FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
うまく乗ってくれたとは思う
本日の福島8R3歳以上500万下条件牝馬限定の芝1,800mにヴィオトポスが出走しました。
久々の一戦になった前走は成長を期待していましたが、思うようには変わってくれませんでした。
先日の追い切りでは2歳未勝利馬より手応えで劣っていたようです。
前走よりも相手関係は楽になった感じはあります。
それでも、大きな期待はし辛いと考えていました。

レースですが、スタートは悪くなかったです。
前に行けるのかとも思ったのですが、無理せず後ろに下げまず。
集団は大きく二つに分かれその先頭を走ります。
流れの中で、上手く内ラチピッタリを確保します。
勝負どころで他の馬が動く中、インで脚を貯めます。
直線では上手く前が空きましたが伸びはジリジリといったところ。
6着まで上がったところがゴールでした。

うまく乗ってくれたなとは思います。
それでも掲示板にはちょっと足りなかったですね。
まぁ、現状ではこんなものなのでしょう。
放牧して成長というのも期待しづらそうなので、使っていくしかないでしょう。
流石に降級馬とかも多い時期ですからね。
使っていけば、もっと相手関係が楽になる時期があります。
それまでに焦らずに待ちたいと思います。


スポンサーサイト



変わり身を見せた
本日の福島1R2歳未勝利戦芝1,800mにマイネルモーディグが出走しました。
今回はデビュー2戦目になります。
そのデビュー戦を見る限り、ちょっと時間が掛かりそうに思えました。
稽古の時計を見る限りでは大きく変わった印象はありません。
少しでも前進してくれればと、レース前はその位に考えていました。

スタートは今回も上手でした。
これは今後も心配しなくて良さそうです。
ここから前走はずるずると下がったのですが、今回は頑張ります。
枠順が良くなくて外を周らされますが、それでも3番手をキープできました。
道中は掛かり気味にも見えるくらい、いい行きっぷりです。
ただ、勝負所から追い出しでも反応は鈍い感じです。
前の馬の1頭は手応えよく、外からも1頭勢いよく上がってきて交わされます。
あぁ、このままズルズル下がっちゃうのかな、と思いました。
ただ、ここから直線ではよく粘りました。
4番手の馬に詰め寄られますが、逆に突き放します。
結局3番手をキープしてゴールしました。

想定していた以上に変わり身を見せてくれました。
やはり前走はまともに競馬をしてなかったのでしょう。
練習通りゲートは出たもののそのまま練習通り止まってしまったのでしょうね。
そこからまた走り出した分のロスがあった感じです。
今回はレースを覚えてまともに走ってくれたのでしょう。
切れ味はあまりありませんが、本当にバテない感じです。
とにかく、今回で大分目処が立ちました。
スタートは上手なので、勝つときはやはり逃げ切る可能性が高そうですね。
上手く緩そうなメンバーを選んで、早く1勝目を上げてもらいたいと思います。




2018ツアー報告その3 ラフィアンの出資馬について
ツアー報告も最後です。
2日目の午前中は真歌に行ってきました。
出資馬は2頭、ともに公開調教付きです。

まずはマイネルファンロンから。
ツアーのため、明和から真歌に移動してきました。

マイネルファンロン、調教

坂路調教のタイムは 70.49-39.57-12.82 です。
ラスト1ハロン12秒台はこの馬くらいだったかと思います。
乗り始めたばかりということですが、順調なのではないでしょうか。

マイネルファンロン

人気がありまして、ずっと馬房から出されていました。
会った感じでは大人しかったですが、普段は結構やんちゃなところがあるようです。
復帰は良く分からないけど、札幌という話が聞いた気がする、ということです。
500万下条件からの復帰になりますので、しっかりステップアップしていってもらいたいですね。

そして、マイネルイヴィンスです。

マイネルイヴィンス、調教

併せ馬で手前がマイネルイヴィンスになります。
坂路調教のタイムは 71.6-41.7-14.8 です。
先着はしましたが、タイム的には他の2歳馬と比べると平凡です。
調教前の主任のコメントも、「見通しが立っていない」の一言です。
現状なかなか厳しいようです。

