FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
中京コースにトラウマでもあるのか?
今週の最後は、中京4R障害未勝利戦直線芝3,000mに出走したウインカートゥーンです。
レース前に考えていたことは、こちらも以前の記事のとおりですね。

さて、レースですが、スタートはあまり良くありません。
まぁ、これはいいとしても行きっぷりも全く良くありません。
結局ポツンと最後方に。
あれあれ、これは前々走で見たパターン?
仕方なく最初は最後方で折り合いを付けます。
そして、早めにしごいて位置取りを上げようとしますが、ジワジワという程度。
バテているようにも見えないのですが7着まで押し上げるのが精一杯でした。

相手関係的には当然上位の存在だっただけに、不可解と言えば不可解な負け方です。
思い当たる節があるのは、同様に凡走した中京コースということです。
中京コースに何かトラウマでもあるのでしょうか。
ただ、関西の障害未勝利馬で中京を使わないという選択肢は難しいです。
後は近況ではレース前から雨が降り出したことを原因に挙げているようです。
元々不可解な負け方をすることが多い馬なので、本当に難しいです。
いずれにせよここで掲示板を外したことにより次走の出走が厳しくなりました。
今回も大分待たされましたからね。
間隔調整のため放牧に出すということですがやむを得ないことと思います。
本来の力を出せば未勝利は勝てる馬ですので、焦らずに待ちたいと思います。



スポンサーサイト



完全に取りこぼし
本日の中山2R3歳未勝利戦ダート1,800mにマイネルイヴィンスが出走しました。
先日書きました通り、絶大なる自信を持ってレースに臨みました。
追加して書くことと言えば、枠順が5枠10番に決まったとき考えたことです。
外枠希望としていいとこだな、と思っていました。
そう、レース前はそう考えていました。

さて、レースです。
スタートは普通ですが二の脚は早くない方です。
それでも結構前に行くことができて、5番手くらいの先行集団に付けます。
ただ、外枠の馬が同じような脚で外から塞がれたのは嫌な感じがしました。
まぁ、いつかは外に出すだろうと思ったのですが、ずっとポケットの中で動けません。
そして道中のペースはかなりのスローです。
向こう正面で動き出したい馬ですが、当然に動けません。
さらに勝負どころでも動けず、結局追い出したのは直線に入ってから。
気が付くと前の馬には決定的な差が付けられていました。
切れる脚がある馬ではありませんので、これは届きません。
結局2着でのゴールとなりました。

これは完全に取りこぼしですね。
よーいドンの競馬では、この馬の個性が全く生かせません。
早めに捲ってこその馬なんですけどね。
前走でこの馬らしい競馬ができたので、鞍上も分かっていたとは思います。
ただ、包まれて動けませんでした。
5枠10番で十分と思っていましたが、内過ぎましたかね。
実は結構ショック受けています。

次走ですが、東京開催を使っていくそうです。
次の中山開催まで待つと優先出走権が消えてしまいますからね。
使ってくるのはおそらくダート2,100mの条件でしょう。
府中の方が砂が浅いのはマイナスですが、距離が延びるのはプラスでしょう。
果たしてどんな適性を見せてくれるのか
気を取り直して、期待したいと思います。



及第点です
本日の中京7R3歳未勝利戦芝2,000mにマイネルモーディグが出走しました。
レース前に考えていたことは前に記載したとおりです。
5着を目標に頑張ってほしいと思っていました。

さて、レースですが、この馬はスタートは上手です。
行く気を見せる馬がいたので無理をせず控え、4番手の外目に付けます。
結構早めに流れるのかと思いきや、隊列が決まるとグッとペースが落ちます。
最初は一番外を走っていたのですが、外から被されてしまい動きにくい展開に。
勝負どころでも手応えは悪くないのですが、動きづらい位置取りです。
直線では前の馬が抜けてから外に出して追い出しますが、同じ脚色です。
4着まで押し上げたところでゴールです。

