FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
堅実
本日は2頭出しのもう1頭はウインヴォラーレです。
札幌最終レースの阿寒湖特別1000万下条件芝2,600mに出走しました。
こちらは状態も良さそうですし、何の問題もありません。
まず好勝負になるだろうと考えていました。

レースですが、スタートはまずまず。
内の馬が早くて逃げずにその後ろに付けます。
外の馬も前に行き、内めの3番手の位置取りに。
距離ロスが無いのはいいのですが、ちょっと被せられるような感じなのは嫌でした。
それ以外は特に問題なく、折り合ってレースを進めているように見えました。
3コーナー辺りからレースが動き出し、外から馬が次々捲っていきます。
内で窮屈な感じにも見えましたが、直線に入ると上手く前が開けました。
この馬なりの伸び脚を見せます。
ただ、ちょっと勝ち馬は強かったですね。
もう1頭後ろの馬に交わされてしまい3着に敗れました。

鞍上はそつなく乗ってくれました。
ただ、差し脚が生きる展開になってしまったということでしょう。
このクラスでは完全に力上位とまではいかないようです。
堅実に走ってくれていますが、勝ち切るには色々と条件が整う必要がありそうです。
まぁ、ここで賞金を稼いでおくのも悪くないと考えておきます。
この後も続戦の予定ですので、堅実に走ってもらいたいと思います。



スポンサーサイト



いつもどおりの結果も見せ場はあった
本日は2頭出しです。
まずは新潟メインレース佐渡S1600万下条件芝1,800mに出走したウインオリアートについてです。
頑張ってくれていますが、掲示板にはちょっと載らないというレースを続けています。
今回メンバーを見ると逃げ馬が1頭だけでスローペースが想定されます。
スローペースの切れ味勝負はハンデの軽さが活きることが多いです。
切れ味勝負は本来は得意ではありませんが、軽ハンデなら何とかなるかもしれません。
その辺りに期待したいと考えていました。

レースですが、スタートはまずまず。
軽く仕掛けながら先行争いを伺います。
想定された馬が逃げ、その直後の2番手につけます。
ペースはスローというよりは平均といった方がいい感じです。
直線に入ると逃げ馬に並びかけ手応えは十分に見えました。
これならいけるかも、と一瞬思いました。
ただ、やはり外から切れ味がある馬が伸びてきます。
叩き合いで見劣り7着でゴールとなりました。

いつも通りの結果となりました。
ただ、見せ場はありましたし、着差もそれほどではありません。
もっとスローで前が残るような展開なら掲示板はあったかもしれません。
ただ、それを望むのは贅沢かもしれません。
まぁ、本当に頑張ってくれていますよ。
近況によりますとこの後は放牧とのこと。
秋開催に1、2戦使った後、繁殖入りのため引退の予定となっているとのことです。
しっかり走り切ってもらいたいです。



残念なお知らせ
残念なお知らせです。
鉾田で調整していたウインクリムゾンですが、放牧中にアブに襲われてパニックになり転倒。
腰を強打し、骨盤骨折の疑いがあるとのお知らせです。
今後を楽しみにしていただけに残念でなりません。

骨盤骨折について自分なりに調べました。
ケースによりけりですが、ヒビが入ったというくらいなら予後は悪くはない方のようです。
特に手術とかではなく、休むしかないようです。
最近ですとインカンテーションが骨盤骨折だったらしいです。
復帰後重賞を勝ちGIで2着にくるくらいですから、競走能力に影響がなかったと言っていいでしょう。

まぁ、そういうケースもあるというだけで、正確な診断がまだ出ていない状況ではあります。
競走能力喪失となり引退となるケースももちろんあるところです。
とにかく軽い症状であることを祈りたいと思います。


ケージーヒトメボレの16に出資が決まりました。
ラフィアンの方でも出資が確定しました。

ケージーヒトメボレの16

はい、先日書きましたとおり、ケージーヒトメボレの16です。
抽選がある期間では満口にはならなかったので届いていれば確定でした。
ただ、その届いているかという確証が無いわけですからね。
一応、文書で返事が届いてからいろいろ書きたいと思っていました。

以前にも書きました通り、血統的には全く注目していなかった馬です。
ぶっちゃけラフィアンは元出資馬関連以外はまともに見ていません。
以前より税制の変更等で配当が目減りしているという状況があります。
最近ラフィアンの100分の1口がキツく思えているんですよね。
そのため、ウインの方に力をいれているというのが私の最近の状況です。

