FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今週は3頭出しです
今週の出走は3頭です。
仕事で応援には行けないこともあり、今のうちに書いておきます。

まずはヴィオトポスです。
明日土曜日の9Rひいらぎ賞500万下条件芝1,600mに出走します。
新馬勝ちの後はピリッとしないレースが続いています。
追い切りの時計からは大きく変わった印象はありません。
相手関係はあまり揃っている印象はありませんが、それは前走も同じでした。
厳しい戦いになるとは思いますが、それでもこの辺で目処を立てないといけないところです。
何とか変わってもらいたいものです。

そして次はウインティアラです。
土曜日の最終R1,000万下条件牝馬限定芝2,000mに出走します。
今回の内容次第で現役引退の可能性がある旨は示唆されているところです。
真面目な馬ですし、状態は引き続きこの馬なりに良好なようです。
相手関係もそれほど強力という印象はありません。
前走も見せ場はありましたし、ベストは尽くせると思います。
応援に行けないのが本当に残念です。
力一杯走ってもらいたいと思います。

最後にマイネルメリエンダです。
日曜日の阪神10R元町S1,600万下条件芝1,600mに出走します。
徹底的にマイルに拘り、ここに出走の運びとなりました。
個人的には距離延長は試してもいいと思っているのですけれどね。
むしろ阪神の馬場にはそれほどいい印象は無いところです。
結構直線は長いですからねぇ。
ただ、前走はともかく、前々走を見る限り、調子は大分戻っていると考えています。
自分のペースで競馬をしてもらいたいと思います。



スポンサーサイト



マイネランデブーの16に出資します。
ラフィアンの1歳馬募集が締め切られました。
最後の最後に結局1頭出資を決めました。
それがこの馬です。

マイネランデブーの16

マイネランデブーの16です。
出資馬の子ですし、まぁツアーの時から注目はしていました。
手足が長くて、飛節の伸びが目立つ馬です。
一方で頼りなさが感じられるところもあり、柔らかさと緩さが紙一重に感じられる馬です。
人には勧められない馬ですが、すごく特徴が際立っており、興味深い馬でした。
即断はしなかったのですが、近況更新のたびに注目していました。
なんだかんだで出資しているケージーヒトメボレの16よりも先に見てしまう自分がいました。
兄たちがノドの不安がありましたので、その辺が出てきたら諦めようとは思っていました。
ずっと見てきましたが、引き続き緩さはあるようですが、基本的には順調に進められているようです。
口数も以前ほとんど売れていないと書きましたが30口を超えるくらいは売れたようです。
冷静に考えるとリスクが大きいのかもしれません。
それでも、やはり思い入れの強い馬に出資をしたいと思い決断しました。

さて、これで今年の出資1歳馬は4頭です。
ラフィアン、キャロットは終わりましたので、残りはウインですかね。
以前の記事で書いた馬のほか、会員募集のデイムウルスラの16なんかは気になるところです。
基本的には打ち止めと考えていますが、凄く大物感を感じさせるとかあれば、考えなければいけません。
1月末まではしっかり情報は集めていきたいと思います。