FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
マイネルアンデスの引退にあたり
マイネルアンデスの引退のお知らせが届きました。
例に習って、この馬について書いていきます。

この馬は2次募集の馬で、ツアーで直接見たわけではありません。
ニコニコ動画でセリの時の様子を見て、元気の良さと柔らかさに惹かれたのが切っ掛けです。
募集され、カタログや動画を見ても、一貫して同じように感じました。
芦毛でいかにもゴールドシップ産駒らしい馬ということもあり、申し込みを決めました。

初めて見たのが2戦目でしたね。
馬込みを抜うように伸びてくるのを見て、この馬やれるな、と思ったものです。
その後、サトノフラッグが弥生賞を勝ったのを見て、それが確信に思えました。
少なくとも能力面は今でも確信はあります。
重賞級とはいかないまでも、条件戦で堅実に走って稼いでくれる。
そんな馬になってくれると思っていました。
細身の馬体が成長してくれば、更に上のクラスも、と期待したものです。
故障により走ることが出来なかったことは想定外です。
比較的小柄な馬なので、故障の心配は少ないかなと考えていました。
この馬が脚元の不安で引退することになるとは読めないですよね。
こればっかりは運がなかったとしか言いようがありません。
もっと能力を見たかったです。

今後ですがサラブレッドオークションで売却されるとのことです。
オークションに売られるときは引退のお知らせが早い気がします。
そういえば先日オークションで売られたマイネルイヴィンスが地方で圧勝の3連勝を飾りましたね。
中央に復帰して活躍したら、複雑な思いです。
この馬についてですが、能力的には問題ないと思いますがどうなんでしょう。
小柄でダートが向くとは思えない馬体。
何より脚元が不安がありますからね。
それでも、地方でいい走りをしてくれることを願いたいと思います。



スポンサーサイト



マイネルアンデス引退
表記のお知らせが更新されていました。
右前の繋靭帯炎に加えて、左前に屈腱炎が発症したとのこと。
未勝利戦を勝ち上がることは厳しいと判断され、引退が決まりました。
非常に残念です。
詳しくは文書が届いてから書きます。



タイトルを変えました
表題の通り、タイトルを変えました。
「まさのりの一口馬主備忘録」としました。
最近書いていることは基本的に一口馬主のことしか書いていません。
金魚のこととかを1年半くらい前に書いたのが最後かな。
あ、金魚全部元気ですよ。
誰かに読んで欲しい!というよりも、自分の記録を書くためのスペースという感じになってます。
実際に自分がこの馬にどんな思いで出資したんだっけ、と言うときに便利です。
実態に合ってると思いますので、よろしくお願いします。


2020ウインの募集馬について
ラフィアンに続きウインの募集馬も発表されました。
カタログ発送は7月下旬の予定とのこと。
例年より一か月遅れの募集となりそうです。
こちらもピックアップしていきたいと思います。

まずは申し込み確定馬から。
出資馬の子たちは少なくとも1口は出資する予定です。
これが400分の1口のメリットですね。
馬体とかを見て、どのくらい口数にするかを検討することになります。

まずはウインオリアートの19から。
私の牝馬出資馬の稼ぎ頭の子で初子になります。
この馬が産まれたということは知っていて、むろん注目してきました。、
余程のことが無ければ募集馬に入ってくるとも思っていました。
ただ、情報自体はそれほど集まっているわけではありません。
父ストロングリターンの種牡馬成績はイマイチな感じは否めないところです。
ただ、大柄な父ですので、母の欠点を補ってくれると嬉しいですね。
母は脚は長いのですが、細身な馬でしたからね
相性がいい配合であることと願いたいです。
脚の長さを引き継ぎつつ、馬体重も大きくなってくれることを期待します。

そしてウインティアラの19です。
母は柔らか味があっていいフォームで走るのですが、とにかく小柄な馬でした。
また、いい脚を長く使うのですが瞬発力が欠けるところがありました。
父ダノンシャンティはまぁ切れ味種牡馬でしょう。
その辺は母に足りないと感じていたので、補ってくれることを期待します。
一方馬格は普通なので、そちらを補うことを大きく期待することは厳しいとは思います。
普通サイズは何とかあってくれるといいですね。
もちろん母の柔らか味は引き継いでほしいです。
どのくらいいいとこ取りができるか、期待しています。

引き続き出資馬たちの兄弟です。

まずはコスモチェーロの19です。
全姉のウインセルリアンは今のところ失敗という成績です。
何分、脚元が弱いことが辛いですね。
ただ2歳の初めのころやデビュー直前まで行ったときの動きは、それは良かったです。
きっと同じような出来の馬が出てきたら、やはり出資してしまうんだろうな、と思います。
父の産駒成績も初年度は悲惨でしたが、持ち直してきました。
育成の特徴も分かってきているのではないでしょうか。
今度は上手くやれる、ということを思わせる馬であることを期待します。

次にイクスキューズの19です。
母の代表産駒であるウインイクシードに出資しています。
このお母さんは本当にキレのある動きをする子を出します。
一方で大きさ的に物足りなくて、大物感に欠ける子も出します。
ズバリ狙いは馬格がある馬です。
ウインイクシードは大きいが動きが物足りないと言われていました。
小さいと動きが際立ちやすいんですよね。
大きさがあっても動きの良さは引き継いでいるはずです。
分かりやすく大きい馬を期待しています。