ただ、一通りは見た方がいいかなと、最後にパラパラとパンフレットを流し見しました。
本当に1頭1秒程度の流し見です。
その時にこの馬の写真を見て、手が止まってしまったんですね。
まさにヒトメボレだったわけですよ。
大きなお尻、バランスが取れた馬体。
写真1枚だけなら、奇跡の1枚みたいなのがあるかもしれません。
この馬の場合はツアーの時に何度も見ましたが、いつ見てもいいんです。
動画を見て、動きの良さを確認。
発表された測尺で馬体の立派さを確認。
ツアーの展示中は、外で他の馬と比較をしました。
ひと際目立つボリューム感、シッカリとした足取り。
なんていいますか、出てくる情報出てくる情報が全て合格という感じなんですよね。
馬自体に関しては欠点らしいものは無かったです。

懸念を上げるとするならば、血統面の弱さ。
血統面の裏付けがあるといろいろと安心はできます。
ただ、こればっかりは何ともしようがないところです。
そして、あまりにも完成度が高すぎることによる早熟の懸念。
父が比較的早熟傾向の成績だっただけに心配はあります。
現時点では募集馬の中でひと際抜けた馬だと感じています。
他の馬に抜かれることのないよう、しっかり成長してもらいたいと思います。





ラフィアンの方でも1頭
ラフィアンの方でも1頭申し込みました。
それがこの馬です。

ケージーヒトメボレの16

ケージーヒトメボレの16です。
なんていいますかね。要はヒトメボレですよ。
まぁ、抽選になりそうですし、私の出資ポイントで出資できるかもわかりません。
出資が確定したらもう少し詳しく書きたいと思います。
縁があるといいですね。

他の馬はしばらく様子見としたいと思います。
マイネランデブーの16はまだまだ満口になりそうにはありません。
かなり気になってはいるのですが、じっくり様子見したいと思います。
フリーヴァケイションの16はもう満口になりそうです。
縁が無かったと考えています。
ゴシップクイーンの16ですが、牝馬はもういいかなと。
いい馬だと思いますが、コスモチェーロの16の方が上だと判断しました。
スガコの16は評価としては抑え、くらいなんですよね。
2次募集馬と比較したいところです。
ピサノサンデーの16はこれからの成長を見たいところです。
様子見できるのであれば、様子見します。

とりあえず、こんな感じで2次募集の時期までは動くことはないと思います。
もう少し出資したいとは考えていますよ。



距離短縮の効果はあまり・・・
本日の函館9R500万下条件芝2,000mにウインイクシードが出走しました。
先日書いた通り、いかに最後までシッカリ伸びれるか注目していました。

スタートはまずまず。
馬なりで位置取りを決め、中団に付けます。
外目に付けたのはいつでも動けるようにということでしょう。
距離ロスが大きくても不利を受けないという王道の競馬です。
ペースは平均で、いつでも動ける態勢です。
外から交わそうとする馬がいて、それに併せて動き出します。
動き出したら早いです。
先頭を伺う位置にすんなり上がります。
そして課題の直線での伸びは・・・微妙です。
後方からの馬に交わされ、先に抜け出した馬は捉えきれず3着に敗れました。

レース前、期待していた距離短縮の効果ですが・・・。
正直あまり感じられなかったです。
2着馬は前々走では捉えていた馬でした。
そう考えるとむしろマイナスとも言えなくはないです。
これならもっと長い距離でもいいのではないかと思えます。

今後ですがここで一旦放牧となるようです。
使い続けてもいつかは勝てるでしょうが、まだまだ伸びしろがある馬だと思っています。
ここでリフレッシュしてもらい、更なる飛躍に繋げてもらえたらと思います。



同じようなレース
本日の福島メインの阿武隈S芝1,800mにウインオリアートが出走しました。
こちらもレース前に考えていたことは昨日書きましたので省略。
馬場入りのときの写真を貼っておきましょうか。

ウインオリアート、馬場入り

さて、レースです。
スタートはまずまずで、軽く仕掛けてハナを狙います。

ウインオリアート、1周目

ただ、外の馬が激しく主張したきたので譲り、2番手に付けます。
道中は2番手でスムーズな競馬をしているように見えました。
勝負所辺りから人気馬が並びかけてきて、必死に抵抗します。
ただ、直線では一杯になってしまいました。
結局7着という結果でした。

なんか、今日の2レースは同じようなレースですね。
写真が1周目だけなのも同じです。
あわよくば楽に逃げれないか、という作戦だったと思います。
ただ、同様に人気馬に厳しい競馬をさせられてしまいました。
軽ハンデだけではなく、展開に恵まれないと厳しいです。
そういう意味では今回はその番では無かったということです。