まぁ、及第点ですかね。
レース前に想定していた目標は達成しましたが、スムーズとは行かなかったです。
結果論ですけど、外を塞いでいた馬が勝ったわけですからね。
多少距離損でもそちらを走った方が良かったのかもしれません。
左回りも特に問題なくこなしていたように見えました。
とにかく、ここで優先出走権を得たことは大きいです。
次走ですが、レース前に考えていたことは小倉遠征です。
適性的にも期待できると思うのですけれど、どうでしょう。
さて、どんな選択をするのか、楽しみです。



今週の出走は3頭
今週の出走は3頭です。
それぞれレース前に考えていることを書いておきます。

まずは明日の中京7R3歳未勝利戦芝2,000mに出走するマイネルモーディグから。
本来でしたら、得意の右回りの中山コースを使っていきたいところです。
ただ、先週に引き続き中山コースは除外確定で出走は叶わない模様。
そして、中山開催は今週で終了。
左回りの中京を使うのは苦渋の選択なんでしょうね。
まぁ、相手関係的にはそれほどキツくはないメンバーです。
なんとか5着に入って、次走に繋げてもらいたいです。
まもなく小倉開催が始まりますが、適性的に一番向くと思われます。
優先出走権を取れれば、遠征もしやすいです。

次は日曜日の中山2R3歳未勝利戦ダート1,800mに出走するマイネルイヴィンスです。
土曜日にも内国産限定の同条件のレースがあります。
ただ、敢えてマル混戦に出走してきたことに自信を感じます。
前走では惜しくも負けましたが、3着以降は突き放していました。
時計的にも断然の存在かと思います。
追い切りでは劣勢だったようですが、瞬間的な動きはできないタイプなので問題ありません。
とにかくいい脚を長く使うところが持ち味ですからね。
前走同様の競馬をしてくれれば、圧勝してくれるのではないでしょうか。
あと、できれば外枠が欲しいですね。
これは本当に楽しみです。

最後に日曜日の中京4R障害未勝利戦直線芝3,000mに出走するウインカートゥーンです。
除外除外で、本当にようやくの出走になります。
復帰戦は行きっぷりは良かったのですが、休み明けのせいか息が持ちませんでした。
これだけ除外を食らいましたので、仕上がりは問題ないでしょう。
ただ、障害を走るようになってから唯一の凡走と言えるのが中京コースでの前々走です。
結構障害もコース適性はある感じなので、気になるところではありますね。
それでも能力的にはいいところがあると思っています。
少なくとも5着には入って、次走が楽に選べるようになってもらいたいです。



ラフィアン2歳馬の名前
そういえば、ラフィアンの2歳馬の名前が決まっていました。
紹介しつつ感想などを。

まずはメルセダリオの17ですが、マイネルアンデスにきまりました。
母のメルセダリオはアンデス山脈にある山のことです。
知らなかったのですが、標高6770mの高峰ですね。
そこからの連想ということで、分かりやすいですね。
子どものころ、アルゼンチンに旅行したことがあります。
そのときにアンデス山脈の麓の町まで言った記憶があります。
縁みたいなものを感じてしまいます。

マイネグロリアーナの17はワレモコウに決まりました。
何か、花の名前だそうで、漢字で書くと吾亦紅だそうです。
難しい感じですね。
ラフィアンで花の名前と言えば、ゲッカコウを思い出しますね。
ていうか、絶対意識して名前を付けたと思います。
オークスにも出ましたし、その後も地道に頑張り、昨年引退しました。
いい馬でしたね。
続いてもらいたいです。

あとはキャロットのシーザリオの17とウインのサマーエタニティの17ですね。
楽しみに待ちたいと思います。



調子が戻りつつある?
本日の京都10R新春S1600万下条件芝1,600mにマイネルメリエンダが出走しました。
復帰から2戦、なかなか厳しい競馬が続いています。
年齢的なものでしょうか、どうしても往年の粘りが無くなっている感じです。
ただ、追い切りではなかなかいい時計が出ました。
ブリンカーを付けた変わり身もあるかもしれません。
なんとかいい競馬をしてほしいと願っていました。

