FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
今回こそと思っていたのですが
本日の東京2R未勝利戦ダート1,600mにマイネルイヴィンスが出走しました。
今年の3歳は4頭出資しながらも未勝利なだけに、この馬に掛かる期待は大きいです。
本当に惜しい競馬が続きますが、相手関係は前走よりも更に緩く思えます。
流石に、今回こそは・・・いけますよね、とレース前は考えていました。

さて、レースですがスタートでダッシュがイマイチなのは仕方ないところ。
そのまま後方で折り合いを付けます。
全体的にペースはそれほど早いようには見えません。
3コーナーあたりから外に出して捲っていく姿は脚があるように見えます。
ただ、いかにも嫌なところで脚を使っているな、という感じはありました。
果たして、直線での伸びは今一歩。
最後は先行馬と同じ脚色になってしまいます。
後方で我慢していた馬にも交わされてしまい4着敗れました。

大外を捲る姿は何走か前の中山で掲示板を外した時の姿を思い出してしまいました。
一気に脚を使ってしまうと、どうしても直線の伸びを欠いてしまいます。
あの時よりは相手関係に恵まれた分、掲示板を守ったという感じですかね。
内枠だとやはりレースがしにくいんですかね。
本当に力がある馬だと思っていますし、上のクラスでもやれる馬だと思っています。
どうにも巡り合わせが悪いのが嫌になってしまいます。
次こそは、次こそは勝利を掴んでもらいたいです。



スポンサーサイト



走り続けてもらえたら
本日の新潟10R荒川峡特別500万下条件芝2,400mにウインクリムゾンが出走しました。
中1週になりますが、得意の新潟開催のうちに使っておこうということですね。
ここを使って大なり小なり休養に入ることと思います。
距離は2,400mに伸びますが、折り合いさえつけばこの距離の方がいいと思います。
まぁその折り合いが問題なんですが、そこは鞍上に頑張ってもらいましょう。
9頭だてに収まり、相手関係は楽と言っていいでしょう。
そこそこ人気にはなっているようですが、特に勝ち負けには拘っていません。
元気に走り続けてもらえたらと考えていました。

さて、レースですがスタートは今一歩ですが、そんなに問題はないでしょう。
そのまま最後方に近い位置で、馬の後ろで付け折り合いを付けます。
馬場の内が荒れているせいか、バラケますがしっかり後ろに付けました。
道中はこのまま動かずジッと我慢します。
ただ、勝負所に入ってからも反応はあまり良くありません。
それでも直線では外に出し、必死に追い上げます。
首を外に向け真っ直ぐ走っていないようにも見えましたが、こんなもんでしょうか。
結局4着まで押し上げたところがゴールでした。

この馬なりの伸び脚は見せてくれたような気がします。
早い流れで前が止まってくれないと、というのは前回も書きましたか。
まぁ、勝つことには拘っていないので問題はありません。
着賞金を稼いでくれたことを良しとしたいと思います。
今回は中1週で馬体重も減らしてしまいましたし、平坦コース開催も無くなります。
流石に一息入れるタイミングかと思います。
休みを挟みながらも、引き続き丈夫に走り続けてくれたらと思います。


外差し馬場では厳しいです
本日の新潟5R未勝利戦芝2,000mにマイネルモーディグが出走しました。
前走ではダートを使いましたが、今回は芝に戻します。
少頭数を狙ってということだそうですが、メンバー的には緩いとは思えません。
あとは先週を見ていて分かったのですが、今の新潟は外差し馬場です。
先行するこの馬には有利とは思えないと考えていました。
内回りコースなのはいい材料です。
何とか恵まれて、勝ってくれないかなと思っていました。

さて、レースですが、スタートは少しフラつきましたが、二の脚はシッカリ。
持ったままで楽に先行する姿はやはり芝向きに思えます。
先に行きたい馬を行かせ、最初は2番手。
さらに一頭前に行き、結局3番手の内目に付けます。
縦長の展開でペースとしては平均といったところでしょうか。
ジッと我慢して仕掛けは他の馬よりも遅めです。
直線に入ってから仕掛けますが、外の馬の伸び脚が断然です。
内に入った組では頑張りましたが、結局4着同着という結果でした。

久々の掲示板ですし、悪い競馬じゃなかったとは思います。
ただ、流石に外差し馬場では厳しかったです。
まぁ、先行勢では再先着ですし、頑張ったと言っていいでしょう。
それでも、もっと色々と条件が整ってくれないと勝つまではいかないですね。
それが現状の実力と考えています。
今後ですが、やはり前残りになるような馬場を使ってほしいですね。
ちょっと先ですが福島の開幕週あたりが勝負になると思います。
次の次あたりかなぁ。
何とかチャンスを掴んでもらいたいと思います。



ビッグレッドファーム系の2019年度募集馬発表
ラフィアンとウインの2019年度募集予定馬がホームページで公開されました。
ざっくり所感を書いていきたいと思います。

