FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
2017ツアー報告その5 そのほかのラフィアン出資馬について
今日はラフィアンのそのほかの出資馬についてです。
今年のツアーでは明和で厩舎での所属馬・募集馬見学の時間が設けられました。
ただ、2日目午後の募集馬展示の後、種牡馬展示の時間と同じタイミングになるんですよね。
去年は雨で種牡馬展示を断念したので、今年はそちらに行ってみたいと思っていました。
ゴールドシップ、まだ見ていないんですよね。
というわけで、その時間は諦め、昼食を食べたらすぐにパドックに放牧されている様子を見てきました。
スタッフはいないので、パドックの中での様子になります。

ブロッシェ

ブロッシェです。
現級に目処を立てたところで、2度目の剥離骨折で休養中です。
前回と違うところということで、骨が弱いんですかね。
まあ、お母さんも順調に競走生活を送れた馬では無かったです。
母を超えるキャリアを残せるかが目標になると考えています。
思い出したのは母親の休養中に牧場に会いに行ったときのことです。
現役競走馬にして、すでに繁殖牝馬のような貫禄のある体をしていました。
いい繁殖になると勝手に思っていたのですが、G1馬の母になるとは予想以上です。
もしかしたらこの子も貫禄をある馬体を見せるのではと考えたりもしました。
まぁ、そんなことは無かったです。
そりゃレースを使っていたころから、そんなに経ってはいませんからね。
夏にでも会いに行ったら、貫禄ある馬体を見れるかもしれません。
今はゆっくり休んでもらいましょう。
そして、復帰に向けて頑張ってもらいたいと思います。

マイネルファンロン

マイネルファンロンです。
写真、どうでしょう。馬体は中々いいのではないでしょうか。
今のところ順調のようで、悪い話は聞かなかったです。
間もなくデビューに向けて入厩ということになりそうです。
ただ、何かとトラブルのある血統ですので、心配はつきません。
7月中旬以降の入厩という話もありますので、順調にいってもらいたいです。
さて、話は飛びますが、先日叔父のマイネルクラースがダート変わりで圧勝しました。
衝撃的なまでの勝ち方でした。
思ったことは、この血統、もしかしてダートは鬼なんじゃね?ということです。
兄を筆頭にこの血統は芝の長いところを使われている傾向があります。
それなりに結果を出しているだけに、そのまま使っているということはあります。
ダートを使っていれば大化けした可能性もあったのかもしれません。
仮に7月中旬に入厩だとするとデビューは新潟でしょうか。
高速芝は追い込んでも届かないというイメージが強いです。
脚元への負担も大きそうです。
新潟の新馬戦を眺めて目についたのが8月13日のダート1800m戦です。
そこで追い込んで圧勝するイメージ、自分はわきますね~。
ダートを主戦場にして芝にも挑戦する、という形の方がいいような気がします。
とまぁ戯れ言はここまでにして、とにかくデビューに向け順調にいってもらいたいと思います。



スポンサーサイト