マイネルイヴィンス

悪くない馬体をしていると思うのですけれどね。
お尻の大きさに比べると前は物足りない感じはありますかね。
気持ちは焦っているのだけど、体は動いていない。
心と体が一致していない、ということをスタッフの方が言っていました。
鍛えて本当に仕上がってきたら、良くなってくると信じたいです。
デビューは焦らずに待ちたいと思います。

以上で、今年のツアー報告は終了です。
なんか、あっと言う間に終わってしまった感じです。
また、来年も行けたらと思います。





2018ツアー報告その2 ウインの出資馬について
例年通り、2日目の午前中は真歌とCVFに分かれていました。
ともに2頭ずつ出資馬がいたのですが、真歌の2頭は公開調教付きです。
そしてCVFの1頭は展示無しです。
必然的に真歌を選ぶことにしました。
ただ、そうするとCVFに行くのが初日の夕方だけ。
ウインの募集馬もジックリ見る機会が少ないのが残念です。
初日の以前のCVFが先の方が昼休みを早めに切り上げて見る機会もあったのですが・・・。

さて、ウインの出資馬で牧場にいたのは2頭。
うち1頭のウインセルリアンは放牧中で会うことができませんでした。
代わりにこんな感じの紙が貼られていました。

ウインセルリアンの紙

牧場に行ってこれだけでは寂しいのは確かですが、言っていることは同意です。
ずっといいことを言われ続けた中で、歩様の乱れからの休養。
同期のウインゼノビアが見事勝ち上がった中、早く走る姿は見てみたいです。
ただ、ここはじっと我慢のときです。
いい休養と割り切りたいですね。

そして、実際に会えたのはウインヴォラーレです。

ウインヴォラーレ

なんていいますか、落ち着いていましたね。
人が近づいても泰然自若としていました。
嫌がるところもなければ、媚びを売るようなところもありませんでした。
さすが古馬の貫禄という感じでしょうか。
現状は脚元に不安があることから、ウォーキングマシン管理ということです。
こちらも焦らずに万全の状態で復帰を迎えてもらいたいものです。




2018ツアー報告その1 募集馬について
今年もBRF・CVFツアーに参加してきました。
天気が良かったのが何よりです。
それではツアー報告を今年もしていきたいと思います。

まずは、募集馬の方から書いていきます。
どうも需要が高いみたいですからね。
注目していたのはやはり今回初募集となるゴールドシップ産駒。
期待していたのは父と同様に、大きくて柔らかい馬です。
ただ、意外と馬体が大きな馬は少なかったです。
ステイゴールドが隔世遺伝しているのですかね。
特にラフィアンの募集馬の中に小さいのが多かったです。
一方で柔らかさという点では際立った馬が多くいました。
緩いという表現の方が的確なのかもしれません。
好まれない方もいるかもしれませんが、父の特徴でもあります。
やはり引き継いでいる馬がいいのかな、と考えています。

まず、ツアー前に1番期待していたのが、この馬です。

ラヴリードリームの17

ラヴリードリームの17です。
測尺で見る限り、ゴールドシップ産駒で大きな馬と言っていい馬ははこの馬だけです。
血統的にはいろいろと興味深いです。
ステゴマック種牡馬の先輩であるオルフェーヴルと相性のいいと言われるのがミスプロです。
その名前が母系にちらほら見えるのがいい感じです。
ブラックタイプにこっそり見える元出資馬のマイネルシアターにほっこりしたりもします。
ただ、動画での動きを見る限り、ゴールドシップ産駒らしい柔らかさがあまり感じられませんでした。
その辺をツアーで確認できたらといいな、と期待していました。
ただ、ツアーで実際に見てみた感じの印象を言うと動画での印象と変わらなかったです。
ゴールドシップらしい柔らか味は感じられなかったです。
どうも母親似なのかな、という感じです。
50口という負担も厳しいんですよね。

