FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
思い切った競馬をしたが
本日の中京12R長良川特別1勝クラス芝2,200mにウインクリムゾンが出走しました。
ここ2戦この馬には向かない競馬が続いています。
それでも、このクラスで上位にこれるものはありますが、他力本願です。
大きな期待はしていませんが、どうにか展開が向いて欲しいと考えていました。

さて、レースですがスタートはイマイチ。
そのまま無理せずに後方からレースを進めます。
こうなると何としてもペースが上がってほしいところです。
しかしながら、前は落ち着いてしまい超スローな流れです。
しびれを切らすかのように外から捲って上がって行きます。
面白い競馬をするなぁ、と思いました。
3コーナーでは先頭に並びかけ、そのまま4コーナーまで。
ただ、直線では一杯になってしまい、殿に敗れました。

面白い競馬をしたとは思います。
どうせペースも向かないので、思い切った競馬をしたのだと思います。
ただ、それに対応できるような、器用な馬では無かったですね。
負けっぷりは、策に走った以上、嵌らなかったのであれば仕方のないところです。
割り切っていきたいと思います。
それにしても復帰後の競馬、良くない走りが続きますね。
そろそろいい走りをしてくれるところをみたいところですが・・・。
それも展開次第ということになりそうです。



スポンサーサイト



ウインラディアントもデビュー、まずまず?
本日の京都5R2歳新馬戦芝1,800mでウインラディアントがデビューしました。
レース前に考えていたことは先日に書いた通りです。
調子落ち気味の中でどこまでやれるか、と考えていました。

さて、レースですがスタートはそんなに良くは無かったです。
ただ、跳びが大きいので自然に前に進む感じです。
逃げ馬を見る形で3番手くらいに付けます。
ペースは平均よりちょっと早めくらいでしょうか。
もっとままで手応えよくコーナーを回っていきます。
ただ、追ってからの伸びは一息という感じです。
他の馬よりも切れる感じは無く、流れ込んだ感じで5着でゴールしました。

まずまず、でしょうか。
調子がイマイチと思えた中では頑張ったかな、と思います。
近況によると軽めにやって持ち直した部分はあるということです。
とは言え、やはりシッカリ稽古ができるようにならないと、ですね。
本格化するのは時間が掛かりそうですので、まずは一つ勝つことが重要です。
長い目で見たいのですが、それを許してくれるかどうか。
上手なレース選択をして、チャンスを掴んでもらいたいですね。



ファーストフォリオ、デビュー戦勝利!
本日の京都5R2歳新馬戦芝1,400mでファーストフォリオがデビューしました。
レース前に考えていたことは昨日に書いた通りです。
血統面からの期待ほど、万全とは考えていませんでした。

さて、レースですが、スタートはまぁ普通。
ダッシュは鋭い馬が他にいますが、無理はしません。
中団の外目に付け、少し仕掛けながらの追走になります。
ペースは新馬戦としては随分と早く流れている感じです。
勝負所辺りの反応は正直鈍いと感じました。
外から併せてくる馬の手応えが良く、これは厳しいかと一瞬思いました。
しかし、併せられて火が付いたのか、ここでグンと加速します。
直線では併せてきた馬との追い比べになりますが抜かせません。
最後は逆に突き放し、1着でゴールしました。

いやぁ、中々味なレースをしてくれましたね。
気性面からこの距離を使ったとのことですが、正直短かったです。
追走に苦労していた感じですし、途中までは反応も鈍かったです。
しかしスイッチが入ってからの走りは流石という感じです。
最後に突き放したところに強さを感じました。
ビシッとした稽古もしないままでこの走りですからね。
母に近づける馬になれる可能性は感じました。

今後ですが一旦放牧に出されるそうです。
この勝ち方を見ると続戦したくなる気もするのですが・・・余裕ですね。
ビッグレッドグループに慣れているのでねぇ。、
クラシックに乗せるのに必死になってしまうのですが。
まぁ、精神的にも肉体的にも成長が見込める馬です。
いい休養になってくれるのではないでしょうか。
次に競馬を使うときは一段とパワーアップした姿を見せてくれると期待します。
本当に楽しみです。



