FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
どう乗るのがベストなのか分からない
本日の函館10R駒ケ岳特別500万下条件芝2,600mにウインイクシードが出走しました。
このクラスに上がってから5戦目となります。、
ここまで上位争いはするも勝ち切れずにいます。
特に最後の踏ん張りがなんか物足りないと感じているところです。
直線平坦のコースでなんとか変わってもらいたいと期待していました。

レースですが、スタートは良かったです。
無理することなく先行争いする馬を行かせてその直後の4番手に付けます。
大逃げを打つ馬がいてバラけた展開に。
ここでぴったり内ラチ沿いにつくことができました。
コーナリングが多いコースですが、道中はロスなく進めます。 
残り600mから仕掛けるとコーナリングの巧さもあり、一気に差を詰めます。
落ちてきた逃げ馬を交わし、2番手の馬を捉えるだけの競馬に見えました。
ただ、直線での伸びは一息で、逆に突き放されてしまいます。
そして、後ろからも詰められて、1頭には交わされ3着に敗れました。

普通に考えれば、鞍上は完璧に乗ってくれたように思います。
コーナリングでは素晴らしい走りをするのですが、直線ではなんで伸びないんでしょうね。
小回り平坦の函館でもこのような競馬になってしまうのが、なんとももどかしいです。
単純にいい脚が短いというわけでもないような気がします。
目一杯足を貯めたはずの山吹賞でも伸びは一息でした。
どう乗るのがベストなのか分からないというの正直なところです。
このままでもこのクラスでは勝てるでしょうが、もっと上を目指すには物足りないですね。
まだまだ奥がある馬だと思っていますので、もう一皮剥けてもらいたいものです。



スポンサーサイト