楽しみにしたいと思います。
次走は6月25日東京9R稲城特別芝2,400mを予定しているようです。
そうですよね、やっぱり距離伸びた方がいいですよね。
今回のレース選択は鞍上の都合によるものということは感じました。
ウインイクシードと同じレースで井上騎手でいいと思ったのですが・・・ゴニョゴニョ。
ツアーの週ですので、皆で喜びたいですね。


なんかチグハグ
今日は久しぶりに東京競馬場に行ってきました。
もちろん出資馬2頭が目的です。
まずは東京5R3歳500万下条件芝2,400mに出走したウインイクシードについて書いていきます。
パドックの写真からです。

ウインイクシード、パドック

以前は目立たない馬と書いたこともあるような気はしますが、いい感じになってきました。
特にお尻の感じが好みですね。

ウインイクシード、本馬場入場

返し馬の写真です。
走ろうとする前向きな姿勢が見られましたが、しっかり制御が利いている感じです。
良く見えましたよ。

さて、レースです。
スタートは良かったです。少し仕掛けて、位置取りは中団に付けます。
隊列がバラケて1角のコーナーリングでは上手く内にもぐり込みます。
向こう正面で少しずつ外に出しながら、スムーズな展開に見えました。
3コーナー辺りから仕掛けると勢いよく上がって行きます。
直線入り口では早くも先頭に立ちます。

ウインイクシード、直線

残念ながら、直線での伸びは一息でしたね。
外の馬に交わされ、後方の馬に差しこまれ3着に敗れました。

レース後のクラブコメントを見ると3角で上がって行ったのは想定外だったみたいです。
内の馬が出張ってきたので仕方なくということらしいです。
いい脚がちょっと短いんですよね。
結果的に早仕掛けになってしまった感じなのは残念です。
前走は明らかに仕掛けが遅れましたし、なんかチグハグです。
まぁ、それでもここ2戦と比べたら力は出し切れたと思います。
まだまだこれからの馬ですから、焦らずに行きたいと思います。




明日の2頭とダービーと
明日は私の出資馬は2頭出しです。
今日はそれについてとダービーについて書いておきます。

まずは東京5R3歳500万下条件芝2,400mにウインイクシードが出走します。
ダービーの前日の同距離のレースに松岡騎手が乗ります。
ダービー出走のウインブライトのための試し乗りみたいになるかもしれませんね。
おあつらえ向きにウインブライトと同じ外から2番目の枠になりました。
試すには絶好の条件が整った感じがあります。
恐らく正攻法の外を回す競馬をしてくると思います。
それで伸びないようならダービーでも考えてくるでしょう。
願わくば外が伸びる馬場であってほしいと思います。

次は東京6R500万下条件芝1,800mにウインクリムゾンが出走します。
昇級戦になりますが、なんかこのレース未勝利馬がゾロゾロ出ているんですよね。
正直ここは上位争いできるメンバーだと思いました。
ただ、枠順は内枠になり、どう乗るかは難しいですね。
いや、どうせ出遅れて他より一歩遅れるのだからそこから外に出せるのかな?
こちらも松岡騎手ですので腕の見せ所ですね。

最後はダービーに出走するウインブライトです。
出資馬ではないのですが書いておきたいですよね。
さて、今回は随分と人気を落としているようです。
ただ、皐月賞で外を回した組が人気を落とすのは可哀そうです。
中でもウインブライトはコーナーリングで積極的にいった分ロスも大きかったです。
その割にはそれほど負けていませんし、能力的には差は無いと思います。
もちろん抜けているとは思いませんが、十分チャンスはあると考えています。
いずれにせよ大混戦で一番いい競馬をして馬が勝つような気がします。
松岡騎手のダービーと言えばマイネルフロストのビッタリロスなく乗って3着の印象が強いです。
馬場状態もありますのでインベタが一番いいかはわかりません。
その辺は私の出資馬で試してもらえたらと思います。
まぁ、今回は私の出資馬は勝ちにはそんなに拘っていません。
ダービー制覇はグループの悲願ですからね。
それに役立つことが出来たらと思います。


ブロッシェ骨折
ここまで順調に来ていた私の出資馬たちですがここに来てアクシデント。
ブロッシェが右膝の剥離骨折ということです。
現級に目処が立ったところだけに残念です。
昨夏に続き2度目になりますが、骨が弱いのでしょうか。
母は5歳まで走り続けたのですが12戦しかできませんでした。
弱いところが遺伝している部分はあるのかもしれませんね。
母は競走馬としては力が出し切れない部分がありました。
その母の実績は超えてもらいたいと思うところはあります。
そのためにも、まずはジックリ怪我を直してもらいたいと思います。
焦らずに待ちたいと思います。