出資馬2頭がデビュー
今週は私の出資馬2頭がデビューします。
今年の2歳馬4頭はいずれも中々仕上がらなくてヤキモキしました。
ようやく全頭デビューということになり、ホッとしています。
というわけでその2頭について書いていきます。

まずは土曜の京都5R2歳新馬戦芝1,400mに出走するファーストフォリオから。
稽古の時計からは超抜群の時計というのは出せませんでした。
ただ、経験馬相手にシッカリ先着していますし、及第点というとことでしょうか。
まぁ、血統的な期待が大きすぎますからねぇ。
そのレベルと比較すると、流石にこんな感じの評価になってしまいますかね。
それでも並の馬なら自信を持って迎えられるという仕上がりだと思います。
どんな走りをしてくれるのか、楽しみです。

もう1頭、日曜の京都5R2歳新馬戦芝1,800mに出走するウインラディアントについて。
こちらは何とも言い難い仕上がりですね。
ずっと同じ馬と併せてきたのですが、最初は先着していました。
それが併入となり、今週はついに遅れてしまいました。
時計自体もまずまずの時計を出していたのが、今週の時計はイマイチですね。
公式の近況でも言われているように、体調が下降気味という感じがしてしまいますね。
まぁ、素質はありそうな馬で、先々は走ってくれそうではあります。
もしかしたらムラがあるだけで、レースにいったらシッカリ走ってくれるかもしれません。
まずは走りを見てみたいと思います。

それぞれに頑張ってもらいたいと思います。



マイネルアンデス、いい競馬をしました
本日の東京2R2歳未勝利戦芝2,000mにマイネルアンデスが出走しました。
久々に競馬場に行って応援に行ってきました。
ただ、いつものデジ一眼がバッテリー劣化で充電できず。
仕方ないので、携帯で写真は撮ってきました。

まずはレース前に考えていたことから。
2戦目になりますが、デビュー戦を見る限り、なかなか厳しい状況が想定されました。
ただ、稽古の時計は悪くなかったです。
少なくともデビュー前の稽古ではなかったことです。
多少なりとも上積みがあることを期待したい、と考えていました。

それではパドックの様子から。

マイネルアンデス、パドック

うーん、デジタルズームを使うとボケてしまいますね。
馬の様子ですが、もっと煩いのかと思っていましたが、案外大人しかったです。
馬体の方はまぁ平凡、ですかね。
それほど大きい馬ではないので仕方ないのかもしれませんが。
後ろ脚の踏み込みなんか力強さがあるように感じました。
まぁ、悪くはないかなぁと思い馬券は馬連でいきました。
チラッとワイドも頭をよぎったのですが。
本当にイマイチと思ったら馬券はガンバレ馬券のみにしています。
それなりに勝負になるかもしれないと思っていました。

さて、レースですがスタートはハッキリと手遅れてしまいました。
腹を括って内ラチ沿いの後方からレースを進めます。
ペースは平均、というか2歳のこの距離としてはかなり早かったと思います。
折り合いを付けてというよりは、付いていくのに少し押し気味な感じです。
コーナーはラチ沿いで前と差を詰めます。
そして、直線で追い出すと馬込みを割るようにして伸びてきます。
お、これはと思いましたが、外の馬の手応えは余裕です。
突き放されてしまい、さらに後方から1頭交わされてしまいます。、
最後は止まり気味でしたが、何とか踏ん張って3着でゴールしました。

マイネルアンデス、直線

写真ですが、ゴール近くの様子で、3番手の馬です。。
まずは小さい、ですね。
逆光なので、馬を暗くしないため、空が白く飛んでます。
やはり一眼は必須かなぁ、と思いました。

