FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ワレモコウがデビューします。
明日の中山5R新馬戦牝馬限定芝1,600mでワレモコウがデビューします。
先週は除外となり、満を持してのデビューとなります。
動きは入厩当初の時計は酷いと思いましたが、何とか様になってきました。
1週除外になったこともプラスになった感じです。
この馬なりにいい仕上がりと言っていいのではないでしょうか。

後は能力的な問題ですが・・・そんなに自信は無いです。
大物を期待しているわけではありませんが、どうなんでしょうね。
やはりお母さんが達成できなかった1勝が目標になろうかと思います。
頑張ってほしいです。



スポンサーサイト



2019キャロット1.5次募集の抽選結果
キャロット1.5次募集の抽選結果が発表されました。
私の結果については、以下の通りです。

2019キャロット1.5次申し込み結果

はい、無事出資確定となりました。
それでは、出資が決まったアヴェンチュラの18について語っていきたいと思います。

キャロットを代表する良血の1頭になろうかと思います。
しかし、なぜこんなに人気がないかというとまずは動画ですね。
なんか足さばきがぎこちないんですね。
写真で見ても、右前脚が被っているように見えます。
お値段もそれなりに張りますし、こんなの出資できねーよ、ってことなんでしょう。

ただ、前に反っている弓脚と違って、後ろに反っている被りは基本的には問題ないと言われています。
動きもツアー動画を見る限りでは問題なく見えました。
脚元さえ解決すれば、ド迫力の馬体をしています。
枝が長く、お尻も凄く大きいです。
人気だった高額馬たちと比しても引けをとらないと思います。
まぁ、いずれにせよ丈夫な血統ではないですし、長く活躍を見るのは厳しいかもしれません。
まともに競走馬にならないこともあるかもしれませんが、可能性の問題ですね。
残っている中で一番大物の可能性があるのはこの馬で間違いないと思い、出資を決めました。

キャロットはこれで打ち止めの予定です。
これで×1になりましたので、来年は少し馬選びをしやすくなろうかと思います。
ラフィアン、ウインの2次募集もザっと見た限り食指は動かなかったです。
出資するなら、ラフィアンの元出資馬の子どもたち、ですね。
少しは大きくなったのでしょうか。
こちらは引き続き見守っていきたいと思っています。



キャロットの1.5次募集の申し込み
2019年度キャロット募集の第1.5次出資申し込みが締め切りになりました。
私が申し込みしたのは以下の通りとなります。

2019キャロット申し込み1.5次.

改めて残口がある馬は見直したのですが、結論は変わらずです。
詳しくは決まってから書きたいと思います。
流石に行けると思うのですが・・・。




2019キャロットの抽選結果
キャロットの抽選結果が発表されました。
私の結果については、以下の通りです。

2019キャロット申し込み結果

案の定と言いますか、両方とも駄目でした。
ヒルダズパッションの18は最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選ということで論外でした。
まぁ想定していた通りではあります。
ピースエンブレムの18は母馬優先枠内および最優先希望枠内は当選、一般出資枠で抽選ということでしたが、抽選で外れたということです。
中間発表では名前が挙がっていなかったのでもしかしたらと思ったのですが、厳しかったです。
今のところキャロットで抽選が当たった試しがないですね。
残念ながら、共に縁が無かったということになります。

さて、これで1.5次募集の権利を得たわけですが、どうしましょうか。
先日ピックアップしたスノースタイルの18とアヴェンチュラの18は残っています。
ただ、ここまで減ったので、改めて全頭見直そうかと思います。
少なくとも1頭は出資するつもりですので、シッカリ見たいと思います。



マイネルファンロン、オーストラリア遠征取りやめ
公式HPにて表題のことが発表されました。
希望するレースへの出走可能状況等を総合的に判断とのことです。
まぁ、妥当な判断ではないかと思います。
むしろ何かホッとしました。
やはり国内で重賞のタイトルを一つくらいは取ってからでないと厳しいですよね。

まぁ、秋の天皇賞は向くタイプではないので、狙いとしては面白いと思います。
来年出られるように頑張ってもらいたいと思います。



2019年度キャロット募集出資申し込みをしたのは
2019年度キャロット募集の第1次出資申し込みが締め切りになりました。
私が申し込みしたのは以下の通りとなります。

2019キャロット申し込み


最優先については、結局ヒルダズパッションの18にしました。
先日ピックアップした最優先候補は3頭。
ヒストリックスターの18は、うん、まぁ遠い存在でした。
シユーマの18の方は、当選確率からしたら高いとは思います。
ただ、ツアー動画を見ても何かピンとこなかったんですよね。
また、牝馬が欲しいというのもあります。
×狙いであることは否定はしません。
ただ、当選したらもちろん嬉しいです。
正直、当選はかなり難しいと思います。
自分がどの馬を一番欲しいと考えたかという証を残しておきたいという感じです。

