FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインオリアート、ありがとう。
ウインオリアートの引退のお知らせが届きました。
最後のレースから結構経った感じですが、精算とかその辺の都合ですかね。
2012年に出資を決めてから、5年間、本当に長く楽しませてくれました。
当初は馬体重がー、気性がー、胃薬だー、の馬でした。
背はスラっとしていましたが、幅がなく、すぐガレてしまうような馬でした。
現役最後の頃はそういった心配もなくなり、立派な馬になりました。
420㎏で走っていた馬が最終的には460㎏までになりました。
本当に成長を感じることが出来る馬でした。
こうして無事繁殖に上がることができ、とても喜ばしい限りです。

戦績を振り返ると、私の出資馬の中の色々な面で記録に残る馬となりました。

まず、私の出資牝馬の中では最多賞金獲得馬となります。
一口馬主DBによりますと、それまではマイネヴィータの8,006万円が最多でした。
初めての出資牝馬でもあり、それから十数年、超える馬が中々でなかったということです。
ようやく、という感じですね。
最終的に9,860万円を稼ぎだしました。
ここまで来たら1億円を稼ぎたかった、という気もする数字ですね。

また、引退レース前にも書きましたが私の全出資馬の中で最多出走馬となります。
39戦で、それまでのマイネルアーバニタの38戦を超えました。
他に30戦以上はマイネイディールの36戦というのがあります。
1年間長くやらせていただいた分、ですね。
これも、どうせなら切りよく40戦と行きたかった、という気もしますかね。

あと、心残りは重賞に1回ぐらいは出走したかったな、ということです。
格上挑戦の可能性もあったのですが、結果的にはずっと自己条件のままでした。
福島牝馬Sに出るという話があった時はちょっとドキドキしたものです。

なんか、こうして振り返ると微妙に心残りがあるような記録となっています。
が、ウインオリアートには母になるという大切な仕事が残っています。
それらのことは次の世代に期待したいと思います。
いい子を産んでもらって、出資出来たらと思います。
そして母を超えるような馬になってくれたら最高です。
期待しています。

ウインオリアート



スポンサーサイト



シッカリ感じられる復調気配
本日の東京10R紅葉S1600万下条件芝1,600mにマイネルメリエンダが出走しました。
前走で立て直しの気配を見せたところで、更なる上昇を期待したいところです。
ただ、条件は合っていないな、と思っていました。
まずは中山から府中に変わるのは明らかにマイナスです。
また、雨降りの馬場は経験がありませんが、トビが大きい馬ですので合うとは思えません。
スタミナが要求されることも、最後の伸びに不安があるこの馬としては厳しい条件でしょう。
なんとかいい競馬をしてくれたらと祈りながらレースを見ました。

さて、レースですがスタートは良し。
ただ、いつもよりも行きっぷりは良くありません。
積極的な馬も多数いて、中段の内といった位置取りになります。
ただ、みんな外に出して揉まれるという感じではありません。
勝負所のコーナリングでは内が空いたので、そこから進出します。
直線でも切れるというほどではありませんが、シッカリと伸びます。
掲示板は確保の5着でのゴールとなりました。

馬場状態もそうですが、なんかいつもと違う競馬になりました。
馬場の悪いところを通らされたし、差す脚も求められる展開になりました。
けしてこの馬の競馬では無かったにも関わらず頑張ったと言えるでしょう。
かなり状態が戻ってきたと思っていいのではないでしょうか。
次走は中山開幕週の市川Sでしょう。
今回よりも条件が整うと思いますので、期待できそうです。
楽しみですね。


マイネルファンロンは鉾田へ
公式HPによりますと、マイネルファンロンは鉾田で一息いれるそうです。
レース前に歩様に硬さと言われていたように、万全という感じでも無かったですからね。
妥当な判断といったところでしょう。