結果を見て感じたことです。
いい競馬をした、ということですね。
鞍上も上手く乗ってくれたのではないでしょうか。
確かに展開に恵まれたことは否めないと思います。
ただ、チャンスがあればモノにできる力があることは分かりました。
デビュー戦を見たときは厳しいと思いましたが、これなら目処がたったと思います。
今年の2歳はどうなることやらと思っていたのですが、ホッとしました。
来週デビューが想定される2頭もそこそこやれそうですし、上り調子といきたいですね。
この馬はスローの瞬発力比べよりは、今日のような厳しい流れの方が良さそうです。
距離も長いほうがいいでしょうね。
府中よりも中山のタイプだと思いますし、平坦の方がいいんじゃないかなぁ。
今回の条件はベストとは思えないだけに、次走が楽しみです。




福島記念
本日の福島記念G3芝2,000mにマイネルファンロンウインイクシードが出走しました。
レースは仕事で見れず、JRAの公式HPの動画を見ながら書いていきます。

さて、そのレースですが、スタートはともに悪くありません。
自然な流れで先行していきますが、行きたい馬が想定よりも多いです。
それぞれ外目の4、5番手に付けますが想定よりも一列後ろという感じです。
道中の折り合いはウインイクシードは付いている感じ。
ただ、マイネルファンロンは掛かり気味に見えました。
ペースは平均といったところですが、よどみない流れです。
勝負所でマイネルファンロンの方は早くも苦しくなります。
このままズルズル後退し、結局2戦続けてのシンガリに敗れました。
ウインイクシードの方は手応えよく先頭に並びかけます。
少し早めですが、直線では一旦突き放しました。
しかし流石に早すぎましたか。
最後は力つき4着に敗れました。

マイネルファンロンの方はどうしてしまったのでしょうか。
何か精神的にダメージを負ってしまったかのような負けっぷりです。
函館記念だけ走れば勝ち負けにはなるはずなのですが。
何か怪我とかないといいのですが。
一度間隔を空けて立て直した方がいい気がします。
ウインイクシードの方は良く頑張りました。
状態も万全とは言えなかったと思いますし、展開も向いたとは思えません。
その状況でこの健闘は十分に価値があります。
まぁ、重賞勝ちはいろいろと恵まれる必要があるとは思います。
それでも十分チャンスはあると分かったのは収穫です。
次走は金杯を目標としているようですが、本当に楽しみですね。

というわけで福島記念が終わり、しばらく大きなレースに出走は無い感じでしょうか。
気分的には今年の競馬が終わってしまった感じです。
後は2歳馬たちがどこまでやれるのか、というところですかね。
重賞制覇の夢は来年に期待したいと思います。



福島記念は今年一番の期待レースです!
今週は競馬界的にはエリザベス女王杯の週ということになります。
ただ、私的には出資馬が2頭も出走予定の福島記念は目が離せません。
それぞれにチャンスはあると考えています。
今年の年始の目標には中央重賞制覇を掲げました。
ここで勝てば達成ですね。
私にとって、今年一番のビッグレースということになるかと思います。
応援に行きたい思いはあったのですが・・・仕事なので。
残念です。
それぞれの馬のレース前の所感を書いていきます。

まずはマイネルファンロンから。
前走の毎日王冠は流石に相手が強すぎた感じです。
稽古は一週前に強めに追って、今週は軽め。
状態は仕上がっていると考えていいでしょう。
条件が整えば、このクラスならやれると考えています。
要は同条件が整うか、です。
逃げたい馬は1頭いますので、その馬を行かせてマークする感じでしょうか。
悪くないと展開が想定されますね。
好走を期待したいと思います。

そしてウインイクシードです。
こちらは前走勝って昇級しての休み明けになります。
公式近況を見ると、状態面で万全という感じでは無さそうです。
それでも最終追い切りでは何とか形になった感じです。
絶好調という感じではありませんが、走れる態勢は整ったというところです。
通用する力はあると思っています。
後は枠順が外過ぎるのも気になりますかね。
上手くスタートを決めて、ロスなく進めてもらいたいところです。
頑張ってほしいです。

どちらの馬も福島のコース適性はあると思います。
共に先行馬ですので、あまり前崩れの展開にならないことは重要でしょう。
そういう意味で開幕週の馬場もいいですね。
あとはハンデ戦ですので、やはり理想的に乗った馬が勝つのではないでしょうか。
上手く運を引き寄せてもらえたらと思います。