次にそのゴールドシップ産駒らしい柔らかさが特に感じられた馬を書いていきます。

シュフルールの17

シュフルールの17です。
お母さんは障害戦の活躍馬ですが、平地でも結構走った馬です。
一番父親によく似ていると言われていました。
サイズは小さい馬ではありませんが、普通かな、というところです。
産まれが2月と早いだけにもう少し大きい馬であることを期待していました。
それでも、現状の完成度は一番高いと思います。

マイネアロマの17

マイネアロマの17です。
この馬も特に柔らかい動きを見せていました。
血統的には出資馬ウインクリムゾンの近親になります。
厩舎がマイネルメリエンダでお世話になっている和田厩舎というのも魅力です。
お尻とか、全体的に筋肉の付き方が物足りない感じはありますね。

サクセスストレインの17

サクセスストレインの17です。
お母さんは活躍馬ですが、繁殖成績は尻すぼみ気味です。
硬い産駒が多かったとのことですが、凄く柔らかい子ができました。
単純に緩々でなく、柔らかさの中にも歩みに力強さみたいなものも感じています。
現状は少し細いですけれど、大分遅生まれな馬です。
産まれを考慮すると体高はまぁまぁあり、脚長でスリムな感じですね。
成長の可能性はあるのかな、と考えています。

ちなみに書いた順番は産まれが早い順です。
現状、立派な馬体と言えるのは、やはり産まれが早い順番です。
ただ、遅生まれな馬の方が可能性は秘めていると思います。
現状の完成度をとるか、可能性をとるか、悩ましいところです。

最後に小さいけれど特徴が際立った馬を取り上げておきます。

マイネサマンサの17

マイネサマンサの17です。
真っ白な芦毛で凄く可愛い馬です。
とにかく鋭敏な感じの動きを見せていました。
運動神経が凄く良さそうに見えました。
ただ、遅生まれということを見込んでも、小さな馬です。
イメージとしては、ウインマハロの募集時に似ていますね。
あの馬も凄く運動神経が良かった馬ですけれどね。
やはり大きさから来る、一定の限界はある気がします。
あと、柔らかいという感じもなかったです。

結論からすると決めきれていません。
一番惹かれているのはサクセスストレインの17ですが人気は全くないみたいです。
ある程度大きくなるか、様子見をしてみたい馬でもありますので、待てるなら待っておきます。
いずれにせよ、ゴールドシップ産駒に1頭は出資したいと考えてはいます。
どの馬に出資するにせよ、特徴は覚えておきたいと思います。
どんなゴールドシップ産駒が走るのかという覚書になるような気がします。

ゴールドシップ産駒を中心に見てきた中で、1頭出資申し込みを決めた馬がいます。
それがこの馬です。

サマーエタニティの17

サマーエタニティの17です。
カタログ写真ではお腹がポッコリしていましたが、大分絞れたのか、いい感じです。
とにかく大きい馬で、一目で目立ちます。
また、大きな馬にありがちな重苦しさもありません。
やはり大物はある程度大きさが必要と感じています。
大活躍の兄ですが、そういう意味で兄を超える器があると感じました。
お高い馬ですが、1口ならいいかな、という感じで申し込んでみました。
結構人気があるみたいで、ツアーで満口になったらその中で抽選になるそうです。
去年のツアーから戻ってきたら満口になっていたウインセルリアンの例があります。
そう意味でツアーで申し込まないといけないのかな、と思い申し込みました。
その辺は杞憂に終わったみたいで何よりです。
活躍を期待しています。

明日以降は出資馬について書いていきます。


成長が感じられなかった
本日の東京最終R牝馬限定の500万下条件芝1,800mにヴィオトポスが出走しました。
2月以来の久々のレースになります。
成長を期待したいところですが、稽古の感じでは大きく変わった感じは見られません。
メンバー的にも好メンバーが揃った感じで、それほど自信は持てないところです。
折り合いを付けて自分のペースでいく競馬になるでしょう。
少しでも多くの馬を負かしてほしいと考えていました。
新馬を勝ったときと同じ開催ということに少しだけ期待をしていました。