北海道ではないことから、復帰まではそれほど長くは掛からないかと思われます。
復帰の予想ですが、ズバリ12月2日の葉牡丹賞芝2,000mと見ました。
この時期の長い距離のレースとなると選択の余地は少ないです。
結果次第で今年からG1になったホープフルSに駒を進めることになるのではないでしょうか。
個人的にはホープフルSがG1になったことに違和感を感じている方だと思っています。
ただ、こうなった以上は有効に活用したいところです。
楽しみにしたいと思います。



お疲れ様でした
本日の東京10R六社S1,600万下条件芝2,400mにウインオリアートが出走しました。
今日もパドックでの様子から、書いていきます。

ウインオリアート、パドック

パドックで気づいたのが横断幕が2つ。
どちらも内容からして、今回のために作ってきたものなのでしょう。
愛されていたんだな、っていうのを感じて自然と笑みが出てしまいます。
キャリアを積み重ねてきた馬だけに、パドックでの様子も慣れたものです。
厩務員さんに甘えるような仕草を見せながら、落ち着いて周回していました。

さて、レースですが、スタートは普通。
行く馬を行かせて、外目の3番手に付けます。
前が引っ張り、少し縦長の平均ペースでレースは流れます。
特に出入りは無く、3コーナー辺りから進出。
直線入り口で先頭に並びかけ、追い出しに掛かります。

ウインオリアート、直線

追ってからの伸びはこの馬なりです。
切れる馬に交わされていきましたが、一生懸命走りました。
結局8着でのゴールとなりました。

引退レース、お疲れ様でした。
8着と出走奨励金はシッカリ稼いできたところはこの馬らしいと思いました。
公式HPでも同じことを書いていて、ニヤリとしました。
今後は北海道に戻り、繁殖牝馬となる予定とのこと。
この馬については、色々と振り返りたいと思っています。
引退のお知らせが届いてから、またアップしたいと思います。



明日はウインオリアートの引退レースです
明日はウインオリアートの引退レースです。
出資してから5年ちょい立ちます。
牧場でも何度も会いましたし、レースも見にいきました。
本当に長く付き合ってきたな、という感じです。
こうして引退レースと言われて走るのは、なんか初めてな気がします。
ここで勝てなければ引退だろうな、とかいうのはありましたけど。

このレースで39戦目となり、私の出資馬ではマイネルアーバニタの38戦を超えて最多となります。
これもまた本当に積み重ねてきたな、とシミジミ思います。
どうせなら40戦とか思わなくもないですが、決まったことです。

鞍上はハンデによって変わるという話でしたが、50㎏ということで木幡初也騎手になりました。
赤帽だったころからのお付き合いで、稽古はよく乗ってもらっています。
レースではあまりいい思い出はないですけど、よく知ってはいることでしょう。

馬の状態もここに来てさらに上向いている感じはあります。
客観的に見たら勝ち負けとかは厳しいのでしょうが、その辺はもうどうでもいいです。
力いっぱい最後のレースを頑張ってもらえたらと思います。



予想通りと言えば予想通り
本日はもう1頭東京10R本栖湖特別1000万下条件芝2,400mにウインヴォラーレが出走しました。
こちらもレース前に考えていたことは前の記事の通りです。
パドックでの様子から書いていきます。

ウインヴォラーレ、パドック

こちらもTの字の入ったお揃いのメンコで登場です。
古馬ですが、こちらの方がチャカチャカしていた印象です。
こんなにイレ込む馬だったっけ、前はどうだったか・・・。
と、ここで、あまりパドックを見る機会が無かったことに気が付きました。
現地応援はまだ2回目なんですね。
頑張って沢山走ってくれているのですけれどね・・・。
馬体重の割には背が高い馬だな、という印象は持ちました。

さて、レースですが、スタートは悪くなかったです。
いつも通り、馬なりで位置取りを決めますが、積極的な馬が多かったです。
いつもよりも後ろの中団といった位置取りになります。
勝ちを意識していたら、いつもと違う競馬でドキドキです。
ただ、意識してなかったので、逆に面白いな、と思いました。
折り合いはバッチリで、勝負どころでも手応えは十分に見えました。
外から人気の馬が上がって来たので、譲らずに仕掛けます。
そして直線ではこの馬なりにシッカリと伸びますが、千切るほどの切れはありません。
ハンデ戦らしい大混戦になりました。