揉まれなければ力はある
本日の東京5R3歳500万円以下条件ダート1,400mにブロッシェが出走しました。
昇級戦の前走は惨敗の結果に終わりました。
敗因としては距離が挙げられてましたが、それにしても負けすぎです。
スタートは良かったのですが、控えたことから砂を被るレースになってしまいました。
馬がやる気を損ねてしまったのが最大の理由と考えています。
とにかく砂を被らずに気持ちよくレースをしてもらいたいです。
決まった枠順は6枠11番と微妙なところ。
それでも内枠なら逃げに近い競馬が必要なので、この枠なら作戦の幅は広がると思います。
とにかく揉まれない競馬で、どのくらい力があるのかを見極められたらと考えていました。

さて、レースですがスタートはそれほど良くは無かったです。
ただ、二の脚を利かせて先行集団にとりつきます。
3番手の外目に付けて、一旦ここでペースが落ち着くのかな、と思いました。
ところが外の馬が被せるような勢いを見せて、ちょっと焦りました。
ただ並びかけるくらいの位置で控えてくれたため助かりました。
あとはこの隊列のままレースは進みます。
多少の距離ロスはありましたが、砂を被らない位置取りを確保できました。
直線では切れるというほどの脚ではありませんが、しっかりした足取り。
一瞬勝つかとも思いましたが、後ろの馬に交わされてしまいます。
それでもしっかり粘って、4着でゴールしました。

当初期待していたような競馬ができました。
揉まれなければこのクラスでも掲示板に載る力があると示せたことは収穫です。
どうしようもなければ地方交流があると思っていましたが、これなら中央でもやれそうです。
末永く楽しめる馬になれそうでホッとしています。
走り続けながら徐々に力をつけてもらえたらと思います。
次走を楽しみにしたいと思います。



スタートで決まった!
本日の盛岡競馬場11RJRA交流アンタレス賞芝1,700mにウインティアラが出走しました。
最近は安定はしていますが、掲示板に載るにはちょっとパンチが足りない感じです。
とにかく弱い相手関係を求めての地方交流競走になります。
確かに相手関係はかなり緩めのメンバーとなりました。
前日のオッズを見るとなんかグリグリの一番人気になっていました。
これは今回の鞍上の藤田菜七子騎手の効果もあるのでしょうね。
岩手競馬には女性騎手に1㎏減の特別ルールがあるようです。
見習いの減量と合わせて4㎏減は小柄なこの馬にとっては有利に働くでしょう。
ただ、それでもグリグリになるほどかなぁ、と思ってたのですが、最終的には2番人気になりました。
勝つ可能性もあるとは思いますが、凄く自信を持てるというほどでもありません。
果たして、どんな結果になるのか、楽しみにレースを待ちました。

さて、レースですが、スタートは良かったです。
少し仕掛けただけで先頭に立ち、マイペースに持ち込みます。
ペースはゆったりとした流れですが、特に競りかけてくる馬はいません。
勝負所からキャロットの2頭が上がってきますが、並ばせません。
直線ではさらに突き放し、4馬身差の1着ゴールしました。

スタートで決まりましたね。
すんなりした逃げとなり、変にゴチャ付くこともなくスムーズな展開。
上がりも最速ですから文句なしです。
盛岡の芝コースはアヤが多いのですが、本当にロス無くレースしてくれました。
相手関係もありましたが、とにかく完璧なレース振りでした。
いいレース選択をしてくれた陣営に感謝です。
さて、今後ですが・・・どうするんでしょうか?
正直1,000万下条件でやれるビジョンは見えないですね。
この馬にとってやり尽くした感はあります。
後は無事に繁殖に上がれたら、くらいで多く望むところはありません。
来年早々には引退となると思いますが、何走かは走るでしょう。
気楽に思い切ってレースをしてもらえたらと思います。



凄い競馬
本日の新潟6R未勝利戦芝2,000mにウインクリムゾンが出走しました。
前走のデビュー戦では経験馬相手に2着と好走しました。
世代全頭勝ち上がりがかかっているところで、今出資馬の中で一番力が入っている馬です。
前走の内容からも、当然に力を出し切れればここでも好勝負になると思います。
飛びが大きくて粘り強く、バテないところがこの馬の魅力です。
ただ、瞬間的な反応は良くない馬です。
包まれたりして力が出し切れないことが往々にしてあるタイプでもあります。
力を出し切れるレースをしてもらえたらと考えていました。

さて、レースですが、スタートでやらかしてしまいした。
ゲートでヨレてしまいゲート枠にぶつかってしまうようなスタート。
最後方からのスタートになります。
ただ、完歩が大きくて、無理しなくても他馬よりも加速できるところがいいですね。
1コーナーに入るころには先頭集団の塊の後ろに付けることができました。
道中は中団の外目を余裕をもって追走します。
むしろ他の馬にペースを合わせるため窮屈そうにも見えるくらいの手応えです。
4コーナー辺りから追い出しても鋭い反応がないのは織り込み済みです。
大外でジワジワと加速しながら前の馬を交わしていきます。
直線では前の馬が外にヨレて進路を塞ぐ形になったのはヒヤリとしました。
ただ、すぐにさらに外に出して再加速します。
先頭に届くか、ギリギリのタイミングでしたが、首差捉えたところがゴールでした。