さて、レースですがスタートは相変わらず抜群です。
様子を見ながら行きたい馬を行かせ、外目の4番手に付けます。
ペースはそれほど緩みが無い流れです。
ただ、それでも4コーナーでは外から先頭を伺う勢いを見せます。
直線に入ってからも粘り一瞬このまま押し切るのか、と期待しました。
流石に最後は一杯になってしまい5着に敗れました。

いやぁ、いい粘り見せてくれましたね。
調子が戻りつつあるのかな、という感じです。
もう難しいのかな、とちょっと思っていたのですが、本当に頑張ってくれました。
厳しい流れだったと思いますし、外を周るロスもあったと思います。
それでいながら、この走りをしてくれたら十分満足です。
次走ですが、マイルを使うとなるとちょっと間隔は詰まりますが節分Sでしょうか。
引き続き、上積みを期待したいと思います。



ウインセルリアン故障していた
表題の通りです。
ウインセルリアンですが、左前球節炎を発症していたそうです。
年始の挨拶に大きな期待を込めて書いていたのが、なんか・・・ですね。
ていうか年末の更新の時に、既に載っていたのですね。
自分のチェックの甘さを痛感します。
まぁ、今更年始の挨拶を変えるつもりはありません。
能力の高さは疑いのないところですから。

問題はどのくらいでレースを使うことが出来るようになるのか、ですね。
腱や骨には異常がなかったということですが、まずは1ヶ月ほど乗らずに様子を見て、ということです。
どのくらい時間が掛かるのか、正直想定は難しいです。
それほど時間は掛からないような感じにも見えますし、こういうのは長引くことも多いです。
無事にレースを走ってくれる日が、早く来ることを祈りたいと思います。



分かりやすく酷い競馬
本日の中山最終R1000万下条件芝2,000mにウインイクシードが出走しました。
今回は上位人気が想定されますし、力も発揮できるコースです。
内枠を引いたことも、先行する上では有利でしょう。
条件は整ったという感じです。
ただ、最後の伸び脚に欠けるところがちょっとあります。
何かにやられるという懸念は常にあります。
突然力を出すような馬がいなければいいなと思っていました。

さて、レースですがスタートは良し。
少し仕掛けて先行するかと思いきや、すぐ抑えます。
ちょっと想定外ですが、確かに周りは気合を付けている馬が多く早く流れるのかな、と思いました。
ただ、先行した馬たちもすぐ抑えて結局スローに。
それでも折り合いは付いていますし、3コーナーあたりの捲り脚には自信があります。
が、前が詰まって動けず、先行集団に突き放されます。
進路は直線に入ってからも見つからず、もはやお手上げです。
残り100mくらいでようやくスペースを見つけ、少し押し上げましたが5着まででした。

いやぁ、これはなかなか酷い競馬です。
まぁ分かりやすく酷い競馬なので、上手に乗れたとか勘違いしなくていいのではないでしょうか。
これはもう仕方ないですよ、割り切るしかないですよ、という感じです。

次走はどうするのですかね。
ただ、この馬に府中は合わないと思うのです。
まぁ、今回よりも間違いなくいい競馬をしてくれることでしょう。



どうも不満が残ります
本日の京都9R寿S1600万下条件芝2,000mにマイネルファンロンが出走しました。
昇級してからも堅実に走ってくれて、ここも上位を期待していました。
ただ、京都芝2,000mというのはあまり好みでは無いコースです。
通ったコースの有利不利も大きいですし、キレキレの展開になることもあります。
力がない馬だと紛れを求めやすいコースですが、今回は力がある馬だと思っています。
思う存分力が発揮できないことも想定しなければいけません。
まぁ、勝たなくても堅実に走ってくれればと考えていました。

