FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
応援に行ってきます
今週の札幌2歳Sにヴィオトポスが出走します。
母も活躍したレースで、いい走りを期待したいところです。

前走ではイマイチと感じていた稽古ですが、今回はどうだったでしょうか。
2歳未勝利馬を相手に追走して、併入するも手応えで劣るというのは同じです。
0.4秒追走から0.7秒追走に変わったという点が違っていて、その分は上昇と捉えていいのですかね。
前走から上昇はしているとは思いますが、自信は持てる稽古では無かったです。

相手関係ですが良く分からないというのが正直な感想です。
新馬、未勝利を勝って臨む馬たちばかりですからね。
どのくらい力があるのかは、やはり走ってみないと分からないというところです。
こちらは前走で負けたためどうも印象は悪いようで人気は無さそうです。
ただ、前走はかなり特殊な馬場であり、参考外とも言えると思います。
人気ほどは差がないと考えています。

今回は遠路はるばる応援に行く予定です。
他の予定と上手く合わせることができました。
一方で、レースの感想をホームページに当日アップすることはできそうにありません。
後日、アップすることになりそうです。

天気が怪しいのですが・・・、なんとか良馬場で走らせてあげたいですね。
楽しみにしています。


スポンサーサイト



前走と同じ
本日の札幌メインレース札幌日刊スポーツ杯1000万下条件芝2,600mにウインヴォラーレが出走しました。
引き続き状態は良さそうで、堅実な走りは期待できると考えていました。
一方で、トップハンデは正直見込まれちゃったなぁ、と感じました。
相手関係も楽ではなさそうで、特に3歳勢に活きのイイ馬がいるように思えました。
勝ち切るのはどうなのかな、と思いながらレースを迎えました。

レースですが、スタートは五分といったところ。
軽く仕掛けますが、ガンガン仕掛ける馬もいて、それらの馬を先に行かせます。
最終的な位置取りは5番手といつもよりは少し後ろになりました。
1回目の直線で内に入り、距離ロスなくレースを進めます。
勝負所で捲ってくる馬がいましたが、内でじっと我慢。
4コーナーで前が空いてから追い出しにかかります。
直線ではこの馬なりに伸びを見せ先頭に迫ります。
ただ、捲って先に行った馬も勢いは止まりません。
最後は逆に突き放されてしまい、2着でのゴールとなりました。

前走と同様にそつない競馬ができました。
勝ち馬には前走も負けていますし、同じ0秒3差というのもなんか面白いですね。
相手は3歳勢かと思いましたが、違いました。
前走時の同斤から2Kgこちらが背負うことになり、普通に考えれば勝てる道理は無いわけです。
今回の条件では相手の方が力が上だったということで仕方ないでしょう。
前走でも書きましたが、ここで賞金を稼いでおくのも悪くないと考えております。
引き続き、堅実に走ってもらいたいと思います。



うーん・・・
本日の札幌10Rコスモス賞オープン芝1,800mにヴィオトポスが出走しました。
レース前に考えていたことは昨日書きましたので、今日はレースから書いていきます。

スタートはまずまず。
前走とは違い、軽く仕掛けただけで前の位置取りが取れました。
枠順から外目になるのは仕方ないところでしょう。
外目の5番手という位置取りでステルヴィオよりも前なのは想定外です。
向こう正面あたりからゆっくりと先行集団を捉えに行きます。
そんな中で外からハッピーグリンが勢いよく上がって来ました。
それに併せて気合をつけて追い出しますが、相手の方が手応えがいいです。
直線に入ると置いてかれてしまいました。
最後はバテてしまった感じで差し込んできた馬にも交わされ4着に敗れました。

考えていたよりも前にいくことができたのは、最初はよしと思っていました。
ただ、それが裏目に出てしまった感じですね。
雨降りの重馬場というコンディションでスタミナが要求される馬場だったようです。
戦前の予想とは違い前に行った馬には不利な流れになったみたいです。
枠順からもあのような位置取りになったのは仕方がないところです。
相手が仕掛けてきたら突っ張るのも仕方がないところでしょう。
勝てたとはいいませんが、流れが向かなかった部分はあると思います。
レース前に書いていたように状態も本物では無かったと思います。
大負けしたわけでもないですし、こんなものなのかな、というところです。
この後は札幌2歳Sでしょうか。
もう少しいい馬場でレースを見たいものです。



明日のコスモス賞
明日の札幌10Rコスモス賞オープン芝1,800mにヴィオトポスが出走します。
札幌の洋芝は母も活躍した舞台で、期待したいところです。
ただ、札幌芝1,800mは先行有利なコースです。
母はその辺りを活かしましたが、母よりは大分ズブそうで、タイプが違う感じです。、
距離が伸びて先行できるのかは一つの課題となりそうです。

相手関係ですが、1頭強い馬がいますねぇ。
今回はロードカナロア産駒ステルヴィオがグリグリの人気になりそうです。
同じような時期に新馬を勝った馬ですが時計や相手関係を単純に比較すると厳しいです。
それぞれの新馬戦の2着馬同士、3着馬同士が未勝利戦で戦っていますが、いずれもこちらの負けです。
レースレベル的にも相手が上回っていることは認めなければいけないと思っています。
まぁ、こちらはフラフラとまともに走っていない中での勝利でした。
その辺の伸びしろに期待したいです。

あと、気になるのは追い切りの様子です。
新馬の時は、古馬を相手に追いかけて先着していました。
今回は、追いかけて併入はいいのですが、手応えが相手が馬なりでこちらが仕掛けです。
相手は同じ2歳馬で、それに手応えで劣るというのはどうなんでしょうね。
態勢が整ったということですが、正直新馬の時ほど出来に自信は持てないです。

総じてみて、条件が整ったという印象は受けないところです。
ただ、この時期の2歳馬ですので、まだまだ未知なところがあります。
その辺に期待をしたいと思います。



仕方ない
本日の札幌最終レース藻岩山特別1000万下条件芝1,800mにウインティアラが出走しました。
軽ハンデとはいえ、なかなか厳しい戦いが想定されます。
前走を見る限り、色々と条件が合えば着賞金を稼げるチャンスが無いわけではないようです。
ただ、メンバーを見ると先行したい馬が多くて、流れも向きそうにないと思っていました。
とにかく、まずは無事回ってくること。
あわよくば8着に入ってくれれば、出走奨励金を稼いでくれればと思っていました。

さて、レースですが、スタートは良かったのですが、仕掛けません。
内の馬が仕掛けて逃げを打つ中、4番手の位置取りとなります。
縦長になったので、結構速いのかと思ったのですが、1000mは61秒と意外とスローな流れに。
一瞬展開が向いたかと思いましたが、その1000mのところから一気にペースアップ。
必死に仕掛けますが、先頭に並びかけるところまで行きません。
4コーナーでは一杯になってしまいあとはズルズル後退。
シンガリに敗れました。

まぁ仕方ないですかね。
馬体重のプラス18㎏もそれほど影響は無かったと考えています。
シンガリと言っても大きく離されたわけではありません。
力は出し切っているのではないでしょうか。
残り少ないレース数になると思いますが、無事繁殖に上がるまで走り続けてもらいたいと思います。