FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
十分です
本日の東京10RノベンバーS1600万下条件芝2,000mにマイネルファンロンが出走しました。
先に書いた通り、乗り替わりもありますので、過剰な期待はしないようにしていました。

レースですが、スタートは良し。
逃げたい馬を先に行かせて、単独の3番手に付けます。
結局前の馬は大逃げを打ち、縦長の展開ですが、それほど速いわけではありません。
折り合いもこの馬としては上々な方ではないでしょうか。
勝負どころでも持ったままで位置取りをあげ、直線に入って先頭に立ちます。
他の馬に並ばれそうになってから追い出しますが、勢いは差してきた馬の方が勝りました。
結局3着でのゴールとなりました。

悪くない結果だと思います。
敢えて言うならもっと早めに突き放した方が良かったかもしれませんが結果論です。
懸念されている折り合いなんかは非常にスムーズでした。
乗り替わりを懸念していましたが、いい騎乗だったと思います。
このクラスでやれるということが分かっただけで十分です。
本質的には東京コース向きではないと思っていますので、まだまだ好走の余地は残っています。
個人的にはダートの大物である可能性も捨て切れていないんですけれどね。
引き続き、走っていく中で着実にステップアップしてもらえたらと思います。



スポンサーサイト



乗り難しい馬
本日の東京4R2歳未勝利戦芝2,000mに出走するサンルイスが出走しました。
レース前に考えていたことは前の記事に書いた通りです。
前走の走りから自信を持ってレースに臨みました。

レースですが、スタートはイマイチ。
そのまま無理せずに後方の外目に付けます。
淡々とした流れでペースはスロー。
3コーナーを過ぎても持ったまま最後方。
追い出したのは直線に入ってからですが、他の馬たちも余力があり差が詰まりません。
一頭で走る感じで、何かフラフラと蛇行するような感じにもなってしまいました。
結局大きくバテた馬を交わしただけの10着に敗れました。

はぁ、なんか乗り替わりの悪いところが出てしまった感じです。
馬の個性が分からず、府中の舞台ではありがちな直線だけの勝負をしたのでしょう。
ただ、前走では向こう正面から追い出してますし、加速がついたのも残り4ハロンから。
それでいて最後までバテないというところがこの馬の長所だと思うのです。
この馬の前走を見て、こんなに長く脚を使える馬はいないとビックリしました。
だからこそ、今回自信があると言ったのですが・・・ガッカリです。
まぁ、確かに一瞬の切れ味がある馬ではありません。
乗り難しい馬であることは念頭に置かなければいけなかったのかもしれません。
今回のことはサッパリ忘れて次走に切り替えたいと思います。
嵌れば凄い力があるということは確信しています。
展開次第では次走でアッサリ勝ち上がれるということもあると思っていますよ。