FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
今年1年の出資馬たちを振り返る2019
2019年も残りあとわずか、皆様いかがお過ごしでしょうか。
プライベートで色々と慌ただしいことがありましたが、幸い健康面ではまずまずです。
ブログの記事はボチボチ書いていくということになりそうです。
さて、今年も例年通り、今年1年の出資馬たちの成績を振り返りたいと思います。
今年の当初に掲げたそれぞれの馬たちへの目標も再掲しておきます。
「・」の後に斜体で書かれているのがそれです。
基本的に年上の方から順に書いていきます。

○マイネルメリエンダ・・・(0,0,0,1)
・8戦出走
年明け初戦ではなかなかの競馬をして掲示板を確保。
まだまだやれるかな、と感じた2戦目を前に骨折、引退となりました。
年齢的なことを考えると已むを得ないでしょう。
全盛期と比べるとコンスタントな成績を上げることは苦しくなってきたところです。
それでも時折見せる走りに底力を感じさせてくれました。
最終的に私の出資馬の中で最高獲得賞金馬となりました。
まあ、現役馬に迫っている馬がいますのでどこまで持つかは分かりませんが。
本当に良く頑張ってくれたと思います。
お疲れ様と言いたいです。

〇ウインカートゥーン・・・(0,0,0,1)
・障害OPで掲示板
年明け初戦は、ムラなこの馬らしい訳分からない凡走。
気にせずに2戦目といったところで故障を発生、引退となりました。
凡走はあるにせよ、基本的にはコンスタントに走れる馬だったんですけれどね。
復帰を待つまでの期待を持たせることはできなかったということです。
今年の成績はともかくトータルで見れば、頑張ってくれたと思います。
未勝利をギリギリで勝ち上がった馬がここまで走れるとは思わなかったです。
こちらもお疲れ様と言いたいです。

〇ウインヴォラーレ・・・(0,0,0,0)
・5戦出走
結局復帰はならず、引退となりました。
正直休養に入ったときはこうなるとは全然思っていませんでした。
復帰に向けて乗り込んでる最中の故障ですので仕方ないことではあります。
ただ、この馬の能力の限界を見せることはできなかったことが残念です。
重賞で走る姿を見たかったなぁ。

○ウインイクシード・・・(2,2,1,3)
・8戦出走
今年は飛躍の1年になったと言っていいでしょう。
順調にクラスを上げ、重賞で掲示板に載り、オープンで連を確保。
昨年までは、大事に大事に使われてきた馬です。
目標の8戦を達成できるほど、使い込めるようになってきたことが大きいのでしょう。
来年は更なる飛躍の年になってくれることを期待します。

○ウインクリムゾン・・・(0,0,0,8)
・8戦出走
ノルマは達成しましたが、そのラスト1戦で故障を発症し引退となりました。
もともと期待としては大きくなかったので、今年の走りとしては満足してます。
掲示板にも何回か載ることができましたしね。
丈夫に走り続けることが目標だっただけに、最後の故障が残念です。
それでも、この馬なりの走りは見せてくれたと思います。
お疲れ様でした。

〇マイネルファンロン・・・(1,1,0,6)
・中央重賞勝ち
最初は準オープンでも苦戦していましたね。
ただ、勝ち上がってオープン入り、函館記念では2着に来ました。
目標は惜しくも達成できませんでしたが、そこまでは頑張ってくれたと思います。
ただ、下期の凡走続きは何なんでしょうか。
立て直してもらいたいですね。

〇マイネルモーディグ・・・(0,0,0,7)
〇マイネルイヴィンス・・・(0,5,2,5)
〇ウインセルリアン・・・(0,0,0,1)
〇サンルイス・・・(0,0,1,3)
・勝ち上がること
最強の未勝利馬たちと思っていたんですけれどね。
全馬勝ち上がりも夢ではないと思っていたんですけれどね。
まさか1頭も勝ち上がることが出来ないとは思っていませんでした。
マイネルモーディグはワンチャンあるかな、くらいの思いでした。
まぁ仕方ないかな、というところです。
サンルイスはレース数少なすぎ、距離微妙。
復帰後に間隔開けた意味がビッグレッド慣れしてる身には辛いです。
マイネルイヴィンスは・・・もうね、本当にね。
巡り合わせですかねぇ。
12戦も使わざるを得なかったことが残念です。
今までで一番悔しい未勝利引退です。
ウインセルリアンは地方からの再出発となりました。
引退を伸ばしてもらった期待に応えてもらいたいです。

〇マイネルアンデス・・・(0,0,1,1)
〇ワレモコウ・・・(0,0,0,2)
〇ウインラディアント・・・(0,0,0,2)
〇フォーストフォリオ・・・(1,0,0,0)
・全馬デビュー
・3勝

全馬デビューの目標は達成しました。
一方で勝ち数の目標は1勝に留まりました。
全馬デビューと言ってもいずれも遅めのデビューでレース数も少ないです。
ちょっと不満ですかね。
その1勝をあげたファーストフォリオは期待が大きいです。
来年は飛躍の年になってもらいたいです。
そして、ワレモコウは引退が決まりました。
2戦使われていいところが無かったので、仕方ないです。
マイネルアンデスとウインラディアントはともに2戦1掲示板。
そしてともに晩成のタイプなので、来年以降に期待します。

○全体・・・(4,8,5,40)
・60戦
・5勝
・中央重賞勝利

57戦、4勝、重賞2着、ですか。
ちょっとずつ足りなかったですね。
あと、今年は引退が本当に多かったです。
上期の引退ラッシュの時は、ベテランも多かったので入れ替わり位に考えていました。
それがさらに3歳馬たちの引退ラッシュ、2歳馬にも引退がでました。
頭数大幅減で来年の目標は考えないといけないですね。
一方で走り続けた馬は頑張ってくれました。
なんやかんやで出資馬の総賞金は一口馬主DBベースで初めて2億を超えました。
福島記念で果たした重賞出走2頭出しはこの頭数で達成できるのは中々ないと思います。
引退数が多いので、単純にいい年と言っていいのか、複雑ではあります。
でも、まぁいい年なんでしょう。
残った馬たちには来年も頑張ってもらいたいと思います。
それでは皆さん、良いお年を!


スポンサーサイト