レースですが、スタートは良かったです。
一瞬前に行くかとも思ったのですが、少しずつ位置を下げます。
それでもいつもよりも前目の先行集団という位置取り。
ペースは平均やや遅めといったところ。
折り合いは少し行きたがるところを見せていましたでしょうか。
仕掛けどころは、他の馬が上がって行く中、いつも通り遅めです。
直線は外に出して、追い出しますが、反応は一息でしたね。
結局9着でのゴールでした。

うーん、今一歩な結果です。
後方から切れる脚を使った馬もいるようですが、この馬にはそれを期待するのは酷ですね。
先行馬がバテるような展開にならないと厳しい感じですね。
成長放牧だったのかもしれませんが、大きな成長も感じられなかったかな。
いずれにせよ、使っていく中で、少しでもいい着順を狙っていくしかないかと思います。
今回はレベルも高い感じでした。
もう少しレベルが落ちてからが勝負かもしれません。


マイネルモーディグのデビュー戦
本日の東京5R新馬戦芝1,800mにマイネルモーディグが出走しました。
レース前に考えていたことは昨日書いた通りです。
ただ、人気は11番人気とまぁ想定していた人気まで落ちました。
大きな期待はせずに、次につながる競馬を、と考えていました。

レースですが、スタートはビックリするくらい良かったです。
このまま逃げれたらと思ったのですが、鞍上が軽く押しても反応はありません。
結局後方まで位置取りを下げます。
ペースはスローの中で、どちらかというとあまり付いていけていないという印象。
鞍上が仕掛けながら位置取りを保っている感じです。
それでも、3コーナー辺りから他の馬たちが避けるインを通って位置取り上げます。
直線入り口で一旦は先頭に立ったかと思うほどの勢いでちょっと驚きました。
ただ、直線に入ってからの伸びは一息。
結局8着という結果でした。

面白いレースをしたとは思いますが、現状能力が足りなかったという印象です。
それでも、まるっきりダメと言う感じではなく、ちょっとはホッとしました。
まだまだ変わり身を見せてくれることが必要ですが、それを期待させる走りでした。
例えば、道中の行きっぷりの悪さとかはレースを使っての変ってくれるでしょう。
もちろん次は勝ち負けとまでは言えませんが、使っていく中で成長してくれたらと思います。



今年の出資2歳馬の初出走
明日の東京5R新馬戦芝1,800mにマイネルモーディグが出走します。
今年の出資2歳馬の初出走となりますので、レース前にちょっと書いておきます。

レース前の手応えですが、それほど良くはありません。
まぁ、去年のヴィオトポスと比べると自信はないということです。
稽古では古馬の500万下条件の馬には付いていくのが精一杯という状況。
去年のヴィオトポスは手応え優勢でしたので、やはり厳しいと感じてしまいます。
明日は仕事で応援にも行けません。
もう1週伸ばさないかなと勝手なことも考えてしまいました。

ただ、前売りの人気では4番人気なんですね。
人気通り走ってくれたら十分かなぁ。
明日は大きな期待はせずに、次につながる競馬をしてくれたらと思います。



兄に負けたのなら仕方ない
本日の東京4R障害3歳以上未勝利戦直線ダート3,000mにウインカートゥーンが出走しました。
初障害の前走でいいところを見せ、上積みが見込める1戦です。
障害でレースを経験したということは大きいですからね。
いいところ見せてくれるだろうと、期待してレースを待ちました。

