FC2ブログ
まさのりのぶろぐ
趣味のこととか身の回りに起きたことを気の趣くままにつらつらとつづれたらと思います。
ウインイクシード中山金杯2着、僅かに運が向かず
本日の中山メイン中山金杯芝2,000mにウインイクシードが出走しました。
現地応援に行ってきましたので、写真を交えつつ書いていきます。

さて、本日の中山競馬場は中々の混雑ぶりです。
いつもだとパドックに張り付いてからコースに向かうのですが、それだといい位置が取れません。
考えた末、最初からコースに張り付くことにしました。

ウインイクシード、返し馬

というわけで、最初は返し馬の写真から。
至って普通に見えました。
いい意味で平行線と言えるでしょう。
ぶっちゃけ、一番良く見えたのはトリオンフだったです。
最初に鞍上を振り落としていましたが、乗ってからはスムーズで大きくて見栄えがする馬です。

さて、レースですがこの馬のスタートには心配はなく、スムーズに先行します。
ただ、隣のトリオンフも同じようなスピードで、並走するような感じになります。
このままだとコーナーで外に振られてしまうことから、そこで少し控えます。
トリオンフの後ろに付け、内から2列目を確保します。
5番手という位置取りは、ベストよりも一列後ろと感じました。
ペースは平均よりややスローという感じで理想的に流れます。
3コーナーから4コーナーまで持ったままで動かず。
外に出して差を詰めたくなりますが、じっと我慢し、距離ロスを避けます。
そして直線でトリオンフの外に出して追い比べ。
こちらの方が勢いは勝っています!

ウインイクシード、ゴール前

写真だと勝ったかどうか分かりませんが、とりあえず口取りの受付へダッシュ。
しかし、怪しいスーツの団体は誰も集まって来ませんw
最後、僅かに伸びを欠き2着に敗れたようです。

いやぁ、惜しかったですね。
これで私の出資馬は6度目の中央重賞2着になります。
いい加減に勝利を上げたいものです。
今回記事の中でも結構トリオンフについて書きました。
そして、レース前にもトリオンフが気になると書いていました。
上品に書きましたが、本音を言うとトリオンフ邪魔!と思っていました。
果たして、スタート直後には位置取りを下げざるを得ませんでした。
そして、最後は交すことが出来ませんでした。
あちらの方がトップハンデ背負ってますし、強いということは認めます。
でも、ここはハンデG3です。G1ではありません。
重賞2つも勝ってんだから、ここは譲ってくれよー、という感じです。
枠順が逆なら、トリオンフの位置取りを取れたはずです。
自ずと結果も変わっていたことを想像するのは容易です。
また、ハンデも福島記念より1㎏見込まれたことも、結果的には痛かったです。
ペースは想定通り流れてくれましたし、鞍上も完璧に乗ってくれました。
ただ、僅かに運が向いてくれかったです。

勝てなかったのですが、今回重賞2着で収得賞金を加算できたのは大きいです。
除外の心配をしながらレースを選ぶのは面倒ですし、チャンスを逃すことにもなりかねません。
それがほぼなくなったの大きいです。
そして、次走ですが、レクチャーによりますと未定ということです。
東京コースは無い、と言っていました。
コーナーを4つ回るレースの方がいいということで、同感です。
一つの候補としてAJCCを上げていましたが、3戦続けて使ったので間隔を空けたいようです。
中山記念はクラブの都合により、無しとのこと。
ウインブライトの3連覇掛かってますから。今流行りの使い分けですねw
小倉大賞典あたりが候補かなぁ、と言っていました。
何とかタイトルを取らせたいとも言っていました。
そうですね、タイトルを出資馬が取るところを見たいです。
次走こそ達成してもらいたいと思います。



スポンサーサイト