さて、レースですがスタートは普通。
特に無理せずに4番手に付けます。
少頭数の割には縦長になりますが、ペースはそれほど早くありません。
特に折り合いに問題は無く、手応えは良さげに見えました。
3コーナーでも外目を持ったままでジリジリ位置取りを上げます。
ただ、外から仕掛ける馬がいたとき全く抵抗できずあっさり交わされます。
直線を入ってから追いますが、ジリジリとしか伸びません。
結局4着でのゴールとなりました。

正直言って不満が残るレースぶりです。
仕掛けのタイミングは遅いし、外を周るし、手堅く乗りすぎた感じです。
どんなレースでも走れるほど抜けて強いわけではないんですけどね。
あと、同日に中山2,200m戦があるのに、京都に行くのも何でなんでしょうかね。
直線平坦だと持ち味が生きない感じがするのですけれどね。
少頭数に魅力を感じたんですかね。
2,000mという距離にそれほどこだわる必要もないと思うのですけれど。
まぁ、少頭数なので着賞金を稼いだのは良しとしなければならないかもしれません。

次走ですが、2000mに拘るなら間隔が空いてしまいます。
2月17日のアメジストS辺りになるのでしょうか。
距離は伸ばしていった方がいいと思うのですけれどね。
どうも不満が残ります。



イメージ通りの競馬
本日の中山3R3歳未勝利ダート1,800mにマイネルイヴィンスが出走しました。
本年の初出走になります。
堅実なレースを続けており、ここも大崩れはないだろうと考えていました。
あわよくば勝利を、というくらいの期待度でした。
今回が今までと違うところは外枠なことです。
ずっと馬込みに入れる競馬をしてきましたからね。
本質的には切れ味よりも、いい脚を長く使うところに見所があると考えています。
外を回して早めに仕掛けて、どこまでやれるのかを見てみたいと思っていました。

さて、レースですがスタートは普通。
ただ、行き脚は付かない感じで少し後ろに下がります。
というか、全体的に先行争いが激しかった感じです。
このクラスとしてはやや早目な流れになります。
道中は外目の中段で前が詰まることのない位置取りでイメージ通りです。
向こう正面辺りからやや鞍上の手が動きますが、これも想定通りです。
早めの仕掛けで外を上がって行き、4コーナーでは先頭に迫ります。
直線でもシッカリ伸び、馬群を突き放します。
ただ1頭、同じコースを通って抜けてくる馬がいて、迫ってきます。
ラスト1ハロンあたりからジリジリ迫られ、交わされたところがゴールでした。

イメージ通りの競馬をしてくれました。
そして、予想していた通り、こういう競馬が合っていたと思います。
2着でしたが後続は8馬身突き放し、強い競馬だったと思います。
インコースでそつなく立ち回った勝ち馬に上手く乗られてしまった感じです。
ただ勝ち馬と同じ競馬をしても、むしろ差を付けられたでしょう。
不器用な馬なので、どうしても勢いをつけて回ってこないといけない感じです。
いずれにせよ能力が高いことは示してくれました。

さて次走ですが、今回も優先出走権をシッカリ確保しました。
中山ダート1800mはいいと思いますが、中1週はキツイ感じです。
府中ならダート2100mのレースが結構ありますので、そこがいいのではないでしょうか。
ここまで人気薄でしたが、次走は流石に人気になると思います。
次走も同じような競馬で勝ち上がってくれることを期待したいと思います。



あけましておめでとう!今年の出資馬たちへの期待2019
あけましておめでとうございます。
今年が皆様にとって、そして出資馬たちにとって良い1年でありますように。
まずは例年通り、今年の顔を決める正月記念の写真からいきたいと思います。

2019新年

普通に考えれば、昨年頑張って今年も期待ができるマイネルファンロンでしょう。
しかしあえて、ここはあえて違う馬にしてみました。
選んだのはウインセルリアンです。
結構正月の写真を出してきましたが、未出走の馬をここで取り上げるのは初めてですね。
ちなみに写真は一昨年に会った時のやつです。
まぁ、詳しくは後で述べたいと思います。