一般枠についてはピースエンブレムの18は予定通りです。
ツアー動画での動きは想定通りという感じでした。
人気も今のところ、発表には出てきていません。
ただ、結構厳しい感じもするんですよね。
なんとか、当選してもらいたいです。
他に候補に挙げた馬についてです。
ジュエルトウショウの18は意外と申し込みが多くてびっくりです。
とはいえ、最優先は少なくて、私同様一般枠での狙いが多かった感じです。
確率の低い抽選になりそうなので、今回は回避しました。
アヴェンチュラの18は冷静になるとお値段が高いですよね。
ツアー動画の動きは悪くないと思いました。
全滅して1.5次の時に残っていたら考えたいと思います。
あと、追加で考えていたのがスノースタイルの18です。
ディープインパクト産駒牝馬と欲しい条件が揃っています。
小さい馬なので人気はありませんが、馬の形は中々整っています。
動きが良ければと期待して見たツアー動画での動きが何か硬い感じでトーンダウン。
この馬も1.5次の時に残っていたら、という感じです。

正直、全滅の可能性はありますよね。
ただ、あまり余裕を持って見ることができなかったというのはあります。
何とか1.5次にはならないよう祈りたいと思います。




キャロット募集の個人的なピックアップ
そろそろキャロットの募集について、書いていきたいと思います。
昨年最優先でファーストフォリオをゲットした私は×無しです。
サンルイスも引退し、キャロットの現役は1頭だけ。
今年も出資はしたいところですが、中々欲しい馬に出資をするのは厳しいところです。
ピックアップを書いていきたいと思いますが、思うようには行かないでしょう。
最終的に申し込むのは票読みをしながらということになりそうです。

まずはヒストリックスターの18ですね。
今年はディープインパクトが亡くなり、産駒に出資する機会も残り少なくなりました。
一度も出資していないので、噛みあうようなら出資をしたいという思いがありました。
で、ディープの子を比較してみたのですが、やはり一番良く見えたのはこの馬です。
血統もいいですし、馬体も少なくとも現時点ではディープの子の中では一番でしょう。
お値段が高いのも何となく分かるような気もします。
×無し最優先で引っ掛かるものなのか。
お値段パワーで申し込みが少なくならないかな、などと考えています。

次はアヴェンチュラの18です。
この馬の場合、見るからに歩様が怪しいんですよね。
おそらくそんなに人気は出ないんじゃないかな、と推測しています。
血統はいいですし、馬体の迫力もあります。
脚が曲がっていても走る馬は走るという考えもあります。
なんか出資が厳しいんで、逆張りしたい気分になるんですよね。
一般枠でそっと入れておいて、もしかしたら当選するかもしれない。
そんな思いで申し込むかもしれません。

次はシユーマの18です。
今回は縛りを設けて、その中で良く見えたというピックアップが多いです。
この馬の場合はそういう縛り無しで、一番良く見えました。
脚の長さやお尻の形が好みですし、馬格もあります。
母は欧州G1ホースで、父のロードカナロアはもはや言うことは無いでしょう。
ロードカナロアは産駒デビュー前から成功すると思っていたのですよ。
まぁ今更ではありますが。
距離の持つロードカナロア産駒になるのではないでしょうか。

次はジュエルトウショウの18です。
安めな馬で、何とか一般枠で出資できないか、という基準で選んでみました。
今更オルフェーヴル産駒、というところから人気の盲点にならないかな、という狙いです。
ちなみにオルフェーヴルも産駒デビュー前は成功すると思っていました。
現状は・・・成功しているとは言い難いですね。
お祖母ちゃんはそれはそれは個性的で魅力あふれる馬でした。
血統配合的に母系にフォーティーナイナーが入っているのは父との相性からしていいですよね。
大きさは普通で、バランスも悪くないです。
動画の動きもなかなかいいと思いました。
ただ、最優先で申し込むような馬でもないかな、とも考えています。

次はヒルダズパッションの18です。
こうも申し込みが厳しいと母馬優先の偉大さが分かります。
やはり牝馬に出資して、将来に繋げたいというのはありますね。
で、牝馬の中で一番良く見えたのがこの馬です。
ドゥラメンテ産駒は、もうコスモチェーロの18に出資しております。
別に凄く期待しているというわけではありませんが、巡り合わせですかね。
牝馬としては堂々とした馬格を誇ります。
動画の弾むような歩きが好みでもあります。

最後はピースエンブレムの18です。
安めな馬で、何とか一般枠で出資できないか枠で選んだ馬です。
小さめな馬ですが、お尻の形なんかは好みです。
動画の動きも雰囲気出てると感じました。
厩舎もマイネルメリエンダがお世話になりました。
選んでおきながら、母馬優先無しなのに一般枠では厳しいのかな、とも思います。
こちらも、最優先で申し込むような馬ではないかな、と考えています。

最優先候補はヒストリックスターの18、シユーマの18、ヒルダズパッションの18ですね。
奇しくも母馬優先が無い3頭になりました。
票読みしながら、なるべく行けそうなところに申し込もうかと考えています。
最優先は大きくブレることは無い・・・と思います。
昨年は突然変えた前科はあるのですが。
アヴェンチュラの18とジュエルトウショウの18、ピースエンブレムの18は一般枠で可能性があるかどうか。
正直一般枠は全然分からないですね。
出資できる可能性がある馬を改めて見直すことになるのかな、と考えています。