本当に一生懸命走ってくれているとは思います。
ただ、これ以上の結果を期待するのは酷なのかもしれません。
それでも、もうちょっとだけ頑張ってもらえたらと思います。




厳しいレースをさせられた
本日の福島9R開成山特別芝2,600mにウインカートゥーンが出走しました。
昨日書きました通り、現地に行って応援してきました。
往復で10時間弱のドライブになりましたが、意外といけるものですね。

レース前に考えていたことは昨日書きましたので、パドックでの様子から。

ウインカートゥーン、パドック

出資を決めたころよりもいい馬になったな、と思いました。
飛節が良く伸びるし、とてもたくましいです。
募集馬にこんな魅力的な馬はいなかったです。
まぁ、1歳馬と古馬の違いはありますけどね。
本当によく成長してくれたな、と感じています。

さて、レースです。
スタートはそれほど良くは無かったですが、少し仕掛けただけで先行集団へ。
主張してきた馬を行かせ2番手に付けます。
外枠を懸念していましたが、巧く内に潜り込めました。
とてもスムーズな競馬をしているように見えました。

ウインカートゥーン、1周目

向こう正面辺りから人気馬が並びかけてきて、併せてこちらも早めに動きます。
3コーナー辺りからロングスパート合戦になりますが、相手の方が手応えはいいです。
早めに交わされ直線ではもう一杯になってしまいました。
逃げ馬ともう1頭遅れた馬以外には交わされ、8着に敗れました。

写真が1周目なのは、それしかないからです。
2周目は馬群に沈んでまともな写真が取れなかったです。
結果からすると相手が強くて、潰されちゃった感じです。
逃げ馬共々厳しいレースをさせられてしまいました。
能力的には、この時期の500万下条件では厳しいのですかね。
降級馬や勢いのある3歳勢もいますからね。
楽な競馬をさせてもらえないと厳しいみたいです。

この後は一旦リフレッシュに入るようです。
まぁ、妥当な判断で徐々に500万下条件のレベルも徐々に下がってくることでしょう。
馬体は本当に良くなっています。
復帰後に上手いレースを選んでチャンスを掴んでもらえたらと思います。



明日は福島に行ってきます
今週は3頭出しです。
土曜日は福島で2頭、日曜日は函館で1頭出走します。

土曜日の福島9R開成山特別芝2,600mにウインカートゥーンが出走します。
頭数が10頭と少頭数に収まったのは好材料です。
ただ、メンバー的にはこのクラスとしては揃った印象があります。
上のクラスで結果を残してきた馬も何頭かいます。
厳しい戦いが想定されるところで、前走よりは期待はもてないところです。
その前走は予定外の惨敗で、ガッカリしました。
重馬場で走る気を無くしてしまったのでしょうか。
間隔を詰めてきたのはまともに走っていないからでしょう。
今回はいい馬場でレースをできそうなので、力を出し切ってほしいですね。

土曜日の福島メインの阿武隈S芝1,800mにウインオリアートが出走します。
こちらも頭数は9頭と少頭数のレースとなりました。
能力的には、準オープンで上位とは言い難いところです。
1頭負かせば出走奨励金がでるのが有難いですね。
距離短縮になりますが、元々走っていた条件でもあります。
枠順も内枠ですし、上手く先行してロスの少ない競馬をしたいところです。
軽ハンデを利してアッと言わせることができたら嬉しいです。

日曜日の函館9R500万下条件芝2,000mにウインイクシードが出走します。
こちらは普通に上位争いしてくれそうです。
ただ、近走で不満なのが、なぜか最後に伸びを欠いてしまうことです。
自分もどうすればいいのか分からないと以前記事にも書きました。
陣営は距離短縮を図ることで、その改善があるのではないかと判断しました。
結果もそうですが、距離短縮の効果があるところも注目です。
最後まで伸び切ってくれることを期待したいと思います。

明日ですが、フラッと福島に行ってこようかと考えています。
特にウインカートゥーンを1回も競馬場で見ていないことが気になっていたところです。
客観的に見てどちらも勝ち負けは厳しいとは思います。
精一杯走る姿を見て来れたらと思います。



今年最初の出資馬は?
2017年度募集の申し込みが1頭確定しました。
先日、ウインでツアー中に申し込んだ馬がいると書きました。
そのファンドの出資契約成立のご案内が本日届きました。
まぁ確定と分かりつつもお知らせは待ちたいものです。
その出資決定した馬がこちらです。

