FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ラフィアンやウインの2次募集の馬
ラフィアンとウインの2次募集のラインナップは既に発表されています。
キャロットの馬選びの方に集中していたのでここまで書きませんでしたが、一段落つきました。
ここでチョロチョロっと書いておきたいと思います。

HBAのセレクションセールやサマーセールはなんだかんだでチェックしています。
そんな中でビッグレッドグループが落とした中に興味が引かれた馬がいます。
メルセダリオの17です。
芦毛のゴールドシップ産駒で、測尺では体高が160㎝と結構背が高い馬です。
ニコニコ動画でセリ会場の様子も見たのですが、とてもヤンチャな感じで父の子らしいと思いました。
ただ、やっぱりゴールドシップ産駒全体に言えることですが、お尻の幅がなく細いです。
以前もステイゴールドが隔世遺伝しているのでしょうかと書きましたが、そんな感じです。
丁度ウインの一次募集で残っている候補、サクセスストレインの17との比較になると考えています。
こちらも毛色は違いますが、ゴールドシップ産駒です。
ツアー後もいい感じで成長してきていることは写真でも伺えます。
ただ、やはりお尻の幅は物足りないですね。
どうもお尻の大きさを見ていたらゴールドシップ産駒には申し込めそうにありません。
目をつぶることにしようと思っています。
実はこの2頭、偶然にも誕生日が5月23日生まれと同じなんですよね。
測尺を比較するのには丁度いいですね。
ウインの方の測尺、そろそろ更新されませんかね。

セリの結果を見ていた時点では、この2頭を比較して終わりかな、と思っていました。
そしたら、まさかの自家生産馬から、元出資馬の子が入ってきました。
マイネグロリアーナの17です。
青毛のスクリーンヒーロー産駒の牝馬です。
母は未勝利馬でしたが、2着6回と勝ち上がれなかったのが不思議なくらいの馬です。
繁殖牝馬としての活躍を心待ちにしていました。
5月5日生まれとちょっと遅生まれなことから、小さくて1次募集に入らなかったのでしょうか。
それがいい感じに成長してきて、2次募集に入ってきたというなら楽しみですね。
早く馬体の方を見てみたいものです。

この3頭の中から選ぶ、あるいは全部出資するかもしれません。
うぅ、ラフィアンの100分の1が重いです。
400分の1なら出資しやすいのですけれどね。



スポンサーサイト