FC2ブログ
まさのりの一口馬主備忘録
主に趣味の一口馬主のことを書いています。
2020ラフィアンの募集馬について
ラフィアンの2020年度募集予定馬が発表されました。
今年はツアーも無しで募集頭数も少なめになっています。
2次募集の方が気合が入る形になるのでしょうか。
何頭かピックアップしていきたいと思います。

まずはマイネイディールの19から。
出資馬の子になりますね。
募集された上の子はやはり小さすぎました。
母は大きな馬でしたので、やはり大きな子を期待したいところです。
遅生まれですが、それでもある程度大きな子がでるといいなぁと考えています。
父がゴールドシップからスクリーンヒーローに変わりどうでるか、ですね。
まぁ、スクリーンヒーロー産駒の馬体の見方良く分からないんですよね。
今のところ出資したのはワレモコウだけです。
また、コスモチェーロの系統でありながらウインマリリンの出資を見送っています。
走る種牡馬であることは分かっていますので、見極めを磨いていきたいです。
今回大分絞った中で選ばれましたので、いい馬であることを期待しています。

もう1頭はマイネテレジアの19.
出資馬たちの弟ですね。
マイネルファンロンはもちろんですが、ユーバーレーベンも評価が高いようです。
基本的にあまり外れが少ない母系という印象はあります。
走らなかった馬でも、脚元の不安のためで能力は高かった印象があります。
早生れでもありますし、上同様にきっと見栄えがする馬なんでしょう。
後はお父さんのオルフェーヴルをどう考えるかですね。
オルフェーヴルの子に出資してきましたが、今のところ成功とは言い難いです。
結果的に出資した2頭とも500㎏オーバーの巨体になりました。
もしかしたら、あまり大きな馬は駄目なのかもしれません。
その辺を注目していきたいと思います。

今までも何度か言っていますが、ラフィアンの出資は控えめにしたいと考えています。
基本的に過去の出資馬絡みのみから選んでいこうと思っています。
そういう訳でこういうピックアップになりました。
この2頭以外から選ぶのはまず無いと、現状では考えています。
その分、ウインやキャロットの方を増やしていけたらと思います。


スポンサーサイト