ウインヴォラーレ、直線

一旦は抜け出すも、僅かに後れを取り、2着に敗れました。

予想通りと言えば予想通りという結果です。
上位の力はあるけれど、抜けた力は無いことは分かっていました。
勝ち切るには微妙なところで運が必要になりますね。
ただ、結構後ろからの競馬でもやれるということが分かったことは収穫ですね。
さらに安定感が増してくることと思います。
この後は一息入れて暮れの中山を目指すということです。
引き続き安定したレースを見せてくれたらと思います。



マイネルファンロン、強かったです!
本日の東京3R未勝利戦芝2,000mにマイネルファンロンが出走しました。
レース前に考えていたことは前の記事の通りです。
早速パドックでの様子から書いていきます。

マイネルファンロン、パドック

前回の暴れっぷりから、どんな感じなのか、ドキドキしながら待ちました。
今回は打って変わって、大人しく素直に歩いていました。
何か違うと思ったら、メンコを付けたんですね。
メンコには音を聞こえにくくし、音に敏感な競走馬をケアする効果があるようです。
馬によっては逆に不安になることもあるようですが、今回はいい効果が有ったようです。

さて、レースですが、スタートはまずまず。
少し仕掛けただけで先頭を伺う位置につけます。
譲ってもいいという感じでしたが、主張する馬もなく、自然にハナに立ちました。
あまり極端にペースを落とすわけでなく、平均よりやや遅いくらいのペースで引っ張ります。
特に絡んでくる馬もおらず、この馬のペースでレースを進めることができました。
そして直線で追い出しにかかります。

マイネルファンロン、直線

独走になりましたので、写真は撮りやすかったですね。
直線ではグイグイ他馬を離して、安心して見ていられました。
4馬身突き放して、見事1着でゴールしました!

うん、強かったです!
初戦からこういう結果を見せてくれると思っていたのですけどね。
2戦目の変わり身が、綺麗に出てくれた感じです。
これで2世代続けての全出資馬勝ちあがりとなります。
今年に入ってから、出資馬たちが本当に順調でありがたいです。
次走は順調ならば、中3週で百日草特別でしょうか。
歩様に硬さが、とも言われていたので、一息入れるかもしれません。
ただ、クラシック出走は意識したいですね、
いずれにせよ次走が楽しみです。
最後にウィナーズサークルでの写真で〆たいと思います。

マイネルファンロン、ウィナーズサークル



明日は2頭出しです。
表題の通りです。
2頭ともにいい走りしてくれそうで、楽しみです。

まずは東京3R未勝利戦芝2,000mにマイネルファンロンが出走します。
歩様の硬さから出否が微妙だったのですが、出走の運びとなりました。
相手関係はかなり緩そうで、恐らく断然の1番人気に押されることになりそうです。
その相手関係で気になるのはマノンですかね。
いや、お母さんが元出資馬だったので・・・。
募集に供されたら、悩んでいたであろうことは間違いないです。
まぁ、コンデュイット産駒というところが厳しいところですが。
この馬の好走も期待したいところです。
人気は前走の走りからすれば当然のことかと思います。
ただ、追い切りでは新馬に遅れるなど、なんか状態は微妙な感じです。
少なくとも新馬戦の前と比較すると自信は持てないところです。
まぁ新馬戦前は強気すぎるくらい強気でしたからね。
不安はあるところですが、それでもここは是非勝っておきたいところです。
心配が杞憂に終わることを望みたいと思います。

