FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
ダート適性は微妙
本日の福島6R3歳未勝利戦ダート1,700mにマイネルモーディグが出走しました。
芝では一息なレースが続いており、ダートに矛先を変えてきました。
もともとこの福島開催は相手関係や適性面から、期待していたところです。
正直、このタイミングでダートを試すのかぁ、という思いはあります。
スタートは上手な馬なので、それほど砂を被らず行けるとは思います。
一方で、見るからにパワフルというタイプではありません。
ダートに適性があるかどうか、期待と不安が入り混じった感じです。
ただ、福島競馬場が向いているのは間違いないところと思います。
適性があれば、ここは勝負レースと考えていました。

さて、レースですがスタートは相変わらず上手です。
逃げる馬がいるのは想定通りです。
その外に付けられれば、と思っていましたが、行き脚が鈍いです。
外から被せられ引いてしまい、逃げる馬の後ろに付ける形になりました。
距離ロスは少ないですが、砂を被る競馬になります。
勝負所で外から他の馬が上がって行くところで、付いていけなくなります。
付いていけないというよりも、砂を嫌がってまともに走っていないのでしょうか。
勝負としてはそれで終わり。
直線では意外と離されませんでしたが、見せ場は無し。
最後に一頭交わされ掲示板を外す6着でのゴールとなりました。

さて、ダート適性はどうか、ということについては微妙な感じです。
スタート直後の行きっぷりからすると余りいいという感じではありません。
ただ、芝の結果と大きく変わった感じもありません。
良くもなく悪くもなくというところなんでしょうね。
砂を被らなければ、もっとスムーズな競馬ができたかもしれません。
その辺に期待したいところです。
未勝利戦も少しずつ少なくなってきました。
何とか勝利は掴んで欲しいものです。



スポンサーサイト



ウインヴォラーレ、ありがとう
ウインヴォラーレの引退のお知らせが届きました。
この馬の思い出について、書いていきたいと思います。

この馬もステイゴールド産駒に凝っていた時の出資馬です。
カタログを見た段階で一目惚れだったのですが、ツアーでは華奢に見えました。
ちょっと口数を控えめにしたことを覚えています。
デビューして勝ち上がった時点では、そこそこという評価です。
大きな期待は厳しいかな、と考えていました。
実際3歳時は1000万クラスで手いっぱいというレースぶりでした。
しかし古馬になってからは当然のように馬券圏内で走ることが出来ました。
一段と強くなったことが実感できました。
本当にステイゴールド産駒の成長力を感じさせる馬でした。

とてもコンスタントにレースを続けてきたので、丈夫な馬のような気がしていました。
ただ、本質的には丈夫な馬ではなかったようです。
休養に入ったときはここまで長引くとは考えていませんでした。
結局最後のレースから1年以上経ってしまいました。
そして、復帰に向けて乗り始めた矢先の故障では引退もやむを得ないところです。

心残りは大きなレースを走ることができなかったことです。
結局、1000万条件までしか走ることができませんでしたからね。
相手なりに走るタイプなだけに上のクラスでもそこそこやれたのでは、と考えています。
力を十分に出し切れた、という競走生活ではありませんでした。
それでも、一口馬主DBによると、稼いだすべての馬主賞金手当は1億を超えました。
十分な結果を出してくれたと思います。
本当にありがとう、と言いたいです。


いいんじゃないでしょうか
本日の福島12R飯盛山特別500万下条件芝2,000mにウインクリムゾンが出走しました
復帰まではちょっとトラブルがあり時間が掛かりました。
稽古から受ける感じでは悪くない仕上がりというところです。
実力を出し切れば、勝つ力がないわけではありません。
ただ、いきなり勝ち負けというのはちょっと厳しい感じです。
しっかり走って次走に繋げてくれたら、くらいに考えていました。

レースですが、スタートはイマイチ。
そのまま無理せずに最後方に位置取ります。
一頭付いていけない馬がいてブービーの位置取りになりますが、そのままジックリ。
捲る馬がいたりしましたが、この馬は動きません。
3コーナーあたりから外目を上がって行きます。
直線に入ったからも伸びは良かったです。
5着まで押し上げたところがゴールでした。

いいんじゃないでしょうか。
本来は内がもっと荒れている馬場の方がいいですし、時計も早すぎる感じです。
適条件ではなかったのですが、しっかり走ってくれたと思います。
休み明けなので無理しなかったのでしょうが、本来は捲る脚も使える馬です。
条件が合えば、勝ち負けも狙えると思いますよ。
このくらいの結果でも良しと思えるのが、勝ち上がった馬のいいところです。
引き続き頑張ってもらい、あわよくばの一発を狙ってもらえたらと思います。