まずはラフィアンの方から。
ラフィアンの方は縮小方向にということを毎年言っています。
にもかかわらずが、結局ラフィアンで買っているの何ででしょうか。
今年も元出資馬の子が3頭も出ているので、無視するわけにはいきません。

まずはマイネイディールの18を取り上げます。
一度子どもが募集されましたが、募集取り消しになりました。
その後、競走馬としてのトレーニングに耐えることが出来なかったという話を聞いています。
母は丈夫な馬でしたので、本質的に体質が弱いということはないと思います。
父がゴールドシップに変わり、どうでるのか。
父は大きな馬でしたが、それほど大きな子は出さない印象です。
母も大きな馬ですので、やはり大きな子を期待したいです。
子どもに出資していない母の子でもありますので、一番期待しています。

次にマイネグロリアーナの18です。
この母馬の子にはワレモコウに出資しています。
母の繁殖の実績としてはこれから、ですね。
ワレモコウは1次募集時点では牧場で目に留まらず、2次での募集になりました。
6月3日と遅生まれのわりに募集に入ってきたということは出来がいいのかもしれません。
父がスクリーンヒーローからゴールドシップに変わったのはどう捉えていいか微妙です。
未知の魅力が上がったというところでしょうか。

ラフィアンの最後はマイネランデブーの18です。
この母の子どもには、ブロッシェ、マイネルイヴィンスと2頭出資しています。
もちろんG1ホースのディアドムスの下ということでもあります。
牧場での評判以上に走る子を産んでくれる母親です。
父のスクリーンヒーローは今までのお父さんよりもワンランク上の印象があります。
妙に高い値段が付けられなければいいな、と思っています。

えー、他の馬には手が回らないというのが、正直なところです。
ラフィアンは流石に、この3頭の中から選んでいくことになるのかな、と考えています。

そしてウインの方です。
力を入れていきたいといいつつ出資が少ないです。
やはり募集頭数自体が少ないですから仕方ないのかもしれません。
注目は新種牡馬の子、ということになりますでしょうか。

まずはコスモチェーロの18から。
上はウインヴォラーレ、ウインセルリアンと出資してきました。
まずは問題なくクオリティの高い子を産んでくれる母親です。
そして父は新種牡馬のドゥラメンテ。
現役時代の実績はもちろん、産駒の評判もいいようです。
ただ、生まれが6月4日と遅いので評価が難しくなりそうではあります。
筋肉量を他と比較するのは、可哀そうな気がします。
整った形をしてるかが、ポイントになるでしょう。
ウインヴォラーレの1歳時を思い出しながら比較したいと思います。
あとは値段が問題ですね。
いくらになるか、注目です。

最後は、ウインプリメーラの18とします。
ビッグレッドグループにウインが移ってから、最初の代表馬と言っていいでしょう。
そして父は新種牡馬のモーリス。
ドゥラメンテと並ぶ、来年の新種牡馬の双璧と言っていいでしょう。
血統的に期待が大きいことはすぐ分かりますね。
早生れですから一番馬に見えるくらいを期待したいです。
こちらも値段が問題になることでしょう。

ウインの方は実際に注目になりそうな馬を上げた感じになりますかね。
ラフィアンと違い他の馬も含めて、幅広い視野を持って選んでいきたいです。

そして、今年も航空券を確保し、ツアーを申し込みました。
ジックリ見てくると同時に癒されに行きたいと思います。



どうしても他力本願
本日の最後、新潟10R二王子特別500万下条件芝1,800mにウインクリムゾンが出走しました。
新潟の馬場が内が荒れているのは確認済みです。
ただ、時計はそれほど掛かっているわけではなく、完璧に理想とまでは行かない感じです。
それでも条件としては悪くない、ほどほどにやれそうだな、と考えていました。

さて、レースですがスタートは早くないのですが、二の脚は付きます。
先行集団の後ろに付け、折り合いを付けたいところです。
ただ、ペースがスローなこともあり、かなり行きたがります。
必死に抑えますが、徐々に前に出ていく感じになります。
4コーナーでは先頭を伺う位置まで上がって行きます。
ただ、脚が貯まっていないだろうなぁ、という感じです。
直線に入ってからの伸び脚は他の馬と大きく変わった感じはありません。
そのまま少し交され6着に敗れました。

まぁ、ペースが遅かったですね。
もう少し前が引っ張ってくれないと、掛かってしまいます。
切れ味が無い馬なので、早い流れで前が止まってくれないと苦しいです。
どうしても他力本願なところがありますね。
それでも大崩れはしなかったかな、と思っています。
引き続き使っていく中で、チャンスもあるのではないかと思います。
丈夫にレースを使っていけたらと思います。



いかにも休み明け
新潟6R3歳未勝利戦芝2,000mにサンルイスが出走しました。
記事の後に思ったこととしては新潟競馬場の馬場状態です。
いい感じに内が荒れているのを見て、この後のレースも含めてホッとします。