そして東京10R本栖湖特別1000万下条件芝2,400mにウインヴォラーレが出走します。
トップハンデに押され、公式的にも、ここでは力量上位という位置づけになろうかと思います。
安定して走ってくれていますし、ここでも力はシッカリ出し切ってくれるでしょう。
ただ、勝ち切れるかというと微妙です。
例えばサウンドメモリーは陣馬特別で負かしていますが、今回は2㎏斤量差が詰まります。
1㎏1馬身という定説からすれば、逆転されてしまいます。
さらには軽量の3歳馬勢もいますので、勝ち切ることには何とも自信は持てないですね。
まぁ以前から言ってはいますように、そんなに勝ちには拘っていません。
特に目標となるレースがあるわけではないですからね。
無事に、しっかり走ってくれたらと思います。



今年の1歳馬の出資状況
今年の1歳の出資馬は今のところ3頭です。

ラフィアンからはケージーヒトメボレの16
ウインからはコスモチェーロの16
キャロットからはコンカランの16

丁度各クラブ1頭ずつとなります。
今までの出資頭数からすれば、今年はこれで十分ともいう感じもあります。
ただ、もう少し考えたいというのもありますね。
そんな中、ラフィアンとウインの2次募集カタログが来ました。
その感想と併せて、残口がある馬についても書いていきたいと思います。

まずラフィアンの2次募集で気になるのは、パシフィックベルの16ですね。
ゴールドアリュール産駒の大型馬で、これだけ大物感がある馬はなかなかいないです。
ウインだったらまず出資に行っていたと思いますが・・・ラフィアンなんですよね。
100分の1の負担が重くて、ラフィアンの口数を減らしたいと思っている中で、どうなんでしょう。

ウインの方は、うーん、今のところ出資したいという馬はいないかなぁ。
グランプリボスの2頭は良さげですが、今一歩ピンと来ないです。
馬の形でいえばワキノバクシンの16が好みですが、ちょっと小さいですね。
あとDVDでの動きが細かすぎて、伸びやかさが足りない感じがします。

いずれにせよ今回の2次募集ですぐに出資するということはないです。
パシフィックベルの16は残るようなら考えたいと思いますが、多分人気だと思います。

後は残口がある中で、まず取り上げるのはキャロット。
もうほとんど売り切れですが、残っている内の1頭がレーヴディマンの16です。
私のメイン厩舎ともいえる田村康仁厩舎ですが、キャロットでは評判はイマイチなのでしょうか。
日本に来てからの兄弟は微妙ですが、海外ではG1ホースもいますし、基本的には良く走る血統です。
馬体自体はバランスが取れていて、いい感じに見えます。
あとは小さいことが嫌われている要因でしょうね。
人気が無いのなら出資してしまおうかという天邪鬼的な気持ちも起きなくはないです。
まぁ、走ると同時に故障が多い血統でもありますからね。
ここは、我慢我慢で、あまり長く残るようなら考えたいと思います。

ラフィアンからは1頭、マイネランデブーの16です。
ラフィアンの口数を減らしたいと言ってますが、自分の元出資馬の子は別腹です。
ツアーの時から一貫して気になっていますが、今回は写真がアップされました。
バランスは多少は整ってきたかなぁ、と感じました。
まぁ、ツアー時との比較の問題で、他の馬と比較するとお尻は寂しいですし、良くは見えないです。
こちらは本当に人気ないんですよね。残口は92口ですよ、92口。
2口はクラブの持ち分とすると売れているのは6口だけ。
なんかねぇ出資しなくちゃいけないような気持ちになっちゃうんですよね。
とりあえず、年末まで様子は見たいと思います。

ウインからは2頭。
まずは、スガコの16。
更新されている写真や近況を見ると、凄くいい感じです。
大型馬らしくない、柔らか味がある動きというのに魅力を感じます。
乗り出してからの様子が楽しみですね。
そしてもう1頭がピサノサンデーの16です。
ツアー時と比較すると凄く成長しましたね。
ただ、写真をみるとなんか違和感を感じます。
曲飛は特徴と割り切っていますが、脚長な割に首が短くアンバランスな印象です。
ただ、その成長力は魅力で、こちらも乗り出してからが楽しみです。

今回のは覚書みたいなもので、今すぐ出資する気はありません。
それぞれ募集締め切りまでジックリ様子を見ていきたいと思います。