FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
マイネルファンロンの皐月賞
本日の中山11R皐月賞G1芝2,000mにマイネルファンロンが出走しました。
久々のG1出走ということで混雑する中山競馬場まで応援に行ってきました。
まずはパドックの写真から。

マイネルファンロン、パドック

パドックでの印象ですが、最初、お、いい感じじゃんと思っていました。
実は隣のグレイルと勘違いしていました。
改めて見ていると、G1出走のそうそうたるメンバーの前ではやはりちょっと見劣りますかね。
馬体的にも大きな馬ではないですから。
精神的にも暴れるわけではないのですが、堂々とした感じも無かったです。

さて、レースですが久々のG1ですが、さすがの盛り上がりです。
混雑の余り、まともに写真は撮れませんでしたのご容赦願います。
スタートは普通ですかね。
今回は気合を付けず自然な流れで位置取りを決めるという感じでした。
前の3頭が気合入れて飛ばす中、後方のグループの中では先団外目という位置取り。
先頭3頭を除けばいつも通りの競馬になりました。
前が飛ばす流れでペースは一見すると早い流れに見えます。
課題の折り合いと言えば・・・これも今まで通りのように見えました。
勝負所で各馬上がって行きますがそれほど手応えは良くありません。
直線でも伸びは一息でした。

マイネルファンロン、直線

結局13着という結果に終わりました。

一見すると早い流れのようでしたが、後方グループはそれほど速い流れではなかったようです。
結果的に後方グループの中で前目を走っていた馬が上位を占めました。
勝った馬、2着馬の直後にいたわけですから言い訳はしづらいです。
現状では力不足ということなんでしょう。
厳しいことは分かっていたので、何か目新しいことをやるかもと思っていました。
若干折り合いも欠き気味でしたし、外を周る競馬も結局いつも通りでした。
今までの競馬をして敗れたのですから仕方ないですね。

今後ですが、ここで一息入れるそうです。
ダービーを狙うにはもう1戦使う必要があります。
もしかしたら再度権利を取れるかもしれませんが、それだと結局出るだけになってしまいます。
エポカドーロとの差も広がっていますし、状態面も万全とはいえない気もしています。
タイミングなのかもしれませんね。
ここまで本当に頑張ってくれたと思います。
ここで一息入れることで、秋には更なる成長を期待したいと思います。



スポンサーサイト



空回り
本日の福島12R飯盛山特別500万下条件芝2,000mに出走したウインクリムゾンの結果を書いていきます。
レース前に考えていたことは昨日書いた通りですので、レースからです。

スタートはそれほど上手くはありませんが、二の脚は早いです。
自然に先行集団に付けます。
枠順もあり、外々を周るのは予想通りです。
ただ、どんどん引っ掛かってしまい鞍上は抑えるのに一苦労です。
スタミナをロスし、3コーナー辺りでもう一杯になってしまいます。
直線ではもう下がるだけで、シンガリに敗れてしまいました。

真面目に走ろうとする気持ちがあるのは有難いのですが、空回りしていますね。
キャリアが浅いこともあり、レースの走り方自体を覚えていない感じです。
状態面もやはり万全とは言い難いこともあると思います。
ちょっと時間が掛かりそうというのが正直な感想です。
能力的にはいいものがあるとおもっているのですけれどね。
立て直してもらいたいです。


今週出走の2頭のレース前所感
今週の出走馬は2頭です。
レース前の所感を書いておきます。


まずは、明日の福島12R飯盛山特別500万下条件芝2,000mに出走するウインクリムゾンから。
前走は無事にと言っていいのかは微妙なのですが、何とか復帰戦を走りました。
直線はともかく、序盤の行きっぷりの良さはこの馬らしく思えました。
1戦を終え、順調に次を使えるのは喜ばしいことです。

ただ、追い切りに関しては相変わらず恐る恐るという感じです。
正直状態に関しては掴みかねる部分はあります。

今回は、状態を掴む意味でも、クリーンなレースを期待したいですね。
枠順も無事外枠の方に入ることができました。
井上騎手が乗ったデビューから2戦のような競馬で、大外をぶん回してもらいですね。
もしかしたら能力でいい競馬をしてくれるかも、と期待したいです。


そして、もう1頭が日曜日の中山11R皐月賞G1芝2,000mに出走するマイネルファンロンです。
枠順は決まっており、6枠11番となりました。
個人的に内枠の方を希望していたので微妙なところです。
ちょっと外というくらいですから、悪くはないと思っておきます。
そして、もう既に前売りの発売は始まっており、現時点では62.7倍の13番人気です。
正直単勝万馬券になると考えていたので、思ったよりも人気になっていますね。
多少穴人気しているようですが、最終的には万馬券になるような気もしています。

追い切りですが、今週は軽めの終い重点といったところ。
2週続けてフィエールマンに可愛がられたという感じの稽古ではあります。
まぁ、状態自体は悪くなさそうで、相手が強すぎるという感じです。
ただ、同じ3歳を相手に、G1に出る馬の追い切りとしては物足りない感じです。
適性の違いと思っておくしかないでしょう。
前日の山藤賞はちょっと注目です。

最後に触れておきたいのが天気です。
どうも怪しい天気で、もしかしたら重馬場でのレースになるかもしれません。
正攻法では難しいので、そこに活路は見出したいところです。
未勝利戦では重馬場で結果を出していますしね。
皆が馬場のいい外を回す中、一頭だけ内を突いて抜け出す。
そんなレースをしてくれたら、と妄想します。
最近では、秋の天皇賞のキタサンブラック、同舞台ならゴールドシップの皐月賞ですね。
そんな競馬でアッと言わせてくれたらと期待したいと思います。


皐月賞1週間前
来週にはマイネルファンロンが出走する皐月賞が行われます。
出走を決めたとは言え、客観的に見て評価は最低ランクでしょう。
どうすればいい結果が残せるのか、考えていきたいと思います。

登録頭数は17頭とフルゲートに満たなかったです。
さらに最有力馬であったダノンプレミアムも回避することになりました。
本番ではさらに少頭数になる可能性もあります。
少しでもライバルが減るのはいいことです。

ダノンプレミアムが回避したことで有力馬は差し馬勢に偏った気がします。
牽制しあうという可能性もあり、先行馬に有利な気もしています。
ただ、やっぱり折り合いなんでしょうね。
ずっと外枠で外で引っ掛かり気味な競馬をしてきた感じです。
前に馬を置いて折り合うような競馬をすることに、更なる前進の可能性があると考えます。
位置取りにとらわれず、折り合いに専念する競馬をしてもらいたいです。

今回皐月賞でのダービーの出走権は5着までです。
昔は4着までだったんですよね。
マイネルシアターが5着で仕方なく青葉賞に回ったのでよく覚えています。
それはさておき、今回のレースは勝ちに行くというのではなく、5着狙いという考え方もありです。
一発狙うなら逃げてノーマークになることを期待することが一番可能性としてはあると思います。
ただ、それには惨敗の可能性も付きまとうことになります。
折り合いに専念することが5着狙いに繋がるならそれもいいと考えています。

あとは枠順ですね。
勝ち上がってからは祟られているかのようにずっと外枠が続いています。
折り合いに専念するなら、やはり内枠が欲しいですね。
こればっかりは祈るばかりです。