ラストはサマーエタニティの19です。
私の出資馬としてはウインラディアントの妹ということになります。
まぁ、ウインブライトやウインファビラスの妹という方が一般的でしょう。
マイネイディールの姪っ子というのも、個人的にはポイントが高いところです。
父ステイゴールドで活躍馬を出してきましたが、父はディープインパクトに変わりました。
相性は何とも言えないのですが、文句は付けられないところです。
まぁ、お値段も相応にすることでしょう。
それでも、父の子は今回ラストチャンスになります。
本当はキャロットの方で出資したいところですが、何とも言えないところです。
正直欲しい馬に出資するのが難しいですからね。
1口くらいこちらの方で記念出資するのも悪くないと考えています。

出資馬の兄弟たちは出来が良ければ、という感じです。
まぁ、これは他の馬たちでも同じです。
ただ、上との比較が出来るので、目につきやすいというのはあります。
出資選びに困るようなことになるくらいだといいですね。


中央の1勝クラスで歯が立たなかった馬に完敗
本日の笠松4Rサラ系C15組ダート1,400mにウインセルリアンが出走しました。
前走よりはレベルは落ちましたが、それでも確勝とは言えないメンバーです。
出来が万全とはいかなくても、上位の存在とは思いました。
何とか勝ってほしいと思っていました。

レースですが、スタートはまずまずですんなりハナに立ちます。
マイペースでレースを進めますが、2番手の馬がピッタリつきます。
勝負どころでも突き放すことはできず、楽な手応えで並びかけられます。
直線でアッサリ交わされ2着でのゴールとなりました。

まぁ、完敗ですがこの馬なりに走っています。
現状の仕上げですとこんなものなのでしょう。
今日は馬体重も増えていましたし、出来は相変わらず上がってきていないようです。
勝ち馬は中央の1勝クラスでまるで歯が立たなかった馬です。
こんな仕上げでは中央に戻ってもやれないということは分かります。
何とか足元がパンとして仕上がるといいのですが。
頑張ってほしいです。


2020ラフィアンの募集馬について
ラフィアンの2020年度募集予定馬が発表されました。
今年はツアーも無しで募集頭数も少なめになっています。
2次募集の方が気合が入る形になるのでしょうか。
何頭かピックアップしていきたいと思います。

まずはマイネイディールの19から。
出資馬の子になりますね。
募集された上の子はやはり小さすぎました。
母は大きな馬でしたので、やはり大きな子を期待したいところです。
遅生まれですが、それでもある程度大きな子がでるといいなぁと考えています。
父がゴールドシップからスクリーンヒーローに変わりどうでるか、ですね。
まぁ、スクリーンヒーロー産駒の馬体の見方良く分からないんですよね。
今のところ出資したのはワレモコウだけです。
また、コスモチェーロの系統でありながらウインマリリンの出資を見送っています。
走る種牡馬であることは分かっていますので、見極めを磨いていきたいです。
今回大分絞った中で選ばれましたので、いい馬であることを期待しています。

もう1頭はマイネテレジアの19.
出資馬たちの弟ですね。
マイネルファンロンはもちろんですが、ユーバーレーベンも評価が高いようです。
基本的にあまり外れが少ない母系という印象はあります。
走らなかった馬でも、脚元の不安のためで能力は高かった印象があります。
早生れでもありますし、上同様にきっと見栄えがする馬なんでしょう。
後はお父さんのオルフェーヴルをどう考えるかですね。
オルフェーヴルの子に出資してきましたが、今のところ成功とは言い難いです。
結果的に出資した2頭とも500㎏オーバーの巨体になりました。
もしかしたら、あまり大きな馬は駄目なのかもしれません。
その辺を注目していきたいと思います。

今までも何度か言っていますが、ラフィアンの出資は控えめにしたいと考えています。
基本的に過去の出資馬絡みのみから選んでいこうと思っています。
そういう訳でこういうピックアップになりました。
この2頭以外から選ぶのはまず無いと、現状では考えています。
その分、ウインやキャロットの方を増やしていけたらと思います。


長い目で
本日の京都5R3歳1勝クラス芝1,400mにファーストフォリオが出走しました。
前走でクラシックを諦め、概ね3カ月ぶりのレースとなります。
状態面は悪くないと思いますが、急成長を見せたという感じはないですね。
今回の距離短縮は個人的には歓迎しないところです。
勝ち上がった条件でもありますし、折り合いに課題があることは認めます。
それでも本質的には長いところの馬と考えています。
目先の1勝よりも長い距離を使って勉強していくことが大事な気はしています。
相手関係ですが緩いと言っていいでしょう。
ただ、この馬自身の能力的なものをまだ示せたわけではありません。
勝ってほしいけど不安もある、という思いでレースを迎えました。

レースですが、スタートは普通。
無理をせずに中段に付けます。
ペースは平均かややスローといったところ。
道中はそんなに引っかかっているような印象はありません。
ただ、勝負所からの反応は鈍いです。
外から被せられますが、これは新馬戦と同じ。
ただ、そこからの巻き返しは相手が違うという感じでしょうか。
直線でジリジリと伸びますが、前には追いつきそうにありません。
後ろから切れ味のある馬に交わされ8着に敗れました。

まずは馬体重のマイナスにガッカリしています。
間隔を開けましたが、余り成長は見られない感じです。
前の馬に届かず後ろの馬に交わされですからいいところ無しです。
この馬なりの伸び脚は見せていましたが切れ味不足です。
やはり、もっと長い距離で競馬をすべきなんでしょう。
後はもっと成長してもらいたいですね。
まぁ、長い目で見ていきたいと思います。