FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
2017ツアー報告その2 ラフィアン募集馬について
本日はラフィアンの募集馬を書いていきます。
ラフィアンの方は縮小の方向と考えてはいますが、全く縁を切ることはありません。
元出資馬の子が募集されるとどうしても気になってしまうところはあります。
今回、元出資馬のマイネイディールの16が募集取り消しになったことは残念ではあります。
それでもなんかホッとしている自分がいるのも分かります。
中々複雑な思いです。
というわけで、控えめに2頭取り上げたいと思います。

ケージーヒトメボレの16

ケージーヒトメボレの16です。
注目の血統を一通り見た後、パラパラと写真を眺めていたらこの馬が目に入ってきました。
血統的には全く注目していなかった馬です。
父のローズキングダムは未知の魅力はありますが、それほど注目していたわけではありません。
母系も祖母の代からは活躍馬は出ていません。
ただ、馬体が素晴らしいんですね。
バランスもよく、お尻が凄く発達していて、お尻の形も斜尻です。
敢えて言うならば、完成度が高すぎるのではないかと贅沢な悩みを感じたくらいです。
お母さんの名前ではないのですが、一目惚れしてしまいました。
発表された馬体重は440㎏。
肉付きがいいと思ってはいましたが、裏付けが取れた感じの数字です。
近親で目立つのがウインバローラスでしょうか。
お尻の形なんかはそっくりですね。
ただ、こちらの方が伸びやかで、適性は幅広そうに思えます。
芝の中距離とカタログには書いていますが、短距離でもダートでも走れそうな気がします。
いろいろとつぶしが利くタイプの馬になるような気がします。

マイネランデブーの16

マイネランデブーの16です。
母に出資していたと同時に、出資馬ブロッシェの弟にもなります。
全兄はダート2歳チャンピオンのディアドムスです。
出資をしませんでしたが、一つ上の兄のマイネルブランデーも評判は良かったです。
先日のデビュー戦は今一歩でしたが、変わってくる余地は残されています。
着々と繁殖としての価値を高めているようでなによりです。
俊敏性というよりは馬格で勝負するタイプの血統です。
大きな馬になってくれていると期待していました。
想定通りの大きな馬で、まずはホッとします。
柔らかい馬で、飛節が良く伸びますし、効率のよい走りができそうです。
大きさと柔らかさという点でいえば、今回の募集馬の中では抜けて見えます。
ただ、お尻が寂しいし、とても柔らかいのですがギコちなさもあり頼りなく見えます。
同父のマイネルラフレシアなんかは馬の形も良かったんですけれどね。
まぁ、サマーセールの時のディアドムスの写真もお尻が寂しく見えます。
この辺は問題ないのですかね。
柔らかいのか緩いのか、本当に難しいところです。
全く走らないか大物かというような、ギャンブル的要素が強いタイプだと思います。
正直、所縁の血統でなければ、怖くて出資候補には上がらないですね。
凄く悩ましいです。

以上候補は2頭だけです。
マイネランデブーの16は恐らく人気はないでしょう。
ゆっくり悩ませてもらえたらと考えています。
ケージーヒトメボレの16は結構人気かもしれません。
まだ申し込み状況は発表されていませんがツアーに行くと気配は感じるんですよね。
こちらは決断をしないといけないと思います。



スポンサーサイト