スタートは良かったと言っていいでしょう。
先行集団に付くのかと思ったのですが、無理せずに自然に位置取りを下げます。
ただ、それでも前走と違うところは常に先頭を射程圏に入れながらレースを進めたこと。
無理せずにこの位置取りを取れるところに上積みを感じました。
そして、3コーナー辺りから先頭を伺う勢いで上がっていきます。
直線では人気馬の故障もあって、前の馬たちを交わす手応えで伸びるのが見えます。
ただ1頭、外から全兄のマイネルフレスコがさらにいい手応えで伸びているのも見えました。
前の馬は交したものの外から兄に交わされ2着という結果でした。

惜しかったですが、仕方ないですね。
兄の方が平場での実績は一段違いますからね。
直線勝負になるとやはり勝てないでしょう。
他の馬に負けるよりも諦めはつきます。
レースを使っての上積みはシッカリ感じられたので、今回はこれで良しとします。
次こそは是非勝ち上がってもらいたいと思います。



今年の1歳馬募集について
最近出走がめっきり減りましたので、1歳募集馬について書いていきたいと思います。
ラフィアン、ウインともに今年の1歳馬募集のラインナップが発表されています。
今年は元出資馬の子が募集されていないので、まっさらな目で見ることができるかな、と考えています。
注目は今年の1歳が初年度となるゴールドシップ産駒ですかね。
昨年ツアーの時に見ましたが大きくて非常に柔らかいということが印象に残っています。
父の特徴を受け継いでくれる子がいることを期待したいですね。
あとは毎年言っているようですが、ウインの方を中心に出資したいと考えています。
その結果が昨年、一昨年の出資状況ですからあくまでも馬本位ですけれどね。

さて、個別の馬について書いていきたいと思いますが、とりあえず現時点での、という感じです。
多分そのままいくことはあまりないかと思います。

まずは、注目のゴールドシップ産駒からです。
思ったよりも募集頭数は少ないな、というのが正直な感想です。
まぁ、種牡馬のバリエーションが豊富なのは有難いことです。

ウインの方は牡馬2頭牝馬2頭。
お母さんは重賞勝ち馬に障害オープン勝ち、地方交流重賞入着と全て実績がある馬です。
一番評価が高いのはシュフルールの17でしょうか。
まぁ、値段からの推測としかいいようがないのですが。
お父さんと同じ芦毛というのもいいですね。
早産まれで完成度は高いと思いますので、少し厳しい目で見たいです。
抜けていいと思わせるくらいの馬で合ってほしいです。
あとはイクスキューズの17。
出資馬のウインイクシードの妹になりますが、兄はもっと活躍できる馬だと思っています。
兄同様の大きい子が欲しいので、ゴールドシップの配合はピッタリだと思います。
後は実際に大きい子が出来たのかどうか。
こちらは少し遅生まれなので、今後の成長も含んで判断したいところです。

続きましてラフィアンからは牡ばかりの7頭です。
この偏りは何なんですかね。
意図的に募集からは除外したのか、たまたまなのか。
配合もなんか短距離馬に偏っている印象があります。
まずピックアップするのはゲイリーピクシーの17です。
安定していい子を出すお母さんなのですが、皆寸詰まった感じの子を出すんですよね。
筋肉の質がいいタイプなんでしょうが、ゴールドシップとの配合でどんな子を出すか気になります。
父のような伸びやかな柔らかい子が生まれてくると面白いと思っています。
あとはマイネサマンサの17。
お母さんは重賞2勝馬ですが、随分と遅生まれです。
母の実績の割に値段的にお手頃なのは、おそらく小さいからでしょう。
誕生日を考慮しつつ、馬体の成長の可能性を見たいと思います。

ゴールドシップ産駒以外ですが、コスモチェーロの17を上げておきます。
出資している一つ上のウインセルリアンには大きく期待しているところです。
お母さんは本当にいい子を出しますからね。
ちょっと遅生まれですかね。
姉と同じくらいいい馬であることを期待したいです。

とりあえずゴールドシップ産駒は少なくとも1頭は出資する予定です。
基本的には父と同じような大きくて柔らかい馬に出資したいです。
今年もツアーに行きますので、見るのを楽しみにしています。