それでは、今年の各馬の目標を書いていきたいと思います。

○マイネルメリエンダ
昨年は今一歩の一年でした。
今年の目標は、やはり去年と同じ「8戦出走」としたいと思います。
やはりこれくらい走らないと結果も出せない気がします。
現在も臨戦態勢にありますし、無事に走れば十分可能な目標です。
目標が達成できたときに、結果は後からついてくるような、そんな気がします。

〇ウインカートゥーン
昨年は予定外の障害転向でした。
今年はもちろん障害で走りますよね。
目標は「障害OPで掲示板」としたいと思います。
昨年同様に1勝は当然のように期待しつつ、上のクラスでも安定勢力になってもらいたいということです。
これで平地に戻ったりしたら、笑ってしまいますね。

〇ウインヴォラーレ
現状、先が見えないところです。
とにかくレースを使ってくれることですね。
目標ですがとりあえず「5戦出走」としときましょうか。
力はありますので、目標を達成できれば、結果はついてくると思います。

○ウインイクシード
昨年は大事に使われてきました。
その状態はキープしていってもらいたいものです。
目標は「8戦出走」としておきます。
今年は状態はキープしつつ、レース数を使えるようになってもらいたいという思いを込めています。

○ウインクリムゾン
昨年終盤にはすっかり状態を取り戻しています。
このままレースを使い続けてもらいたいですね。
こちらも目標は「8戦出走」としておきます。
大きい期待というよりも、安定して走ってくれることが一番だと考えています。

〇マイネルファンロン
去年は本当に頑張ってくれました。
さぁ、今年はどんな期待をしましょうか。
目標は「中央重賞勝ち」としたいと思います。
振り返って見て、まだ中央重賞勝ちしたことないんですよね。
2,3着は多いのですが。
期待したいと思います。

〇マイネルモーディグ
〇マイネルイヴィンス
〇ウインセルリアン
〇サンルイス
一応未勝利馬ですので、目標はそれぞれ「勝ち上がること」としたいと思います。
例年ですと何頭か勝ち上がってくれれば、というところですが、全馬に可能性はあると思います。
マイネルモーディグは平坦で楽に先行すればチャンスは多いと思います。
マイネルイヴィンスは地方交流を使えば一発でしょう。
サンルイスは本当にいい脚を長く使うので、ノドを癒せば力を示してくれると思います。
ただ、個人的には別格に考えているのがウインセルリアンです。
昨年は順調にはいかず、一時は凄く大きくなってデビューすら危うんだほどでした。
しかし、立て直し、CVFの坂路では41秒台を連発して入厩しました。
これは並の馬では出せる時計ではありません。
500万で圧勝する直前のウインイクシードが1回出したくらいですかね。
今年早々には、その能力を見る機会が持てることでしょう。
期待を込めて、未出走にも関わらず、正月の写真に選んでみました。
本当に楽しみにしています。

〇2歳馬たち
ラフィアンから2頭、ウインとキャロットからはそれぞれ1頭です。
もしかしたらウインでもう1頭いくかもしれません。
うお、これ去年と全く同じ言い回しだ。
目標としては「全馬デビュー」「3勝」としたいと思います。
敢えて去年より1勝増やしました。
去年よりお高い馬が2頭いますからね。
1頭増えても増えなくてもという感じの目標なところも去年と同じです。
今のところ特に目立つところはないですが、全馬順調のようです。
達成してもらえると嬉しいです。

○全体
全体としての目標ですが、昨年の成績が一つの目標となるでしょう。
レース数は「60戦」。勝ち鞍の目標は「5勝」としておきます。
頭数自体が昨年よりも増えていることによる割増です。
上積みを見込める馬も多いですし、無事に走り続けてくれば十分いける数字です。
あとは、「中央重賞勝利」を目標とします。
マイネルファンロンのところで書いたことです。
結構この趣味長いのですが未だ中央重賞勝利を果たしていないことに気が付きました。
マイネルファンロンが一番近いと思いますが、他の馬にも期待しています。
実はウインセルリアンが達成するかもしれませんよ。

それでは、今年1年よろしくお願いします!