FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
勝ちたかった
もう一頭マイネルファンロンについて書いていきます。
パドックでの様子はノンビリでした。
他の馬よりも内を回り、元気がなくも見えます。
ただ、こういうタイプなのかもしれません。

レースですが、スタートはイマイチ。
枠順もあり、後方の位置取りになります。
このまま無理をせずに差す競馬をするのかと思いました。
ただ、ペースはスローで我慢できず、前へを進出します。
外を回りながら先頭を伺います。
直線でもジワジワ伸びて3頭の争いに。

マイネルファンロン、直線

ただ、最後で伸びを欠き2着に敗れました。

レース前に懸念していた通り、枠順が痛かったですね。
枠順の不利のため、後ろから行くことしかできませんでした。
そして、我慢できず動き出したことが最後の伸びを欠いた理由かと思います。
勝ちたかったなぁというのが、正直な思いです。
次こそは勝利を掴んでもらいたいです。



スポンサーサイト



現状は丈夫に
さて、本日の2頭出しの結果です。
まずはヴィオトポスの方から書いていきます。
本日は府中まで応援に行ってきました。
レース中の写真はどうしてもマイネルファンロンの方が中心になってしまいます。
2頭出しの辛さですね。
なのでパドックの写真を載せておきます。

ヴィオトポス、パドック

パドックでの様子は落ち着いていました。
レースを積み重ねてきて慣れてきましたかね。

さて、レースですがスタートは最近は上手ですね。
外枠なので、そんなに前は行けず、5番手くらいに付けます。
ペースはスローに流れて、我慢できず何頭かが前に行きます。
無理に仕掛けず、最終的にはいつもの位置取りに。
直線に入って追い出すも、なぜかまた前が壁に。
バテた馬を交わしての8着でのゴールとなりました。

まぁ、こんなもんでしょうか。
ただ、外に出してクリーンな状態での追い込みも見たい気はします。
そのうち相手関係が緩くなってくれれば、もう少し前にいける機会もあると思います。
現状は丈夫に使い続けてもらえたらと思います。


フリージア賞
明日は同一レースに出資馬2頭出しです。
東京9Rフリージア賞500万下条件芝2,000mにマイネルファンロンヴィオトポスが出走します。

まずはヴィオトポス
後ろから行く競馬で着賞金は稼げるようになってきました。
状態としては劇的に良化とかは無いにせよ、それなりの出来を維持しているようです。
ただ、正攻法でいって勝ち負けは厳しいかなと感じています。
やはり後ろから行ってバテた馬を交わすということになろうかと思います。
枠順も外枠の方がレースはしやすいと思います。
自分の競馬に徹してもらいたいと思います。

そしてマイネルファンロン
こちらの方は勝負がかりですね。
未知の馬は何頭かいますが、基本的には実績最上位です。
確実に上位に入ってくるとは思います。
ただ、外枠は良くないですよね。
前走もそれで泣かされた部分はありましたからね。
スムーズに先行できるかがカギになると思います。
勝ち上がり、クラシック路線に乗ってもらうことを期待しています。

明日のレースが楽しみです。



ウインティアラの引退について
引退通知が来てから書くと書いたウインティアラの引退について書いていませんでした。
郵便物のチェックが遅れていて、来ていたことに気が付かなかったというのが真相です。
どうもいい加減になってきていますね。

さて、ウインティアラですが、飛節が良く伸びる歩様に特徴があり、それに惹かれて出資しました。
それほど大きな馬ではなく、最初は正直ポニーみたいだな、と思っていました。
それでも、その内サラブレッドらしくなるだろうと思っていました。
結局大きくならなかったのは自分としては結構誤算でした。

小さな馬でしたが、一生懸命に走ってくれる馬でした。
レースの数をこなし1000万下条件まで走ってくれたのは立派です。
この馬の競走馬としての限界まで走ってくれたと思います。
悔いを残さず引退を迎えることが出きる馬は多くはないです。

引退後は繁殖入りできたということも有難いことです。
次の夢は子どもに託したいと思います。
気性的に真面目なところや丈夫なところは引き継いでもらいたいですね。
そして、少しでも大きな仔を産んでもらいたいと思います。
出資する機会があればと期待します。



前走と同様に不可解
本日の東京11R節分S1600万下条件芝1,600mにマイネルメリエンダが出走しました。
前走で不可解な敗戦を喫しましたが巻き返しを狙いたいところです。
ただ条件は前走よりは明らかに厳しいです。
頭数は16頭のフルゲートと揃いました。
東京コースも実績的にはイマイチなところです。
何とかならんもんかなと思いつつレースを待ちました。

レースですが、スタートは抜群で体一つ抜け出します。
そこから無理せずに行きますが、前に行く馬も少なく2番手につけます。
ペースはゆったりした流れで4コーナーでは自然に先頭に並びかけます。
ただ、直線に入ってからの伸びは一息。
最後は止まってしまい13着に敗れました。

うーん、前走と同様に不可解な負け方としか言いようがありません。
逃げ馬が勝っているわけでペース的には恵まれているはずなんですけどね。
ただ、最近のレースを振り返ってみると先行するとダメなんですよね。
昨年掲示板に載った2戦は結果的に後方からの競馬です。
自分の競馬ではないと思っていたのですが、そちらの方が合うのでしょうか。
まぁ、スタートは上手なので無理に下げるのも変なんですけどね。
けして能力的には終わったとは考えていないので、何とか巻き返して欲しいです。