勝てませんねぇ
本日の中山R未勝利戦ダート1,800mにマイネルイヴィンスが出走しました。
中1週での出走が続きますが、未勝利馬ですので仕方がないところです。
適性面からも、この中山開催に勝負をかけているということが伺えます。
ハードなローテーションでも元気に走れることに頼もしさを感じます。
出走予定の段階では3つのレースを選択肢として上げていました。
優先出走権を活かし、少しでも楽な相手のレースを、ということなんでしょうね。
ただ、その割には相手は揃った感じはあります。
それでも力は上位のモノを持っています。
ここは何としても勝利を掴みたいと考えていました。

さて、レースですが、スタートはいつも通り悪くは無いのですが、二の足が遅いです。
徐々に加速を付けて、中団よりやや前の先行集団を見る位置に付けます。
道中は外目を前を見ながらスパートのタイミングを伺います。
前回の反省もあるのか、4コーナーまでじっと我慢し、仕掛けは遅らせ気味です。
ただ、その割には直線に入ってからの伸びは今一歩。
2番手まで上がりますが、前を捉えられません。
またしても2着に敗れました。

勝てませんねぇ。
前回と作戦を変えてきたのは分かりました。
それでも直線での伸びは一息でした。
中山の直線に魔物が住んでいるのでしょうか。
ふと思ったのが坂が駄目なのかな、と。
もともと牧場の坂路では目立たなかった馬です。
中山コースは得意と考えていたのですが、実は違う可能性があるのかもしれません。
平坦コースの方がもっといいかもしれない、と考えたりしています。
次走ですが、続戦するしかないのでしょうが、流石に少し間隔を空けますかね。
一つ勝てば、こういうレースをしても逆に安心感があるのですけれどねぇ。
3歳勢はまだ未勝利だけに、この馬には何としても勝利を掴んでもらいたいものです。


マイネルファンロンは休養へ
先日、見事勝利を飾ったマイネルファンロンですが、ここで一息入れることになりました。
とりあえず鉾田に移動し、この後北海道に向かうとのことです。
まずはしっかり休んで疲れを取ってもらいたいです。

タイミングは去年とほぼ同じですので、復帰も去年と同じなら札幌開催ということになります。
ただ、函館記念などを視野に、という話も伝わっているところです。
休養期間を考えると、巴賞を使って、というよりも函館記念ぶっつけの方が妥当ですかね。
函館と言えば、丹内騎手の地元です。
マイネルミラノで勝ったときは本当に嬉しそうでしたね。
丹内騎手鞍上で函館記念を迎えることができたら、何かワクワク感がプラスされる感じです。
年始に立てた今年の目標は中央重賞制覇ですから、ここで目標達成と行きたいところ。
ただ、現状だと少し力不足な感じはします。
それでも、成長力十分なステイゴールド産駒です。
この休養でもう一段成長してくれたらいいな、と思います。
期待したいと思います。



展開が向いたということは間違いないところ
本日の中山10R湾岸S1600万下条件芝2,200mにマイネルファンロンが出走しました。
昇級以降、掲示板には載るものの一押しが利かないレースが続いています。
ただ、今回は少頭数に収まりました。
逃げたい馬も居らず、もしかしたら単騎で楽に逃げられるかもしれません。
何より、今回はようやく待ち望んだ距離延長です。
折り合いの不安から長い距離は避けてきたと思うのですが、今なら問題ないでしょう。
そうなれば、本質的には長い距離の方がいい血統です。
ここでいい結果を残せば、さらに長い距離を使っていくということも考えられます。
試金石となるレースと考えていました。

さて、レースですが、スタートは他の馬よりは良かったです。
別に逃げに拘る感じは無いのですが、誰も競りかけては来ません。
無理をせず、自然に逃げる展開になりました。
大きく突き放すというほどではありませんが、後ろの馬から1馬身程度引き離した逃げです。
ペースは平均よりややスローといったところで、極端な瞬発力比べにはさせません。
勝負所で上がってくる馬がいましたが、一定のリードは保ちます。
直線に入ってから追い出し、突き放しはしませんが追いつきもさせません。
1馬身リードを保ったまま1着でゴールしました。

頑張りました。ありがとうございました。
まぁ、展開が向いたということは間違いないところです。
ここまでノーマークで逃げさせてもらえれば、流石に勝つくらいの力はあります。
距離延長が良かったとかは、正直判断しづらいところです。
ただ、今回の結果を受けて、今後も積極的に長い距離を使ってくれたらいいなぁと思います。
これでオープンに上がりますが、使うとしたら、新潟大賞典がメトロポリタンSあたりでしょうか。
流石に去年の夏から使い詰めですから一息入れますかね。
ここで休養して北海道シリーズを頑張るという方がイメージはしやすいです。
どこを使うにせよ、楽しみですね。