FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
出資が決まった3頭について
出資のお知らせが届きました。
以前に言った通り、出資が決まった3頭について、語っていきたいと思います。

まずはマイネテレジアの18から。

マイネテレジアの18

もともとは出資馬の子どもから1頭選ぼうと考えていました。
ただ、どうにも小さい馬ばかりで出資意欲が湧きません。
他の馬も一応見ようと、パラパラとカタログを見た中でこの馬に目が留まりました。
大きさは現時点では大きい方になります。
1月生まれですから、まぁこんなものでしょう。
動画での動きが柔らか味があって、さらにキビキビした感じも伺えます。
しかもお値段も牝馬とあってお手軽プライスです。
何より雰囲気が兄に似て、大物感を感じます。
出資馬の子には出資しませんが、出資馬の妹に出資するのも悪くないかな、と思いました。
唯一の心配が見るからにいい馬なので、人気で出資できないかも、ということでした。
幸いなことに縁がありました。
これは間違いない馬だと思っています。

次にコスモチェーロの18です。

コスモチェーロの18

これでチェーロの子は3頭目の出資になります。
父がドゥラメンテに変わり、どう出てくるのか楽しみです。
現時点の馬体についていうと、もっと他に目につく馬がいました。
遅生まれですから仕方ないことではあるのですが、若干華奢な印象は受けます。
ただ、ヴォラーレも同じような感じでしっかり成長していたので心配はしていません。
お尻の感じが上にそっくりで、しっかり母の血を引き継いでいることが伺えます。
結局のところ出資を決めた一番の理由がお母さんに対する信頼感ですね。
競走年齢に達するころにはキッチリ成長してくれると思っていますよ。

最後はサクセスストレインの18です。

サクセスストレインの18

切っ掛けは一つ上の兄が出資しようかどうか、ずっと迷い見守っていたことがあります。
堅実な成長曲線は見せましたが、やはり最終的には物足りないと判断しました。
この馬は兄よりもずっと立派な馬です。
同じような成長曲線を見せれば、立派な馬になるだろうな、と思いました。
少し薄いのですが、足が長くて柔らかくて、いかにゴールドシップ産駒らしい馬です。
問題はいかに敏捷性があるか、ということになるでしょう。
ツアーで直接見たときに所々で鋭敏な動きを見せるのが、いいな、と思いました。。
人気は無さそうなので様子見しても良かったのかもしれません。
ただ、母も高齢でもう最後かもしれないという話でしたので、行くしかないと思いました。

気分的にはこの3頭でラフィアンウインは打ち止めと考えています。
あとはキャロットで適切な頭数を出資していけたらと思います。



スポンサーサイト