コスモチェーロの16

コスモチェーロの16です。
以前の記事の書きぶりで、まぁ分かりましたかね。
先日の写真はアップでしたので、今回は全身が写っている写真にしてみました。
それにしても、こんなに早く満口になるとはちょっと想定外でした。
ツアーで申し込んだ理由はなんとなくです。
ラフィアンの感覚があって、先着順というのに馴染みが無いんですよね。
ここで申し込まないと間に合わないかもしれないという切羽詰まった思いは無かったです。
ツアー中に申し込んだのはこれが初めてです。
普段申し込むのは遅い方なので、ツアー中じゃなければ出資が間に合わなかったかもしれません。
なんでツアーで申し込もうと思ったのか、何か見えざる手の力みたいなものを感じてしまいます。

申し込んだ理由については、すでに過去の記事で書いた通りです。
兄に申し込んでこの馬に申し込まない理由はないな、と思いました。
兄も十分走ってくれていますし、それを超える器だと思っています。
ターフで走る姿を楽しみにしたいと思います。




調教動画の感想
本日、ヴィオトポスマイネルファンロンの調教動画が公式HPでアップされました。
その感想を書いておきます。

ヴィオトポスの方は持ったままの楽な調教です。
縦列の相手に置いてかれていましたが、鞍上も気にしていない様子です。
おそらく乗り始めたばかりという感じなんでしょう。
これから復帰に向けて徐々に強めていくのでしょうね。
こちらはなんら心配はしていません。

注目はデビューを控えたマイネルファンロンの方です。
先日の動画と同様に明和の坂路で併せ馬ですが、よりハードに実戦的に追われています。
見た感じの印象ですが、悪くはない、悪くはないのですが・・・。
正直、併せた相手の方が良く見えましたね。
一杯に追われる本馬に対し、相手はずっと持ったまま。
最後は先着していた感じですが、先着させてもらった感がありありです。
併せた相手は先日と同様にマイネルスリーディのようです。

ローズキングダム産駒ですか。募集馬にもいましたね。
これは買えということなのでしょうか?
うーん、いろいろと考えさせられるものがあります。
まぁ、恐らく2頭とも上位レベルにあるのでしょう。
デビューを楽しみにしたいと思います。



2017ツアー報告その7 ゴールドシップについて
ツアー報告の最後は種牡馬展示、というかゴールドシップで〆たいと思います。
昨年からBRFでスタッドインしたゴールドシップ
去年のツアーでは雨で見学を断念しました。
来年度は多数募集されるであろう産駒を見極める意味でも見ておきたいと思っていました。

一番最初に登場したジョーカプチーノが種付け頭数100頭を超えたという話に驚きました。
グラスワンダーはまだまだ若く見えました。
そして、ゴールドシップはもちろん最後のトリで登場しました。

ゴールドシップ

競走馬時代は色々と武勇伝がある馬です。
どんなものかと思っていましたが、大人しく素直な馬でした。
競走馬時代と違ってストレスがないのでしょうね。
ポーズも取るし、賢い馬と言ってましたが、その通りと思いました。
馬体面でいえば、とにかくヤワいです。
繋ぎの柔らかさは募集馬としてみたらヤバいくらいグニャグニャです。
それを補える筋力があったから競走馬として成功したとは思います。
説明によると柔らかさを受け継いだ仔が続々と誕生しているとのこと。
来年の募集馬はゴールドシップ産駒ラッシュのことでしょう。
少なくとも1頭は出資したいと思っています。
正直、見極めが難しそうだな、と思いました。
要はいかに筋力が引き継がれているかということですが・・・。
恐ろしくもあり、楽しみでもありますね。

以上で今年のツアー報告は終了です。
帰りの新千歳空港は雨でした。
ギリギリ天気はもったのは良かったです。
ここ2年は本当に天気に泣かされましたからね。
また来年も来れたらと思います。



2017ツアー報告その6 ウインカートゥーンについて
ツアー中に出走したウインカートゥーンについてです。
ツアー中のレースは相性がいい傾向があります。
勝ち上がっての降級戦になりますし、期待していました。
明和での募集馬展示の最中でして、そちらも見たいところ。
スタートが遅れたこともあり、バタバタしながら見ました。

スタートはそれほど悪くなかったと思います。
ただ、挟まれてしまいズルッと下がりました。
道中は中団やや後方につけ、今日は差す競馬をするのかな、と思いました。
ただ、仕掛けてからの反応は悪くて、外の馬に交わされてしまいやる気を無くしましたか。
直線でも伸びを欠き9着に敗れました。

全くいいところはなかったです。
雨降りの滑る馬場でノメッていたという話もあります。
いつもと違う競馬で馬が戸惑っていたという部分もありそうです。
現実としてこのクラスは勝っているわけで能力が無いとは思えません。
ただ、安定して走れるタイプでも無かったようです。
まぁ、切り替えて次に期待したいと思います。