さて、レースですが、スタートはヨレた感じにはなりますが悪くはありません。
特に無理せず持ったままで外目の中段に付けます。
大きな馬ですから馬込みには入れられないですからね。
道中はずっとその位置取りですが、ペースが遅いのか自然に上がって行きます。
4コーナーで持ったままで先頭に立ったときは圧勝するのかと思いました。
ところが直線に入ると内にヨレ、他の馬に迷惑を掛けてしまいます。
その隙にという感じで1頭交わされてしまい、立て直して交そうとします。
ただ、追ってからの伸び脚は案外です。
追いつくこともできず、さらに1頭外から差され3着に敗れました。

4コーナーでは本当に手応え抜群に見えたんですけどね。
久々の競馬でオンオフが分からなかった感じがあります。
結構フラフラしていましたし、いかにも休み明けというところがありました。
いきなりでも何とかなってしまうのではないかと考えていたのは甘かったですね。
使って変わってくる感じを受けるレースでした。
休み明けですからこれで良しとしなければならないのかもしれません。
ただ、そんなに未勝利の残り回数は多くはないのです。
次走ではしっかり上積みを見せて、勝ち上がってもらいたいと思います。



マジかぁ
本日の東京1R3歳未勝利戦ダート1,600mにマイネルイヴィンスが出走しました。
レース前に考えていたことは先の記事に書いた通り。
その後気になったことは、昨日の悪天候で不良のコンディションになったこと。
早い馬場は向かないと考えていました。
あと、初出走馬が稽古でやけにいい時計を出していることが気になっていました。

さて、レースですが、スタート後の二の脚が早くないのはいつものこと。
押して押して何とか中段に付けます。
ただ、その後ペースが落ちたところで、引っ張るような形に。
馬群の中で窮屈そうです。
勝負所から馬群を縫うようにして上がって行きます。
直線に入って前方外目にいた馬が内にもたれたのか、進路を塞いだのか。
内に拘らず早めに外に立て直し、再度追い出します。
そこからの伸び脚はシッカリしていて、これは勝てるか、と思いました。
ところが、外から1頭物凄い脚で追い込んで来る馬がいました。
結局交わされてしまい2着に敗れました。

思わず「マジかぁ」と声を漏らしてしまいました。
良く時計の早いコンディションにも対応しました。
スムーズな競馬とは行きませんでしたが、よくリカバリーしていたと思います。
ただ、相手があの鬼足を使ってくるとは、というところです。
初出走の馬の方が気になっていたのですが、2走目の変わり身の方に後れを取った感じです。
本当に何でこういう巡り合わせなんでしょうね。
次こそは・・・次こそは勝利を掴んでもらいたいです。



明日は3頭出し、未勝利馬2頭は力が入ります。
明日は3頭出しです。
1頭ずつ語っていきます。

まずは東京1R3歳未勝利戦ダート1,600mに出走するマイネルイヴィンスから。
この馬は本当に勝ち味に遅くて嫌になってしまいます。
その分勝ち上がれば、長く楽しめそうな気配は感じています。
さて、今回の東京マイルは条件としてはベストとは言い難いです。
スタートは悪くないのですが、加速が鈍く二の脚が遅い馬です。
どうしても後方からの競馬になってしまうでしょう。
適性面からすると新潟の方が良かったのではないかと考えてしまいます。
ブリンカーを付けるということなのですが、あまりピンとこないところです。
ただ、メンバー的にはかなり緩々な感じで、断然の1番人気が想定されます。
適性は別にしても、流石にここでは勝ってほしいところです。
本当にお願いします。

新潟6R3歳未勝利戦芝2,000mに出走するのがサンルイスです。
ノド鳴りの手術明けで久々の出走になります。
休み明けになりますが、仕上がりは悪くない印象です。
先週の稽古で併せた相手は勝ち上がりましたし、力はあります。
相手関係的には裏開催の割に揃った印象です。
それでも所詮はここまで未勝利に残っている馬です。
本来の力を出し切れれば、一発はあるでしょう。
まぁ、ノド鳴りがどうでるか分かりませんし、信頼性は微妙です。
いい走りをしてくれたらと思っています。
そして、あわよくば勝ち上がってくれたらと期待します。

最後は新潟10R二王子特別500万下条件芝1,800mに出走するウインクリムゾンです。
休み明けの前走で安定した力を示してくれました。
前走よりは状態も上向いていることと思います。
あとは馬場状態次第ですね。
時計掛かってますかー、という感じです。
あまり高速馬場だと向かないでしょうね。
春の新潟ですから大丈夫だとは思いますが。
どうせ後ろからのんびり行って何頭交わせるかというところです。
もちろん条件や展開によっては全頭交わすこともあるでしょう。
ただ、そう硬くならずに気楽に見たいと思います。

未勝利馬2頭は気合が入るところです。
是非2勝を期待したいと思います。