いやぁ、凄い競馬でしたね。
出遅れて大外回して直線で前をカットされて、なお勝つのですからここでは力が違いました。
まともな競馬なら楽勝だったとも言えますが、これも馬の個性という部分はあると思います。
スタートでヨレたのは腰が甘いからでしょう。
大外を回したのは、飛びが大きくて、馬込みに入れたら気分良く走れないからでしょう。
今回はたまたまであり、今後はロスの少ない競馬ができますか、と問われたら、首を捻ってしまいます。
だからと言って、今回のような競馬では上のクラスでは通用しないでしょう。
色々と課題は多い馬ではあります。
一方でそれだけ伸びしろも大きい馬と感じており、本当に楽しみな馬です。
とりあえず、スタートは良くなってほしいですね。
逃げあるいは先行が出来るようになればさらに可能性は広がると思います。
自分でペースを作れますし、大きく外を振り回されずにすみます。
二の脚は早い馬なので、スタートさえ決まるようであれば、いけると考えています。
それにしても勝ち上がったばかりでいきなり課題を与えているのも何ですかね。
それだけ期待が大きいと思ってください!
本当に今日はよく頑張ってくれました。

ということで、今年の3歳馬全頭勝ち上がりを無事達成しました!
2歳末の時点では勝ち上がり無しだったのですが、正直望外の結果です。
3歳勢も好調で年間5勝はこの時期にして自己最多です。
果たしてどこまで伸びるのか、この調子で行ってもらいたいですね。


馬はしっかり走ってくれた
本日の東京10R緑風S1,600万下条件芝2,400mにウインオリアートが出走しました。
条件は距離、ハンデ、鞍上と結構揃ったと思います。
府中も中山と比べると劣りますが、前走を見る限りそこそこは走れます。
とはいえ、流石に準オープン、相手関係は厳しいものがあります。
掲示板を目指して頑張ってほしいと思っていました。

さて、レースですが、スタートは良し。
一瞬ハナにいくのかように見えましたが、行く馬に譲ります。
そのまますんなり先行集団で流れに乗ります。
随分と縦長になり、ペースはそれなりに流れているように見えました。
しっかり折り合って力が貯まっているように見えました。
勝負所ではちょっと伸びない内に閉じ込められましたかね。
それでも直線での伸び脚はこの馬なりのものは見せました。
結果は7着、力は出し切れたという感じでした。

馬はしっかり走ってくれたと思います。
ただ、府中ですから力通りの結果になったと言う感じです。
超スローペースとかなら軽ハンデの利を活かせたかもしれません。
小回りコースでしたら、展開のアヤがあったかもしれません。
そういったものがこのクラスで勝つには必要になってくると思います。
次走ですが、少し間隔を開けて、7月8日の福島阿武隈Sになるとのこと。
なるほど、小回りのハンデ戦でそういったアヤが狙えそうな選択です。
引き続きしっかり走ってもらいたいと思います。



惨敗です
本日の東京9R湘南ステークス1,600万下条件芝1,600mにマイネルメリエンダが出走しました。
復帰してから2戦いいとこなく敗れました。
とにかく脚が最後まで持たないんですよね。
状態面ですが、稽古の時計からはピリッとした印象は受けません。
正直、厳しいと考えていました。
少しでも状態が上がってくれればと祈るような気持ちでレースを迎えました。

スタートですが、この馬としては珍しいくらい悪かったです。
まぁ、それでも普通に5番手グループぐらいに付けられる程度の二の脚はあります。
ペースはかなりスローで各馬余力残しでレースは進みます。
枠順のわりにはそれほど内には入れませんでしたね。
それでも、大きなロスはなくレースを進めます。
直線に入ってからは瞬発力比べで、そこそこ手応えがあるようにも見えました。
ただ、残り100mくらいでパッタリ止まってしまいました。
離れたシンガリでのゴールとなりました。

もともと瞬発力タイプではありませんので、展開的には向かなかったとは思います。
ただ、多少オーバーペース気味でいっても、粘れるところがこの馬の特徴だったはずです。
それがスローペースにも拘わらず、最後まで脚が持たないというのは何なんでしょうね。
心肺機能に問題があるとしか思えないレースぶりです。
ノド鳴りとか心疾患とか、そういう感じの止まり方のようにも見えます。
まぁ、今のところそういう話はありません。
休養による鍛錬の不足というのなら頑張ってもらうしかありません。
今後ですが、一度鉾田で鍛えなおしということも検討しているようです。
まぁ、現状をみるともう少し状態が上がってからでないとレースになりませんからね。
なんとか、立ち直ってもらいたいものです。